プロフィール

大村 健

Author:大村 健
BIG BLUE DIVING 代表
ガイド会 所属
タイの持つ二つの海を舞台に、年がら年中潜り続ける。趣味は水中写真で、愛する我が海を、美しく撮ってあげたい。

タイトルについて:
ニルバーナとは、涅槃(ねはん)や至福の境地という意味。水中での~んびりするってこと。何も考えずに、水中カメラのファインダーを覗いている時とても幸せなのです。

Takeshi Omura


takeshi_bigblueをフォローしましょう

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オイランハゼ

スズキ目/ハゼ科/ハゼ亜科/イトヒキハゼ属
学名:Cryptocentrus singapurensis
英名:Singapore prawn-goby

オイランハゼの求愛ディスプレイ

全長:12cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島 水深1m

生態系に偏りのあるタオ島の海は、
ある種の生き物にとってはとっても棲み良い場所のようだ。

砂地に巣穴を掘って暮らすテッポウエビと共生するハゼにとって、
砂地が多くて、天敵が少なく、餌が豊富なタオ島の海は、
まさに楽園と言っていいだろう。
中でも、ギンガハゼやレッドマージンシュリンプゴビーと並び、
足の踏み場もないくらい大群生しているのがオイランハゼだ。

通常、一つの穴に単体で住んでいる。
『花魁』という名前に相応しくとても派手やかな模様を持ち、
オスがメスに求愛をするときや、喧嘩の時には、
更に体色が濃くなり、見惚れてしまうほどに美しい。
メスは小さくて体色が地味で白っぽい。

オイランハゼの求愛ディスプレイ2

全長:奥9cm、手前12cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島、サイリービーチ、水深1m

見所は、オスがメスに求愛のディスプレイをするシーンで、
巣穴から10cmほど中層へ飛び出してホバリングをしながら、
ヒレを全開にして、己の魅力を最大限にアピールする。
その間、たったの3秒ほど。
繁殖のために身の危険を冒してまでの、生命の輝く一瞬だ。

以前、水中写真家の大方洋二さんと一緒に見ていたら、
何度かオスがディスプレイした後に、近くにいたメスが
巣穴に吸い込まれるように一緒に入っていった。

上の写真は、オス(手前の体色が濃い個体)が
メス(奥の体色が薄い個体)にアピールしているところ。
メスの反応も、まんざらではなさそうだ。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

スポンサーサイト

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

シマオリハゼ

スズキ目/ハゼ科/ハゼ亜科/ヤツシハゼ属
学名:Vanderhorstia ambanoro
英名:Twin-spotted shirinpgoby

シマオリハゼ
全長9cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島 水深7m

一見、めちゃくちゃ地味な魚。
砂地でテッポウエビの掘った巣穴の上にホバリングしてるが、
ついつい見落としてしまうくらい、白い砂底に同化している。
ほとんどのダイバーが歯牙にもかけず、
あまり知られていない種かも。。。

がしかし、光を当てると、まるで炙り出しのように
美しいメタリックブルーの模様が浮き上がってくる。

一番の自慢は腹鰭のオーロラ模様。
見るぞ~、というはやる気持ちを抑えて待っていると、
心を開くように、腹鰭を開いてくれる。

通好みの燻し銀の世界。僕は好きだが。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

フタホシタカノハハゼ 黄変個体

スズキ目/ハゼ科/イトヒキハゼ属
学名:Cryptocentrus sp
英名:Ventral-barred shrimpgoby

フタホシタカノハハゼ黄
全長:10cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島 水深:15m

テッポウエビの掘った穴に間借りさせてもらう代わりに、
入り口で見張り役を担当するので、共生ハゼと呼ばれる。

上の写真はフタホシタカノハハゼの黄変個体で、
色目の綺麗なコシジロテッポウエビと共生している。
両方にピントを合わせる為に、ちょうど、
ハゼの目とエビの目が並ぶタイミングでシャッターを切った。

