プロフィール

大村 健

Author:大村 健
BIG BLUE DIVING 代表
ガイド会 所属
タイの持つ二つの海を舞台に、年がら年中潜り続ける。趣味は水中写真で、愛する我が海を、美しく撮ってあげたい。

タイトルについて:
ニルバーナとは、涅槃(ねはん)や至福の境地という意味。水中での~んびりするってこと。何も考えずに、水中カメラのファインダーを覗いている時とても幸せなのです。

Takeshi Omura


takeshi_bigblueをフォローしましょう

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルボックスブレニー

スズキ目/イソギンポ科/ニラミギンポ属
英名:Lubbock's blenny
学名:Ecsenius lubbocki

ルボックスブレニー2
全長:4cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック

イシガキカエルウオのインド洋バージョンといところだろうか。
愛らしい表情で人気のブレニーの一種なのだが、
この種は頭頂部の湾曲した横帯が真上から見たら
ニッコリ微笑んでいる口のように見えるので
見ているこちらも思わずもらい笑いしてしまう。

ルボックスブレニー

2011.3.11の大震災で日本は大変なことになっている。

2004.12.26のインド洋大津波でシミラン諸島がやられた時に
このルボックスブレニーをはじめ水中生物たちが生き残ったように
東北の海の生物も人間の考える以上に力強く頑張っていることだろう。

我々人間も負けずに頑張ろう!

ビッグブルーのスタッフのクマちゃんが地元岩手で頑張っている。
心から応援したいと思う。
クマちゃんのブログはこちらをクリック
スポンサーサイト

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

ヒブサミノウミウシ

裸鰓目/ミノウミウシ亜目/アオミノウミウシ科/Phidiana属
学名:Phidiana indica
英名:Indian Phidiana

ヒブサミノウミウシ
全長:3cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

写真を撮る時にこだわる事のひとつは『背景』だ。

主役を引き立ててくれる美しい背景や、
その生物の棲息する環境を表現する背景など、
意図するところにより求める背景はいろいろ。

この美しいヒブサミノウミウシは
地味な岩に貼り付いている事が多い。
いくらウミウシ自体が綺麗でも、
背景がパッとしないと写真も映えない。

このブログはなかなか更新しない事で定評があるが、
(どんな定評やっ!)
愛する自分の海の生物たちを中途半端な絵で紹介したくない
というこだわりがあるからなのだ。
(言い訳かっ!)

今、とあるポイントで大発生中のヒブサミノウミウシ、
よ~く探すと真っ赤なカイメンの上を移動中の個体を発見!

燃える炎のようなヒブサミノウミウシにふさわしく、
真っ赤な世界を表現できる満足のいく一枚が撮れた!!

ちなみに、触覚の下にある小さな黒い点が目です。
よく見ると間抜けな顔してるよね!?

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

ハナビラクマノミ

スズキ目/スズメダイ科/クマノミ亜科/クマノミ属
英名:Pink anemonefish
学名:Amphiprion perideraion

ハナビラ
全長:3cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

閉鎖海域シャム湾・タオ島の海は生態系が偏っている。
クマノミ類はたったの2種しかいないという潔さ。(笑)
しかし、その2種がとてつもない数で生息している。
トウアカクマノミとハナビラクマノミだ。

魚だけでなく、水底に生息する珊瑚やイソギンチャクにも
生息の偏りが見られ、チュンポンピナクルなど隠れ根の上は、
絨毯を敷きつめたような一面のセンジュイソギンチャク畑。
そこに、ハナビラクマノミが千単位の数で大群生している。
世界の海を舞台に活躍するプロの水中カメラマンさん等も、
こんな風景は他では見たことがないと言う。
タオ島のハイライトの一つと言える風景だ。

本当はその大群生の迫力を写真で表現したいのだけど、
カメラを構えて近づくと密集したイソギンチャクに隠れてしまい、
沢山のハナビラクマノミが舞い群れる様子を撮ることは難しい。
もっと早いタイミングでこのブログにも紹介するつもり
だったのだが、なかなか納得のいく絵が撮れていないため、
ついつい先送りになっていたのだった。

ところが、今年の異常気象で、4月から6月にかけて、
長い間高水温が続いたために、タオ島の海のサンゴや
イソギンチャクが白化し始めた時、白化の過程の
あるタイミングでセンジュイソギンチャクがとても
美しい色彩になり、ハナビラクマノミの可愛さを
引き立ててくれることに気付いた。

白化現象に対して不謹慎とか言うのではなく、
その生き物を美しく写真に残してあげたいという思いで
このイソギンチャク&ハナビラに向かい合った。

死に逝くものが持つ幽玄な美しさとでも言おうか、
健康な状態でもなく、白化して死滅してしまうのでもなく、
ちょうど微妙な色の抜け具合の時のみ、
この紫~白のグラデーションが出る。

ハナビラクマノミの名前の由来は、水槽で飼っていたとき
ヒラヒラと花弁が散るように死んでいったから、と言うが、
白化したイソギンチャクとの組み合わせには哀愁漂うものがある。

