プロフィール

大村 健

Author:大村 健
BIG BLUE DIVING 代表
ガイド会 所属
タイの持つ二つの海を舞台に、年がら年中潜り続ける。趣味は水中写真で、愛する我が海を、美しく撮ってあげたい。

タイトルについて:
ニルバーナとは、涅槃(ねはん)や至福の境地という意味。水中での~んびりするってこと。何も考えずに、水中カメラのファインダーを覗いている時とても幸せなのです。

Takeshi Omura


takeshi_bigblueをフォローしましょう

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セスジミノウミウシ

頭楯目/ミノウミウシ亜目/サキシマミノウミウシ科/Flabellina属
学名:Flavellina rubrolineata
英名:Red-Lined Flabellina

セスジミノウミウシ
全長:2.5cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島 水深:23m

タオ島周辺の海は、やたらめったらイボ系のウミウシが多い。
いたるところイボだらけ・・・

その中で、ひときわ華があるのが、美しいミノウミウシの仲間で、
このセスジミノウミウシは、時期によって大量発生し人気を呼ぶ。

ちょっと小技を使って撮ると、この質感というか透明感を表現できる。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

スポンサーサイト

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

アデヤカミノウミウシ

裸鰓目/ミノウミウシ亜目/サキシマミノウミウシ科/サキシマミノウミウシ属
学名:Flavellina exoptata
英名:Much-Desired Flabellina

アデヤカミノウミウシ
全長:2.5cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

ウミウシ・・・

貝の仲間で、貝殻が縮小したり消滅した生き物。

一対の触覚があり、牛の角のようなので"海牛(ウミウシ)"
ちなみに、マナティーやジュゴンは"海牛(カイギュウ)"

ミノウミウシの仲間は、背面に"蓑"のようなフサフサを持っていて、
毒のある刺胞動物を食べて、毒素を、その突起部に貯めるという
面白い生態を持っている。(盗刺胞という)

この写真は、"アデヤカミノウミウシ"
名前の通りとっても艶やかで、僕の一番好きなウミウシだ。
こいつの派手な体色も、毒をもっている警戒色と考えられる。
確かに美味しそうではない・・・

形が面白くて、色が綺麗で、さらに動きがゆっくりなので、
観察や撮影にもってこいの海の宝石。
今度、じっくりゆっくりウミウシウォッチングをしてみたら?

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

トラフケボリ

ウミウサギガイ科/トラフケボリ属
学名:Cuspivolva tigris
英名:

トラフケボリ
全長:1.5cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック

2010年、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

寅年ということで、一番それっぽいのをご紹介。

トラフケボリという貝の仲間。
名前の通り、見事なタイガー模様だ。
これは殻に模様が付いているのではなく、
殻の内側から伸びてきて殻を覆う
外套膜というものに模様が付いているのだ。

ウミウサギガイの仲間は、この外套膜を使って
じぶんが生息するヤギ類などの宿主や背景に
とけ込むような模様や形状で擬態することで
有名なのだが(こういうのを隠蔽擬態と言う)、
このトラフケボリは明らかに周囲から
目立つ模様を選んでいる。

毒のある生物が周囲に危険を知らせるために
目立つ警戒色をしている場合があり、
毒の無い生物がその警戒色に擬態して
身を守るものがある。(ベイツ型擬態と言う)
トラフケボリの場合は、そういうことなのかな?
俺を食べても不味いぞ!っていうことなのだろう。

今シーズン、カオラックの海ではトラフケボリが大量発生中。
寅年ということで、正月ダイブのネタに使ってるのだ。(笑)

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

ヒブサミノウミウシ

裸鰓目/ミノウミウシ亜目/アオミノウミウシ科/Phidiana属
学名:Phidiana indica
英名:Indian Phidiana

ヒブサミノウミウシ
全長:3cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

写真を撮る時にこだわる事のひとつは『背景』だ。

主役を引き立ててくれる美しい背景や、
その生物の棲息する環境を表現する背景など、
意図するところにより求める背景はいろいろ。

この美しいヒブサミノウミウシは
地味な岩に貼り付いている事が多い。
いくらウミウシ自体が綺麗でも、
背景がパッとしないと写真も映えない。

このブログはなかなか更新しない事で定評があるが、
(どんな定評やっ!)
愛する自分の海の生物たちを中途半端な絵で紹介したくない
というこだわりがあるからなのだ。
(言い訳かっ!)

今、とあるポイントで大発生中のヒブサミノウミウシ、
よ~く探すと真っ赤なカイメンの上を移動中の個体を発見!

燃える炎のようなヒブサミノウミウシにふさわしく、
真っ赤な世界を表現できる満足のいく一枚が撮れた!!

ちなみに、触覚の下にある小さな黒い点が目です。
よく見ると間抜けな顔してるよね!?

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。