テッポウエビは鋏をブルドーザーのようにして砂を運ぶので、
出てくる時に撮ると砂で綺麗な鋏が隠れてしまうので、
引っ込むタイミングを狙うのが撮るのがコツだ。

このハゼは気性が荒く、このブログの表紙の画像のように、
口や鰭が全開の写真も狙いやすい。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

ヒメダテハゼ

スズキ目/ハゼ科/ダテハゼ属
学名:Amblyeleotris steinitzi
英名:Steinitz's Shrimp-goby

ヒメダテハゼ
全長:7cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島 水深:10m

ヒメダテハゼの自慢は大きなヒレ。
そのヒレが全開のところを撮ってあげよう。

普段はテッポウエビの掘った穴に下半身を1/3ほど隠して、
ヒレは閉じてダラリとしている。

喧嘩や求愛など、何か自己主張したいときには
穴から出てきてヒレを全開にする。
あと、欠伸やのびをするように、訳もなく開く時もある。

そんなに気長に待ってられないと思うので、
ガイドに、ヒレが開きそうな個体を教えてもらうといい。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

ニュウドウダテハゼ

スズキ目/ハゼ科/ダテハゼ属
学名:Amblyeleotris fontanesii
英名:Giant prawn-goby

ニュウドウダテハゼ
全長:17cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島 水深:26m

『入道』という言葉を調べてみたら・・・

・仏道に入って修行する人
・在家のままで出家の相をなす人
・坊主頭の妖怪

たぶん、最後のが、このハゼの名前の由来なんやろう。
英名も『ジャイアント』やからね。
とにかく、めちゃくちゃデカく、全長は20cmに達する。

見よ!この美しい臀鰭を!
小さくて可愛いだけがハゼの魅力ではないのだ!

生息環境は、内湾性の砂泥底ということで、
タオ島周辺には沢山いる。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

メタリックシュリンプゴビー

スズキ目/ハゼ科/ダテハゼ属
学名:Amblyeleotris latifasciata
英名:Metallic shrimp-goby

メタリックシュリンプゴビー2
全長12cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

東南アジアのハゼ界のエース!?
とにかく、ド派手な体色で、他を圧倒する存在。
タイでは、シャム湾にもアンダマン海にもいるが、
一人に一匹ずつお見せできるほど生息数が多い。

全身に、名前の通りのメタリックカラーの色彩があり、
光が当てると、青や赤の模様がキラキラと反射して美しい。

タオ島の場合は、特に生息密度が濃く、近づけるので、
カメラ、レンズの性能の限界以上に近づくことができる。(上写真)

メタリックシュリンプゴビー
全長12cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

二枚目の写真は、威嚇のディスプレイ中のもの。
巣穴に近づいてきた、他のハゼに威嚇しているところで、
興奮して、普段より色が濃くなり、鰭を全開にしている。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

ミジンベニハゼ

スズキ目/ハゼ科/ミジンベニハゼ属
学名:Lubricogobius exiguus
英名:Yellow pygmy-goby

ミジンベニハゼ
全長:2.5cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

カワイィ~!

・・・と、女性ダイバーに人気のミジンベニハゼ。
実際、この写真を撮っていた時、
背後で荒い鼻息・・・、いや、呼気の音がするので、
振り返ってみると、興奮気味のうちの女性スタッフがいた・・・

この写真のミジンベニハゼのペアは、
『M-150』という、タイの『リポビタンD』
みたいなのの空き瓶に住みついている。

海に落ちている瓶や缶というと、もともとはゴミ。
そもそも、海に捨てないのが一番いいのだけど、
それらがしばらく海の底に沈んでいると、
いろんな生物が住みつき始める。

こうなると、もう、ゴミというより、
生物の棲家ということになり、
ここに隠れて身を守ったり、繁殖行動をしたり、
自然環境の一部となってしまう。

なので、ゴミ拾いする時には要注意。
そのままにしておいてあげたほうがいい場合もある。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