7月現在、水温は通常並み(30度)に戻り、
日に日にサンゴに色が戻っていくのが分かる。
白化が始まりつつも残っている多くのサンゴ、イソギンチャクは
このピンチを切り抜けることができそうだ。

今度はワイド構図で元気なイソギンチャク畑の上を
沢山のハナビラが舞い泳ぐ姿を紹介したい。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

アカオビハナダイ

スズキ目/ハタ科/ハナダイ亜科/ナガハナダイ属
英名:Red-belted anthias
学名:P.rubrizonatus

akaobihanadai
全長:7cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

タオ島の海は大きな2つの半島(インドシナ半島とマレー半島)に挟まれた閉鎖海域で、大きな海流が流れ込んだりしないため独特の生態系が育まれている。生息している種がとても偏っており、他の海で普通種と呼ばれる種がほとんど1匹もいなかったり、他では珍種と位置づけられている種が群れていたりする。

それは魚だけに限らず、魚が身を隠したり餌とするサンゴやイソギンチャクも含めた話であり、エリア全体の生息種が偏ると、その環境にマッチする種が爆発的に繁栄することになる。その顕著な例がハナダイの仲間で、世界中どこでも普通種と思われがちなキンギョハナダイなども1匹もおらず、他では割と珍しいとされるアカオビハナダイのみが確認されているという変わった海なのだ。

さてアカオビハナダイ、名前の由来は雄の体福に赤い横帯があるから。雌に比べて身体も大きく、尾鰭の先端が伸長する。雌にはこうした模様は無く、身体が小さくピンク一色で尾鰭の先端に赤い斑点がある。

アカオビハナダイの雄は雌数匹を囲うハーレムを持つが(単雄群)、雄1匹で支配できる雌の数には限界があるようで、チュンポンピナクルなど雌の個体数が多いエリアでは複数の雄が共存している(複雄群)。

通常はばらけている雄たちだが、たまに一カ所に集まり雄だけの群れを作っている時がある。これはクラスターリングと呼ばれる生態行動で、雄同士が傷つけ合うこと無く互いの力関係などの情報交換をしていると考えられている。この時は普段よりも体色が薄くなるが、求愛や威嚇という興奮状態で体色が濃くなるのとは逆に、攻撃する意思が無いことを体色で表しているのだろう。

akaobihanadai_mure

クラスターリングは滅多に見られる光景では無いが、美しい雄が群れるはとても絵になる。大物狙いでワイドレンズを付けている時でも、クラスターリングを見かけたら是非狙ってみたい。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

トラフケボリ

ウミウサギガイ科/トラフケボリ属
学名:Cuspivolva tigris
英名:

トラフケボリ
全長:1.5cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック

2010年、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

寅年ということで、一番それっぽいのをご紹介。

トラフケボリという貝の仲間。
名前の通り、見事なタイガー模様だ。
これは殻に模様が付いているのではなく、
殻の内側から伸びてきて殻を覆う
外套膜というものに模様が付いているのだ。

ウミウサギガイの仲間は、この外套膜を使って
じぶんが生息するヤギ類などの宿主や背景に
とけ込むような模様や形状で擬態することで
有名なのだが(こういうのを隠蔽擬態と言う)、
このトラフケボリは明らかに周囲から
目立つ模様を選んでいる。

毒のある生物が周囲に危険を知らせるために
目立つ警戒色をしている場合があり、
毒の無い生物がその警戒色に擬態して
身を守るものがある。(ベイツ型擬態と言う)
トラフケボリの場合は、そういうことなのかな?
俺を食べても不味いぞ!っていうことなのだろう。

今シーズン、カオラックの海ではトラフケボリが大量発生中。
寅年ということで、正月ダイブのネタに使ってるのだ。(笑)

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

フィラメンテッドフラッシャーラス

スズキ目/ベラ科/モチノウオ亜科/クジャクベラ属
学名:Paracheilinus filamentosus
英名:Filamented flasher-wrasse

フィラメンテッドフラッシャーラス
全長:5cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

10年以上も同じ海で何千本も潜り続けていても、
まだまだ新しい発見や驚き、感動がある。

つい先日、ここ数年来で一番驚き感動したのが、
このフィラメンテッドフラッシャーラスを発見したことだ。

いつも書いている通り、タオ島が浮かぶタイ、シャム湾は
閉鎖海域で生態系がとても偏っているので、
ある種は爆発的に繁栄するが、逆にまったくいない種も多い。

クジャクベラの仲間も、いないと思われていた種の一つ。
とても奇麗な魚なので、ぜひ、自分の海にもいてくれたら
いいなぁと思って長年探し続け、ついに諦めかけていた。

それが、先日、ひょんなことから、いつもは通らない
コーズ取りで泳いでいたら、視界の一端になにやら
見慣れないシルエットが横切った。

まさかっ!

