プロフィール

大村 健

Author:大村 健
BIG BLUE DIVING 代表
ガイド会 所属
タイの持つ二つの海を舞台に、年がら年中潜り続ける。趣味は水中写真で、愛する我が海を、美しく撮ってあげたい。

タイトルについて:
ニルバーナとは、涅槃(ねはん)や至福の境地という意味。水中での~んびりするってこと。何も考えずに、水中カメラのファインダーを覗いている時とても幸せなのです。

Takeshi Omura


takeshi_bigblueをフォローしましょう

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラフザメ

テンジクザメ目/トラフザメ科
学名:Stegostoma fasciatum
英名:Leopard shark

トラフザメ
全長:2m 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック

アンダマン海のサメ、といえばコイツ。

しなやかな長い尾びれの流線型のボディーには
ヒョウ柄模様が入り、優雅に泳ぐ姿はまさにセレブリティー。

でも、いつも泳いでいるわけではなく、
ドテっと砂地に転がっていることが多く、
近くからよくよく見てみると豚みたいな顔をしているのだ・・・

実際、かなり近づける。
どのくらいって、まあ、個体差もあるけど、
数十センチは当たり前かな。
なので、広角のレンズで狙ったほうがいいよ。

珍しいサメなのだが、アンダマン海ではポイントによっては
かなり高確率で見れるので、カオラックに来た時には要チェック。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

スポンサーサイト

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

ジンベエザメ

テンジクザメ目/ジンベエザメ科/ジンベエザメ属
学名:Rhincodon typus
英名:Whaleshark

ジンベエ38
全長:6m 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

魚類中の最大種で、最大で全長18mになると言われている。
英名では鯨みたいなサメという名前が付いている。
和名は和服の甚兵衛羽織の柄に体表の模様が似ているから。

約30年で成熟して60年から150年ほど生きると言われる。
卵胎生で、母体内で孵化して60cmほどの大きさになってから
出てくることが分かっている。

60cmのジンベエの赤ちゃん、見てみたいっ!

ジンベエザメ2
全長:6m 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島、チュンポンピナクル

タイの海でよく見かけるのは体長3m~10mくらい。
性格はとてもおとなしく、近くを泳いでも怖さは全くなく、
ピースフルなオーラが出ていて、一緒に泳げば元気をもらえる。

是非、多くの人に体験して欲しい。

ジンベエザメ3
全長:5m 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島、チュンポンピナクル

タイの海でジンベエとの遭遇率の高いポイントは、
太平洋側のシャム湾なら『チュンポンピナクル』、
インド洋側のアンダマン海なら『リチェリューロック』だ。

どちらも、水中の根に居つきグルグルと同じところを泳ぐので、
スクーバダイビング中にジンベエザメと遭遇し、
しばらく一緒に水中を泳ぐことができる。

うまくコースを読むことにより、
ジンベエのほうから近づいてくる状況も作れる。

被写体がジンベエだけというフォトコンテストが開催されるほど、
真正面から、真横から、上から、下から、見たい放題、撮りたい放題。

この体験は間違いなく世界屈指だろう。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。