ベニツケサツキハゼ

スズキ目/クロユリハゼ科/サツキハゼ属
学名:Parioglossus philippinus
英名:Philippine dartfish

ベニツケサツキハゼ
全長:4cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

『摩訶不思議』と称される、シャム湾、タオ島の海。
それを体現している魚のひとつがこれ。

そもそも、サツキハゼ属の種は、
河川汽水域や内湾の岩礁性海岸などに生息し、
マングローブ帯の水深1mあるかないかという、
あまり一般ダイバーが潜らないエリアに生息している。

しかし、ここ、タオ島の海では、
ジンベエザメや、バラクーダやアジの大群が見られる
沖合いの隠れ根で、サツキハゼの仲間が群れている。

ログブックの同じページに、
『ジンベエザメ』と、『ベニツケサツキハゼ』とを、
一緒に書けるのは、タオ島ならではなのでは!?

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

オレンジリーフゴビー

スズキ目/ハゼ科/イレズミハゼ属
学名:Priolepis nuchifasciata
英名:Orange reef-goby

イレズミハゼ属の1種
全長:2cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

美しいオレンジ色の体色に風変わりな模様を持つ
かわいいイレズミハゼの仲間。

イレズミハゼ属の仲間は、同属他種と互いに似通っていて、
小さいこともあり、肉眼で判別するのは難しい。

写真を撮ってよ~く見てみると、
第一背鰭の第二棘だけ伸長しており、
アミメベンケイハゼのような網目模様が体側にあり、
体背側から伸びる数本の横帯は途中で不明瞭になる、
などの特徴を持つ。

多分、Priolepis nuchifasciataで正しいと思われる。

巣穴に隠れることもあるが、
割と度胸の据わっているところがあり、
観察したり、写真に撮るのは簡単だ。

ちっちゃくて可愛いのが好きな人はリクエストしよう。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

タンザクハゼ

スズキ目/クロユリハゼ科/タンザクハゼ属
学名:Oxymetopon compressus
英名:Robust ribbon-goby

リボンゴビー
全長:10cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

普通のポイントで見かけない種は発見が遅れがちで、
この海にはいないのではないか!?と思われがちだが、
飽くなき調査ダイブで、いくらでも未記録種が出てくる。

このタンザクハゼ(英名:リボンゴビー)の仲間、
不思議な体型と、怪しげに光る美しい体色で、
通なダイバーにはとても人気があり、
前々から、是非、うちの海にも欲しいと思っていたけど、
なかなか見つけられなかった種類のひとつだ。
いざ見つけてみると、実はいっぱいいる。

発表していない掘り出し物もいろいろ見つけてるので、
今後の展開をお楽しみに!

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

パンダダルマハゼ

スズキ目/ハゼ科/ダルマハゼ属
学名:Paragobiodon lacunicolus
英名:Blackfin coral goby

パンダダルマハゼ
全長:2cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

僕の中で、可愛いさかなランキングNo.1のパンダちゃん。

顔はオレンジ色だが、まっ白いボディーに
真っ黒な鰭という色彩パターンがパンダっぽい。

表情が愛らしい人気のダルマハゼ属の中でも、
その模様と絶妙のネーミングから、
マクロ派の絶大なる人気を誇っている。

ハナヤサイサンゴの奥深くに隠れて生息しているので、
観察&撮影はめちゃくちゃ難しいけれど、
通常、浅いところにいることが多いので、
安全停止中の時間つぶしにはもってこいだ。

この2匹はカップルで、ちょうどこの時は卵を産んで、
二匹で協力して育てているところ。

いっぱい産まれて、もっと増えればいいのになぁ。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

ベニサシコバンハゼ

スズキ目/ハゼ科/コバンハゼ属
学名:Gobiodon histrio
英名:Broad-barred goby

ブロードバードゴビー
全長:3cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

タオ島の海の浅瀬のサンゴを覗くといっぱいいるのがコイツ。

アカテンコバンハゼに似ているが、点が繋がって線になっている感じ。
また、シュオビコバンハゼってのがいて、これまた似ているというか、
ほとんど区別がつかないくらいで、シュオビ~はベニサシ~の
シノニム(幼魚の異種同名)という説もあるらしい。