そう、そのまさか。
念願のクジャクベラの仲間をタオ島の海で初記録した。

動きがめちゃくちゃ早いが、肉眼でも背びれの棘が数本
伸長していることや、尾鰭がVの字型になっている
フィラメンテッドフラッシャーラスの特徴が確認できた。

しかし、かなりじっくり観察したが、
その周辺にはたった1個体しか確認できなかった。

シャム湾、タオ島の偏った環境に適合すれば、
今後爆発的に増えていくことも考えられる。
是非、そうなって欲しいものだが、
なんせ、交配相手がいないとどうしようもない。
季節回遊魚のように、このまま消えてしまう運命なのか!?
今後の展開が楽しみだ。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

クロアジモドキ(幼魚)

スズキ目/アジ科/クロアジモドキ属
英名:?
学名:Parastromateus niger

クロアジモドキ
全長:5cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

ダイビング中にクラゲを見つけたら、
まずは毒のある触手に注意すべきなんだけど、
安全な距離を保った状態で、じっくり観察してみて欲しい。
すると、小さな魚やカニが引っ付いていることがある。
これは、クラゲは触手に毒がある種類がいるので、
そのクラゲと一緒にいると、他の捕食者から身を守れるからだ。

ところでこの魚、タイの海でもめったに見かけないが、
初めて見たとき、いったい何科の魚なのだろう?と戸惑った。
マナガツオに似ているが違うなぁ。
アジの仲間かと調べても図鑑には載っていない。
クラゲによくついている、エボシダイやハナビラウオの仲間とも違う。
体型は似ているどの魚と比べても違う・・・

結局、苦労してクロアジモドキだと判明したのだが、
それもそのはず、分類学者さんの間でも議論されているらしく、
イボダイ科(マナガツオ科)とアジ科の中間性を帯びていて、
その位置づけのためにイボダイ科に新しい属を設け、
その後、他の学者がクロアジモドキ科を設立し、
結局今は、アジ科クロアジモドキ属に落ち着いた・・・
といういわくつきの魚なのだ。

ま、そんなややこしい話はともかくとして、
この魚、刺身で食うと、めっちゃくちゃ美味しいらしい。(笑)

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

新しいおもちゃ

元気なサンゴ
撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

新しいおもちゃを入手した。

コンデジとその水中ハウジングだ。
この新しいおもちゃを持って、水中でパシャパシャやっていると、
僕が一眼レフカメラを使っていることを知っているリピーターゲストは、
何であんたがコンデジなの?と素朴な疑問をふっかけてくる。

ごっつい一眼カメラを持ってくる気合入ったフォト派ダイバーへの
ガイディングやアドバイスは得意とするところなのだが、
実は、ほとんど触ったことのないコンデジの世界は苦手。。。

でもその実、コンデジの高性能&低価格化により、
ゲストの多くはコンデジを持っているのが現状だ。
そこで心機一転、ゲストのニーズに応えられるガイドとなるべく、
僕もコンデジの勉強をすることにしたのだ。

はてさて、使ってみた感想は・・・!?

最新のコンパクトデジタルカメラは賢い!

それなりの上位機種は、マニュアル操作も充実していて、
僕のよう一眼レフでマニュアル撮影をしてきた者にとっては、
カメラ任せじゃなく、自分の思い通りに操作できるのでGood!
もちろんRAWデータで撮り、自分で現像できる。

コンパクトというだけあって、一眼に比べてかなり小さいので、
狭い隙間の中にカメラを突っ込んで、水中生物に触れることなく
傷つけずにいろんな角度から被写体にアプローチできる。
上の写真は、サンゴとサンゴの狭い空間にカメラを突っ込んで
元気に成長するサンゴを下から自然光で撮ったもの。

さて、肝心の水中写真のクオリティーは!?
まだ、2回しか使っていなくて、まだ、どう設定するのが正解なのか、
僕自身が模索中なので、納得いくような写真は撮れていないが、
このセットならそれなりの写真を撮れるという手応えはある。

いい写真が撮れたら、このブログやショップの海ログでも紹介したいし、
コンデジを持ったゲストへ的確なガイディングができるようになりたいな。

というわけで、こうご期待です!

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

美ら海

美ら海

沖縄に行ってきた。

毎年6月~7月、ゴールデンウィークの後、夏本番までの間、
タイの海がカレンダー的に暇になるのでスタッフ交代で休みを回す。
今年は、西表島、沖縄本島の本部、久米島、慶良間の渡嘉敷島と、
ガイド会仲間のいる海を潜り歩いてきた。

西表島は要さんのダイブ・ラティーク
馴染みのスタッフの暖かい受け入れが心地よい。
日本最強のサンゴ礁に魅せられた。
タイはソフトコーラルには自信があるが、ハードコーラルは敵わないなぁ。

本部は高野さんのファイブオーシャン
本部はポイントのバリエーションが豊富で毎ダイブ違う楽しみがある。
コンディションも良く、本部らしいまったりしたカメラダイブを楽しんだ。
ちょうど知人のカメラマンも取材に来ていて夜も楽しかった。

