プロフィール

大村 健

Author:大村 健
BIG BLUE DIVING 代表
ガイド会 所属
タイの持つ二つの海を舞台に、年がら年中潜り続ける。趣味は水中写真で、愛する我が海を、美しく撮ってあげたい。

タイトルについて:
ニルバーナとは、涅槃(ねはん)や至福の境地という意味。水中での~んびりするってこと。何も考えずに、水中カメラのファインダーを覗いている時とても幸せなのです。

Takeshi Omura


takeshi_bigblueをフォローしましょう

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タテジマヘビギンポ

スズキ目/ヘビギンポ科/クロマスク属
学名:Helcogramma striata
英名:Striped Threefin

タテジマヘビギンポ
全長:3cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島 水深:7m

ごくごくありふれた種かも知れないが、
被写体としてはとても人気がある。
理由は、決まった場所にじっとしているので撮りやすいから。

撮影のコツは・・・

1.周囲に綺麗な色がある個体を選ぶ (イバラカンザシなど)
2.撮りやすい個体を選ぶ (自分が安定した姿勢で撮れる)
3.どこかに行ってもまた戻ってくるので、目移りしないで粘る

ってところかな。

ちなみに、この写真は夜に撮ったわけではない。
露出(シャッタースピードと絞りの関係)の調整で、
水の色を青くしたり、黒くしたりできる。
この場合は、奥のイバラカンザシが青色なので、
色が被らないように、わざと黒く落としている。

それにしても、このイバラカンザシは根性がある。
乗っかられて、よくもまあ、引っ込まないものだ・・・

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

スポンサーサイト

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

セラトブレグマ属未同定種

スズキ目/ヘビギンポ科/セラトブレグマ属
学名:Ceratobregma sp.
英名:?

セラトブレグマ属未同定種
全長:4cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

ヘビギンポの仲間は、表情が可愛く、体色の綺麗なものも多い。

この写真は、ちゃんと名前が付いていない種だが、
タオ島では、ポイントによっては沢山いる。

体表に鮮やかなオレンジ色の斑紋を持ち、
生息場所の岩の壁面には、色とりどりのカイメンが付着し、
かなりカラフルなマクロ写真が狙える。
しかも、あまり動き回らないので、じっくり接写で狙える。

浅い水深にいるので、ダイビングの後半に、
窒素を抜きがてら、観察&撮影できるので、
ヘビギンポ好きの人は、是非、リクエストしてね。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

アンダマントリプルフィン

スズキ目/ヘビギンポ科/クロマスク属
英名:Andaman triplefin
学名:Helcogramma sp.

アンダマントリプルフィン
全長:3cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック

ヘビギンポの仲間は、背びれが3枚あるので
英語で『トリプルフィン』と言う。

このヘビギンポの仲間は、ある図鑑に、
『アンダマントリプルフィン』という英名で記載されている。
アンダマン海で見られるヘビギンポということなのだろうが、
正式な学名(生物につけられた世界共通の名称)が無く、
『Helcogramma sp.』として図鑑に載っている。

これは、まだ学名が付けられていないことを示していて、
(分類されると予想される属名)+(sp.)
つまり、
クロマスク属(Helcogramma)の一種(sp.)
ということ示している。

アンダマントリプルフィン婚姻色2
全長:3.5cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック

この写真は、雄の個体が婚姻色を出しているところ。
まさに、黒マスク!

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。