プロフィール

大村 健

Author:大村 健
BIG BLUE DIVING 代表
ガイド会 所属
タイの持つ二つの海を舞台に、年がら年中潜り続ける。趣味は水中写真で、愛する我が海を、美しく撮ってあげたい。

タイトルについて:
ニルバーナとは、涅槃(ねはん)や至福の境地という意味。水中での~んびりするってこと。何も考えずに、水中カメラのファインダーを覗いている時とても幸せなのです。

Takeshi Omura


takeshi_bigblueをフォローしましょう

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨロイウオ

トゲウオ目/ヘコアユ科/ヨロイウオ属
学名:Centriscus scutatus
英名:Rigid Shrimpfish

ヨロイウオ
全長:15cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島 水深:15m

いつも頭を下にして泳いでいる変な習性の魚。
この写真では、一番下が口、一番上が背鰭、
向かって左が背中、右がお腹。

サンゴなど縦に茂った障害物に紛れる擬態上手。
ダイバーが近づくと、お腹側をこちらに向け、
身体の幅が薄っぺらいので、さらに見つけにくくなる。
ただし、本気で逃げる時は横になる。

そっくりのヘコアユとの見分け方は、
『背鰭第一棘に関節が無くて動かず・・・』
と図鑑にあるが、自然環境で見分けることは難しい。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

スポンサーサイト

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

クロウミウマ

トゲウオ目/ヨウジウオ亜目/ヨウジウオ科/タツノオトシゴ属
学名:Hippocampus kuda
英名:Spotted seahorse

クロウミウマ子持ち
全長:15cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

タツノオトシゴの仲間は、見た目が竜に似ているから、
『竜の落とし子』で、『~タツ』という名前が付けられている。
また、顔が馬面なので、『~ウミウマ』という名前の種もいる。
英語でも、『sea horse (海馬)』と呼ばれている。

ほんと、変な姿の生き物なのだが、
これでも正真正銘の魚類で、
よく見ると、ちゃんと鰓もあれば、胸鰭や背鰭もあり、
尾鰭は退化しているけど、尾を自在に動かして
ものに巻きつき、体を固定することができる。

また、雄は育児嚢という袋を腹部に持っていて、
雌が産みつけた卵をその中で育てるという面白い生態を持つ。
孵化した仔魚は、孵化後もしばらくは育児嚢内で過ごし、
親とほぼ同じ姿の稚魚としてお腹から出てくる。
このことから、安産のお守りに使われたりするけど、
妊婦のようなお腹の大きな個体は、実は雄・・・(写真)

クロウミウマ(Hippocampus kuda Bleeker, 1852)と、
オオウミウマ(Hippocampus kelloggi Jordan et Snyder, 1901)は、
混同されがちで、いくつかの図鑑にも、クロウミウマの学名で、
オオウミウマの和名が記載されたりしているので要注意。

シャム湾、タオ島でよくみているのは、
写真を撮って、尾輪数(尻尾の節の数)を数えたところ、
どうやら、クロウミウマが多いようだ。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

オビイシヨウジ

トゲウオ目/ヨウジウオ科/イシヨウジ属
学名:Corythoichthys amplexus
英名:Brown-banded pipefish

オビイシヨウジ
全長:8cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

小さな顔に大きな目、尖がった口を持ち、
ひょっとこみたいな顔で愛嬌いっぱいのヨウジウオの仲間。

岩の隙間で、単体、もしくは小さなばらけたグループで、
岩の表面をチョロチョロと這い回っている。

この種も、タツノオトシゴの仲間のように、
雄が卵を育てる習性がある。

~育児嚢の皮しゅうの発達程度が低く産着卵塊の大部分は露出~
(図鑑『日本の海水魚』より抜粋)

するので、肉眼でも、卵を抱えているところを見ることができるよ。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

タイガーテールシーホース

トゲウオ目/ヨウジウオ亜目/ヨウジウオ科/タツノオトシゴ属
学名:Hippocampus comes
英名:Tigertail seahorse

タイガーテールシーホース
全長:15cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック

※以前に書いた記事ですが、アンダマン海のシーズン到来なので再登場させます

インド洋、アンダマン海で見れるタツノオトシゴといえばこれ。
タイガーテールという名前の通り、尾部に虎の尻尾のような
黄と黒の横縞の模様が入っている。

結構大きくて、最大では16cmほどにもなるが、
毎年、3cmくらいの赤ちゃんをはじめ、
いろんな大きさの個体が見られる。

黒(というか濃い茶色)バージョンもいて、
たまに黄色個体と一緒にいることがあり、
もし見かけたら、シャッターチャンスだ。

珍しくて、色もきれい、そして面白い特徴(虎の尾)、
さらに、色の綺麗なウチワやソフトコーラルに
付いているので、とても絵になる大人気の被写体だ。

カオラックに来たら、是非、押さえておきたい種のひとつ。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。