久米島は川本さんのエスティバン
昼は濃い~ダイビング、夜は濃い~久米泉・・・(笑)
特に、スミレナガハナダイの集団求愛~産卵シーンは圧巻だった。
去年に続き、やっぱり熱い久米島を満喫した。

渡嘉敷島は番ちゃんのビブジョー
透き通るブルーの海、白砂に珊瑚の根、これぞイメージする、ザ・沖縄!
ワイドはもちろん、地形からマクロ、レアものまでいろいろあるんやなぁ。
番ちゃんと二人でカメラを持ってやりたい放題潜ってきた。

それぞれの海にはそれぞれの長所短所があり、
どっちが優れているとか、勝ち負けじゃない。
その海を本気で潜っているガイドと潜れば、
唯一無二のその海の魅力を堪能できる。

こうして他の海をしかるべきガイドさんと潜ることで、
我がタイの海を見直すことができ、魅力を再発見できる。

写真は・・・、今回あまり熱心に撮っていないので、
ここでは美ら海水族館のジンベエザメを。。。

美ら海の大水槽を見ていて、タイの海を思い出した。
ジンベエだって出るし、魚影の濃さは負けず劣らずだ。
ガラス越しに見ている人に、是非、生で一緒に泳いで欲しいと思った。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

ミズガメカイメン

岩海綿目/イワカイメン科/ミズガメカイメン属
学名:Xestospongia testudinaria
英名:Barrel Sponge

ミズガメカイメン
直径:30cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

ダイビングを始め、周りを見る余裕が出てくると、
海の中は魚だけじゃなく変な生き物も多いことに気づく。

水底に巨大な"つぼ"のようなものがある。
なんじゃこりゃ・・・?

海面動物というとても原始的な生き物の仲間だ。
ミズガメカイメンという名前の通り"つぼ"状の形をしており、
内側にある鞭毛によって水の循環を引き起こし、
外側から海水をスポンジ状の体に通過させ濾し取るように
食物を取り込んで、開口部から水を吐き出している。

開口部がハート型になっているミズガメカイメンを見つけた。
身を隠せるので、いろんな生き物が住み着いているが、
これはまた洒落たお宅ですね。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

ゴマモンガラ

フグ目/モンガラカワハギ科/モンガラカワハギ属
学名:Balistoides viridescens
英名:Titan Trigerfish

ゴマモンガラ2
全長:60cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

最狂の魚、それは・・・、ゴマモンガラ!

ギョロっと睨みつける鋭い眼光。
左右にはね上がる偉そうな髭模様。
でかい面(二頭身)しやがって、
ふてぶてしい事この上ない。

今日、ダイビング中に、誰かが足をつかんで
僕を呼んでいるのかと思って振り向いたら・・・

ギエ~ッ!!!
(まさに上の写真の状態)

ゴマモンガラが足に噛み付いていたのだった。

強靭な顎と鋭い前歯を持っていて、
フィンに穴を開けるくらいの威力があるのだが、
今日はロングのウェットスーツのおかげで助かった・・・

万一襲われたときには、フィンを使って撃退しつつ、
上方向ではなく、横方向に泳いで、
速やかにこいつのテリトリーから逃げるベシ。

っていうか、コイツはしつこかった!
グリーンロックを1/3周くらい追いかけてきた。
同じダイビングでASUKA(スタッフ)も襲われていたらしい。

恐るべし、ゴマモンガラ・・・

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

ムラサメハゼ

スズキ目/ハゼ科/イトヒキハゼ属
学名:Cryptocentrus fasciatus
英名:Black Shrinp-goby

ムラサメハゼ
全長:10cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

タオ島の海に死ぬほどいるハゼ。
しかも、地味~っ!なので、誰も見向きもしない。

でも実は、とても綺麗なブルーの模様が鰭に隠されていて
ギリギリまで近づいて、ちゃんと光を当ててやると、
写真のように、焙り出しの如く浮かび上がってくる。

ムラサメハゼ(黄)
全長:5cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

そんなムラサメハゼでも、黄色の個体はレアだ。
ギンガハゼとの違い、分かるかな?

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

ギンガハゼ

スズキ目/ハゼ科/イトヒキハゼ属
学名:Cryptocentrus cinctus
英名:Yellow shrimp goby

ギンガハゼ
全長:10cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

タオ島は共生ハゼ(テッポウエビと住んでるヤツ)がめちゃくちゃ面白い。
 ・いっぱいいて
 ・逃げないから
 ・じっくり観察でき
 ・簡単に撮れる

何故、タオ島のハゼはこんななんだろう?