↓マメ知識

コバンハゼ属の魚は、性転換をする性質が知られている。
なんと、自分たちの都合で、オスからメスにも、
メスからオスへも変われるのだ!(これを双方向性転換という)

枝状のサンゴの中という、非常に狭い世界に住んでいる以上、
同じサンゴ内に住んでいるもの同士で性交する必要があるので、
もし、同性同士のペアの場合は、どちらかが性転換をすることにより、
互いの子孫を後世に残せるという離れ業をもつのだ。

人間も、おっさん二人を無人島においておいたらそのうち・・・

有り得ないけど、想像したら気持ち悪る~!

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

アケボノハゼ

スズキ目/ハゼ科/クロユリハゼ亜科/ハタタテハゼ属
学名:Nemateleotris decora
英名:Purple fire-goby

アケボノハゼ
全長:8cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック、シミラン諸島 水深:20m

※以前に書いた記事ですが、アンダマン海のシーズン到来なので再登場させます

人気のあるハゼ界でも、エース級の存在だ。

英名では『紫炎』という名前が付いている。
和名の『曙』のほうは、ハゼの研究をしていた
昭和天皇が命名したという逸話がある。
う~ん、見た目も名前もエレガント!
(英名でエレガントファイアーフィッシュというのもある)

通常、深場に生息しており、水深30mオーバーは当たり前で、
わざわざ50mまで見に行ったりする人もいるほど。

タイでは、インド洋側のアンダマン海で見られるが、
アンダマン海のは、通常より、黄色が濃いのが特徴。

2008年度のシーズンは、このアケボノハゼが大量発生して、
ゲストの撮った1枚の写真に8匹も写っていたり、
浅いところでは、なんと16mで見られたりで大騒ぎ。
我々ガイド陣にとっては、超ありがたい存在だった。

来シーズンもヨロシクね!

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

ギンガハゼ

スズキ目/ハゼ科/イトヒキハゼ属
学名:Cryptocentrus cinctus
英名:Yellow shrimp goby

ギンガハゼ
全長:10cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

タオ島は共生ハゼ(テッポウエビと住んでるヤツ)がめちゃくちゃ面白い。
 ・いっぱいいて
 ・逃げないから
 ・じっくり観察でき
 ・簡単に撮れる

何故、タオ島のハゼはこんななんだろう?

実際のところは、ハゼに聞いてみないと分からないが、
僕が考えるに、タオ島の周辺の海は・・・、
 ・生息環境(砂地)に恵まれている
 ・餌が豊富

そして、閉鎖海域で生態系が極端に偏っているため、
 ・仲間(繁殖相手やテッポウエビ)がいっぱいいる
 ・天敵が少ない

こういった諸条件が揃ったからこそ、
驚愕の"ハゼ楽園"が存在するのではないだろうか?
のん気に暮らしながらDNAを引き継いできたタオ島のハゼは、
水中カメラを持ったダイバーどこきではビビらないのだ。

ところで、ギンガハゼ。
名前の由来は、銀河宇宙のように星を散りばめたような模様からで、
この名前は、皇后美智子様が命名されたという逸話がある。

昔は黒は"ギンガハゼ"で、黄は"コガネハゼ"と言われていたが、
研究が進み、実は全く同じ種だと判明したというわけ。
同じ魚だから写真のように黒&黄のペアも見つけることができる。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

ムラサメハゼ

スズキ目/ハゼ科/イトヒキハゼ属
学名:Cryptocentrus fasciatus
英名:Black Shrinp-goby

ムラサメハゼ
全長:10cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

タオ島の海に死ぬほどいるハゼ。
しかも、地味~っ!なので、誰も見向きもしない。

でも実は、とても綺麗なブルーの模様が鰭に隠されていて
ギリギリまで近づいて、ちゃんと光を当ててやると、
写真のように、焙り出しの如く浮かび上がってくる。

ムラサメハゼ(黄)
全長:5cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

そんなムラサメハゼでも、黄色の個体はレアだ。
ギンガハゼとの違い、分かるかな?

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。