プロフィール

大村 健

Author:大村 健
BIG BLUE DIVING 代表
ガイド会 所属
タイの持つ二つの海を舞台に、年がら年中潜り続ける。趣味は水中写真で、愛する我が海を、美しく撮ってあげたい。

タイトルについて:
ニルバーナとは、涅槃(ねはん)や至福の境地という意味。水中での~んびりするってこと。何も考えずに、水中カメラのファインダーを覗いている時とても幸せなのです。

Takeshi Omura


takeshi_bigblueをフォローしましょう

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギチベラ

スズキ目/ベラ科/モチノウオ亜科/ギチベラ科
学名:Epibulus insidiator
英名:Slingjaw wrasse

ギチベラ
全長:オス25cm、メス15cm 撮影:大村健 撮影地:タイ、タオ島

これ、ギチベラの求愛~産卵にいたる過程の生態写真。

色気づいたオスが、中層を尻鰭を下げた独特のポーズで旋回し始める。
すると、そのサインに反応したメスたちが、下に集まってくる。
オスが、目星をつけたメスに近づいていき、誘いをかける。
そして、二匹で水面直下まで寄り添いながら上昇していく。(上写真)
最後に、体をすり合わせるような行動とともに、放卵&放精。
その後、メスは下に戻り、オスは旋回を再開、次のメスを探し始める。

と、まあ、本来はアカデミックな生態のストーリーなのだが、
この写真、エロおやじが肩に手をまわして、
無垢なお嬢さんをたぶらかそうとしているように見えない?

口説き文句まで聞こえてきそう・・・

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

スポンサーサイト

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

マッコスカーズフラッシャーラス

スズキ目/ベラ科/モチノウオ亜科/クジャクベラ属
学名:Paracheilinus mccoskeri
英名:McCosker's flasher-wrasse

マッコスカーズフラッシャーラス
全長:8cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック、シミラン諸島 水深:25m

※以前に書いた記事ですが、アンダマン海のシーズン到来なので再登場させます

インド洋の固有種で、日本のクジャクベラに対応する種。

写真はオスの個体だが、普段からこういう風に
鰭が全開になっているわけではなく、
通常、鰭が閉じている時は、至って地味な存在で、
見過ごしているダイバーも多い。

成熟したオスが、ハーレム内のメス達にアピールする時や、
オス同士の喧嘩など、自己主張するタイミングのみ鰭が開く。
その時、ビカビカっと光っているように見えるので、
英名では、『フラッシャー』と命名されている。

ただし、鰭が開くのはわずか3秒くらい・・・
しかも、泳ぐの早すぎ・・・

まさに、カメラダイバー泣かせの魚で、
撮影は、ほとんどシューティングゲーム状態。
素早く動く的に狙いを定め、鰭が開いた一瞬を見逃さず・・・
シャッターというトリガーを引くのだ!

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

フィラメンテッドフラッシャーラス

スズキ目/ベラ科/モチノウオ亜科/クジャクベラ属
学名:Paracheilinus filamentosus
英名:Filamented flasher-wrasse

フィラメンテッドフラッシャーラス
全長:5cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

10年以上も同じ海で何千本も潜り続けていても、
まだまだ新しい発見や驚き、感動がある。

つい先日、ここ数年来で一番驚き感動したのが、
このフィラメンテッドフラッシャーラスを発見したことだ。

いつも書いている通り、タオ島が浮かぶタイ、シャム湾は
閉鎖海域で生態系がとても偏っているので、
ある種は爆発的に繁栄するが、逆にまったくいない種も多い。

クジャクベラの仲間も、いないと思われていた種の一つ。
とても奇麗な魚なので、ぜひ、自分の海にもいてくれたら
いいなぁと思って長年探し続け、ついに諦めかけていた。

それが、先日、ひょんなことから、いつもは通らない
コーズ取りで泳いでいたら、視界の一端になにやら
見慣れないシルエットが横切った。

まさかっ!

そう、そのまさか。
念願のクジャクベラの仲間をタオ島の海で初記録した。

動きがめちゃくちゃ早いが、肉眼でも背びれの棘が数本
伸長していることや、尾鰭がVの字型になっている
フィラメンテッドフラッシャーラスの特徴が確認できた。

しかし、かなりじっくり観察したが、
その周辺にはたった1個体しか確認できなかった。

シャム湾、タオ島の偏った環境に適合すれば、
今後爆発的に増えていくことも考えられる。
是非、そうなって欲しいものだが、
なんせ、交配相手がいないとどうしようもない。
季節回遊魚のように、このまま消えてしまう運命なのか!?
今後の展開が楽しみだ。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。