実際のところは、ハゼに聞いてみないと分からないが、
僕が考えるに、タオ島の周辺の海は・・・、
 ・生息環境(砂地)に恵まれている
 ・餌が豊富

そして、閉鎖海域で生態系が極端に偏っているため、
 ・仲間(繁殖相手やテッポウエビ)がいっぱいいる
 ・天敵が少ない

こういった諸条件が揃ったからこそ、
驚愕の"ハゼ楽園"が存在するのではないだろうか?
のん気に暮らしながらDNAを引き継いできたタオ島のハゼは、
水中カメラを持ったダイバーどこきではビビらないのだ。

ところで、ギンガハゼ。
名前の由来は、銀河宇宙のように星を散りばめたような模様からで、
この名前は、皇后美智子様が命名されたという逸話がある。

昔は黒は"ギンガハゼ"で、黄は"コガネハゼ"と言われていたが、
研究が進み、実は全く同じ種だと判明したというわけ。
同じ魚だから写真のように黒&黄のペアも見つけることができる。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

ツキチョウチョウウオ

スズキ目/チョウチョウウオ科/カエトドン属
学名:Chaetodon wiebeli
英名:Panda Butterflyfish, Hongkong Butterflyfish

ツキチョウチョウウオ
全長:16cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

図鑑では"非常に稀"といわれるツキチョウチョウウオ。
日本でも本州中部の太平洋側で見られると記録されているが、
観測例は極端に少なく、たまに単体で見られるだけという。

このレアものが、タオ島では群れで登場するからスゴイ!

通常はペアで行動している。
ペア同士が出会うと、互いを意識し合い、
ディスプレイ合戦のような行動をとりはじめる。
すると、周りにいたペアが乱入しはじめ、

2匹 + 2匹 + 2匹 + 2匹 + たまに1匹(笑)・・・

あれよあれよという間に大きな群れへと膨らんでいく。
なかには、どうして知ったのか、かなり遠くからはるばる
駆けつけるペアもいるので、そういう急いで泳いでいる
ペアを見つけたらついて行くと群れに出くわすこともある。

魚の生態に詳しい写真家の大方洋ニ氏と一緒に観察したことがある。
氏曰く、繁殖行動の一環ではないかとおっしゃる。
群れることにより、ペアの交換が行われている可能性があるという。
ひとしきり群れた後、ペアごとに泳ぎ去るのだが、
あれだけごちゃ混ぜになった後、同じペア同士とは考えにくい。

交配相手をしょっちゅう変えることにより、子孫の中に、
より強い個体が生まれ自分のDNAを確実に未来に運んでくれる・・・
のんきに生きているような魚たちも、意外とちゃっかりしているのだ。

ただし、群れ方にも二種類あって、
最初は繁殖目的で群れていたと思われる一団が、
途中から食欲に走り、他の魚の縄張りを荒らす集団強盗になる。
そうなると、多勢に無勢、縄張りを守るスズメダイたちもお手上げだ。

性欲と食欲と・・・
どっちが大事なのだろうか?

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

オニイトマキエイ

エイ目/トビエイ科/オニイトマキエイ属
学名:Manta birostris
英名:Manta

マンタ8
体幅:4m 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック

世界最大のエイ。
通称の『マンタ』の呼び名のほうが馴染みがあるだろう。

世界のマンタポイントで見られる平均は体幅3~4m程度。
アンダマン海で見られるマンタは大きいほうで、
僕がタイで見た最大の個体は体幅5mくらい。
でも、この生き物は、最大で体幅が8mとか9mになると
言われていて、ちょっと想像を絶する大きさだ。

マンタ20
体幅:4m 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック

胸鰭が進化した頭鰭(あたまびれ)を持ち、
捕食時に広げて効率的にプランクトンを集める。
移動するときやストレスを感じたときには
この頭鰭をクルクルと巻いて棒状することが
『イトマキエイ』という名前の由来になっている。

タイのマンタポイントといえば、一番有名なのはコ・ボン。
馬の背状に落ち込む豪快な地形や浅瀬のサンゴ礁が
捕食やクリーニングに適しているようで、
シーズン中にはたくさんのマンタが居つく。

マンタ11
体幅:4m 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック

ここでは、ダイバーは中層でマンタの通過を待ち、
上下左右どこから出てくるか分からないマンタを
いろいろな角度から見ることができる。

個人的にはマンタが宙返りする姿が好きなのだが、
黒い背面を見下ろす構図から、白い腹面を見上げる構図へと
いきなり変わるので、露出を決めるのがとても難しい。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

ジンベエザメ

テンジクザメ目/ジンベエザメ科/ジンベエザメ属
学名:Rhincodon typus
英名:Whaleshark

ジンベエ38
全長:6m 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

魚類中の最大種で、最大で全長18mになると言われている。
英名では鯨みたいなサメという名前が付いている。
和名は和服の甚兵衛羽織の柄に体表の模様が似ているから。

約30年で成熟して60年から150年ほど生きると言われる。
卵胎生で、母体内で孵化して60cmほどの大きさになってから
出てくることが分かっている。

60cmのジンベエの赤ちゃん、見てみたいっ!

ジンベエザメ2
全長:6m 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島、チュンポンピナクル

タイの海でよく見かけるのは体長3m~10mくらい。
性格はとてもおとなしく、近くを泳いでも怖さは全くなく、
ピースフルなオーラが出ていて、一緒に泳げば元気をもらえる。

是非、多くの人に体験して欲しい。

ジンベエザメ3
全長:5m 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島、チュンポンピナクル

タイの海でジンベエとの遭遇率の高いポイントは、
太平洋側のシャム湾なら『チュンポンピナクル』、
インド洋側のアンダマン海なら『リチェリューロック』だ。

どちらも、水中の根に居つきグルグルと同じところを泳ぐので、
スクーバダイビング中にジンベエザメと遭遇し、
しばらく一緒に水中を泳ぐことができる。

うまくコースを読むことにより、
ジンベエのほうから近づいてくる状況も作れる。

被写体がジンベエだけというフォトコンテストが開催されるほど、
真正面から、真横から、上から、下から、見たい放題、撮りたい放題。

この体験は間違いなく世界屈指だろう。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

フリソデエビ

十脚目/フリソデエビ科/フリソデエビ属
英名:HarlequinShrimp
学名:Hymenocera picta

フリソデエビ7
全長:4cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック

フリソデエビ/振袖海老

鋏(はさみ)が着物の振袖(ふりそで)みたいだから命名。
珍しくて、面白い形で、色が綺麗で、超~人気モノだ!

ヒトデを食べるのだが、食べるヒトデの色で、
体色が青っぽくなったり、赤っぽくなったりするという。

この写真は、リチェリューロックのフリソデ君。
どこぞのダイブショップの人たちが、
この海域の、水中生物ノータッチルールを破って、
餌となるヒトデの足を切って持ってきていていた。

赤いヒトデ(写真右下)と青いヒトデ(写真左上)があるのだが、
このように2色ある場合、どういう体色になっていくのかなぁ?

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

ミナミハコフグの幼魚

フグ目/ハコフグ科/ハコフグ属
英名:Yellow boxfish
学名:Ostracion cubicus

ミナミハコフグ幼魚
全長:2cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック

こんなに可愛い生き物が他にいるだろうか!?
と、思ってしまうほど、愛嬌たっぷりのミナミハコフグのちび。

ほとんど一頭身で、顔にしっぽが付いているように見える。
真ん丸い体型に、黄色地に黒い水玉模様の体色もキュート。

そして何より、挙動が面白い。

臆病なので、ダイバーの視線に気づくと逃げようとするのだが、
泳ぎが得意ではないので、全速力でもかなりスロー。
背後は見えないようで、ひとしきり真っ直ぐ泳いだら、
上手く振り切れたかな~?と、恐る恐るこっちを振り向くんだけど、
そのときの、『げっ、まだいてるやん・・・』という顔がめちゃ可愛い。

ただ今、リチェリューロックに大量発生中!
可愛いからといって、あまり追い掛け回さないであげてね。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

クダゴンベ

スズキ目/ゴンベ科/クダゴンベ属
英名:Longnose hawkfish
学名:Oxycirrhites typus

クダゴンベ
全長:13cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック

変な名前の魚。
漢字で書くと、"管権兵衛"

"クダ"は"管"のことで、細長く伸びている吻(口のこと)が
管のようだから、というのが名前の由来だとか。
でも、実際は、吻は管状にはなっていなくて、
写真の通り、鳥の嘴のようにパカっと上下に開くのでした・・・

"ゴンベ"とは・・・、昔(江戸~大正)の子供の髪型のことで、
ぼんのくぼ(うなじの中央の窪み)の産髪だけ剃り残す髪風俗で、
ゴンベ科の魚の背鰭の第1軟条が、長く糸状にのびて、
権兵衛の髪型みたいというのが命名の由来で、
"権兵衛"→"ゴンベイ"→"ゴンベ"となったとか。

チェック柄の模様は、生息環境に上手く身を隠すためと考えられ、
こういうのを"隠蔽擬態"と言う。(対して"攻撃擬態"というのもある)
この美しい色・模様と、愛嬌のある表情で、
フィッシュウォッチング派や水中写真派に絶大な人気がある。

希種とされるが、カオラックの海では、割と良く見かける。
潮通しの良いソフトコーラル類が発達した環境に生息するが、
そういう場所がいっぱいあるからだろう。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

イヤースポットブレニー

スズキ目/イソギンポ科/タテガミカエルウオ属
英名:Ear-spot blenny
学名:Crripectes auritus

イヤースポットブレニー5
全長:8cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック

可愛いカエルウオの仲間。
耳(イヤー)っぽい黒斑点(スポット)があるから
"イヤースポットブレニー"
インド洋~西部太平洋に分布するが、日本では見られない。

性格は臆病でチョロチョロと逃げ回るが、
じっくり時間をかけてアプローチすると、
最終的には心を許してくれるタイプだ。(笑)

この写真は、"ギンポ山"という場所で撮ったもの。
元気に群生するソフトコーラルの中に住んでいるので、
カラフルで美しい色の背景にのせて撮ることができた。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

ハナダイギンポ

スズキ目/イソギンポ科/ニラミギンポ属
英名:Midas blenny
学名:Ecsenius midas

ハナダイギンポ5
全長:13cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック

可愛い表情で人気のハナダイギンポちゃん。
口がいつも半開きで、まるで笑っているように見える。

名前のとおり、サイズ、体色がハナダイに似ている。
ギンポなのにハナダイに混じって泳ぎ回っている。
でもそこはやっぱりギンポなので、
ダイバーが近づくと巣穴に隠れてしまう。

でも、あ~あ、隠れちゃった、と残念がる必要はない。
巣穴から顔を出してこちらの様子を窺っている。
その姿こそが、とても可愛いのだ。
顔から下が隠れているので安心しているのだろう、
かなり近づいてじっくり観察したり撮影したりできる。

アンダマン海にはそこらじゅうにいっぱいいるし、
背景もカラフルなカイメンやソフトコーラルが付いていて、
なかなか絵になるのだ。
カオラックに来たら、是非、狙ってみてね。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

カスミアジ

スズキ目/アジ科/ギンガメアジ属
英名:Blue-fin Trevally
学名:Caranx melampygus

カスミアジ
全長:35cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック

アンダマン海でよく見るアジといえばこれ。
図鑑では40cmくらいになると記載されているが、
コ・タチャイでは、まるでロウニンアジかと思うほど巨大な
実際70cm程もあるだろう個体も見れる。

英名はブルーフィントリバリーといって、
その名の通り、とても綺麗な青いヒレを持つ美しい魚。
編隊を組んで中層を徘徊する姿は勇壮だ。

この写真は、サンゴの根に大量についている
スカシテンジクダイを捕食するカスミアジの図。
集団で襲うことによって、被捕食者をかく乱し
凄いスピードで食い散らかす姿は圧巻!

そのシーンを、臨場感あふれるイメージで切り取ろうと
パシャパシャ撮っていたら、カメラの前に3枚並んで
とてもスピード感の無い写真になった。(笑)

魚屋か!

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

インディアンダブルサドルバタフライフィッシュ

スズキ目/チョウチョウウオ科/チョウチョウウオ属
英名:Indian double-saddle butterflyfish
学名:Chaetodon falcula

インディアンダブルサドルバタフライフィッシュ
全長:18cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック

スダレチョウチョウウオ(Pacific double-saddle bataflyfish)に
似ているが、Indian~のほうは、後背部が黄色いのと、
『saddle』つまり背中にある馬の鞍のような黒い模様が
Pacific~の方は楕円なのに対して、
Indian~は逆三角形に尖っているという違いがある。

アクアリストには『インドスダレ』という名前で呼ばれる。

大型のチョウチョウウオで、最大20cmほどになる。
ペアで泳いでいると結構な迫力があり、
色目も鮮やかなので、マクロはもちろんだが、
ワイド写真のワンポイントにもなってくれる。

アンダマン海はカラフルなソフトコーラルや、
立派なハードコーラルがそこかしこにあるので、
ワイドの時は、綺麗なサンゴの風景に
こういう綺麗な魚が入ってくるのを待つといいよ。

って、口で言うほど簡単ではないけどね。。。(笑)

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

インディアンティアドロップバタフライフィッシュ

スズキ目/チョウチョウウオ科/チョウチョウウオ属
英名:Indian teardrop butterflyfish
学名:Chaetodon interruptus

インディアンティアドロップバタフライフィッシュ
全長:4cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック

イッテンチョウチョウウオのインド洋版。
写真は幼魚だが、成魚は20cm近くになる。

違いは、太平洋版が背から腹にかけて
薄い黄から白のグラデーションなのに対し、
インド洋版は、全身が濃い黄色なことと、
背鰭後部から尻鰭後部に走る横帯が、
インド洋版の方が細いことなど。

『ティアドロップ』とは、『涙の一しずく』という意味。
体側にある黒い斑点のことを言っているのだけど、
なかなか洒落た名前やねぇ。。。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

インディアンレッドフィンバタフライフィッシュ

スズキ目/チョウチョウウオ科/チョウチョウウオ属
英名:Indian redfin butterflyfish
学名:Chaetodon trifasciatus

インディアンレッドフィンバタフライフィッシュ
全長:13cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック

ミスジチョウチョウウオのインド洋版。
アクアリストは『インドミスジ』という名前で呼ぶ。
メロンバタフライフィッシュという別名もあるが、
確かに、メロンっぽいと言えばそういう気も・・・

太平洋版と比べ、尾丙部がオレンジ色なのが違いだ。
昔は、同種のカラーバリエーションとされていたが、
同所にいても、互いにペアを組まないことなどから、
別種(姉妹種)扱いされ、それぞれ別の学名を持つ。

個体数は多く、シミラン諸島のサンゴ礁ポイントでは
割と簡単に見つけられる普通種だ。

ペアで縄張りを持ち、他のペアと出会うと、
逆立ちをしてから、側面を向け合い、
互いにクルクルとダンスを踊るように回るが、
これはテイルアップディスプレイと呼ばれる
縄張り争いの喧嘩をしているのだ。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

インディアンダッシラス

スズキ目/スズメダイ科/ミスジリュウキュウスズメダイ属
英名:Indian dascyllus
学名:Dascyllus carneus

インディアンダッシラス
全長:6cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック

フタスジリュキュウスズメダイに似ているが、
尾丙から尾にかけて白いのが特徴。
そして、よーく見ると、というか、ちゃんと光を当てて
写真をアップで撮ると、鮮やかなブルーの小斑が
綺麗に浮き上がってくる。

比較的浅い水深のエダサンゴなど、
身を隠すことの出来る場所に群れているので、
ダイビングの後半、安全停止の前などに
ゆっくり観察&撮影できるよ。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

アンダマントリプルフィン

スズキ目/ヘビギンポ科/クロマスク属
英名:Andaman triplefin
学名:Helcogramma sp.

アンダマントリプルフィン
全長:3cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック

ヘビギンポの仲間は、背びれが3枚あるので
英語で『トリプルフィン』と言う。

このヘビギンポの仲間は、ある図鑑に、
『アンダマントリプルフィン』という英名で記載されている。
アンダマン海で見られるヘビギンポということなのだろうが、
正式な学名(生物につけられた世界共通の名称)が無く、
『Helcogramma sp.』として図鑑に載っている。

これは、まだ学名が付けられていないことを示していて、
(分類されると予想される属名)+(sp.)
つまり、
クロマスク属(Helcogramma)の一種(sp.)
ということ示している。

アンダマントリプルフィン婚姻色2
全長:3.5cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック

この写真は、雄の個体が婚姻色を出しているところ。
まさに、黒マスク!

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

アンダマンドティーバック

スズキ目/メギス科/ニセスズメ属
英名:Andaman dottyback
学名:Pseudochromis andamanensis

アンダマンドティーバック2
全長:7cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック

今回は、アンダマンドティーバックをご紹介。

『ドティーバック』って、ちょっと変わった名前だけと、
『dotty・back』は点々がある背中ということで、
メギス科ニセスズメ属の英名だ。

和名の『ニセスズメ』って、学名の直訳だが、
『Pseudo(偽の)・chromis(スズメダイ)』
見た目、スズメダイとは似てないと思うけどなぁ・・・

東部インド洋、アンダマン海に生息。
生息数は多いので、慣れると簡単に見つけられる。

黄色&紫のグラデーションが鮮やかな体色を持ち、
固有種ということもあるので、ついつい写真に撮りたくなる。

でも、性格が臆病で、チョロチョロと動き回り、
すぐに岩やサンゴの隙間や穴に隠れるので、
写真に撮るのは結構難しいよ。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

アンダマンミミックファイルフィッシュ

フグ目/カワハギ科/ノコギリハギ属
英名:Andaman mimic filefish
学名:Paraluteres arquat

アンダマンミミックファイルフィッシュ
全長:5cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック

まだまだ続く、アンダマン・シリーズ。
今回は、アンダマンミミックファイルフィッシュをご紹介。

名前の『mimic』とは『擬態』のこと。
『File』とは『鑢(やすり)』のことで、
カワハギ科の魚で体表がギザギザしているから。

同属にノコギリハギがいて、こいつは、
猛毒を持っているシマキンチャクフグに
擬態していることで有名だが、
このアンダマンミミックファイルフィッシュは、
模様からすると、同じように毒を持つ
キタマクラの仲間に擬態していると考えられる。

写真をよーく見ると頭頂部に第一背鰭が確認できるが、
体背部との間が鰭膜(きまく)で結合していて
成魚はほとん第一背鰭を立てることはないので、
体のシルエットまでがキタマクラと似ている。

リチェリューロックなどでは、周辺にカラフルな
ソフトコーラルやカイメンが付いているので、
タイミングよくシャッターを切れば、
美しい背景に納めることも可能だ。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

アンダマンバタフライフィッシュ

スズキ目/チョウチョウウオ科/チョウチョウウオ属
英名:Andaman butterflyfish
学名:Chaetodon andamanensis

アンダマンバタフライフィッシュ
全長:13cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック

アンダマンシリーズ、お次はチョウチョウウオの仲間。
スミツキトノサマダイのインド洋対応種の
アンダマンバタフライフィッシュ。
日本人ダイバーにはアンダマンチョウチョウウオ
とも呼ばれている。

モルジブ、スリランカ、シミラン、西スマトラなど、
東部インド洋で見られる。
カオラックからのダイブサイトではどこでも
そこらじゅうで簡単に見られる普通種だ。

スミツキトノサマダイには体側に墨が付いたように
ブルーの大きな斑点があるのに対し、
アンダマンバタフライフィッシュはその斑点が無い。
ただし、興奮したり、夜寝るときには斑点が浮かび上がる。

最大で15cmほどになり、鮮やかな黄色の体色で
サンゴ礁を彩る美しい魚だ。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。