プロフィール

大村 健

Author:大村 健
BIG BLUE DIVING 代表
ガイド会 所属
タイの持つ二つの海を舞台に、年がら年中潜り続ける。趣味は水中写真で、愛する我が海を、美しく撮ってあげたい。

タイトルについて:
ニルバーナとは、涅槃(ねはん)や至福の境地という意味。水中での~んびりするってこと。何も考えずに、水中カメラのファインダーを覗いている時とても幸せなのです。

Takeshi Omura


takeshi_bigblueをフォローしましょう

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西表の海

しばらくこのブログをアップデートしてなかったが、実はこの間、
2週間で沖縄の4つの島を潜り比べるという強行軍を行なっていたのだ。

果たして、日本が誇る沖縄の海の実力とは!?

西表サンゴ礁
撮影者:大村健 撮影地:沖縄、西表島

まず、始めに行ったのは、日本のガラパゴスと称される西表島!
僕自身、学生時代に潜りに行ったっきり、15年以上ぶりだ。

ショップは、日頃からガイド会でお世話になっている佐々木要さんの
ダイブラティークで潜ってきた。

沖縄県では沖縄本島に次いで2番目に大きい島で、
ここが日本とは信じられないくらい、半端無い大自然が残っている。

エルニーニョの影響もあったというけれど、ポイントによっては、
隙間無くびっしりといろんな種類の珊瑚が大群生していて、
成長過程と思われる小さな珊瑚も多いが、
写真に撮るには、いろんな種類の、いろんな色の珊瑚を
ぎゅぎゅっと集めたように撮れるので面白い。

珊瑚が一番綺麗なポイントのとき、マクロレンズを付けていた。
上の写真は、二番目に綺麗だったポイントで撮ったもの。
しかも、太陽が翳っている時に撮ったものなので、
西表の珊瑚は、本当はもっともっと綺麗だと思って欲しい。

西表ケショウハゼ
撮影者:大村健 撮影地:沖縄、西表島

西表は、水中環境のバリエーションも豊富で、外洋ポイントだけじゃなく、
島の豊富な水源のおかげで河川や汽水域のダイブサイトも多く、
海でのダイビングでは見られない珍しい生態系も楽しめる環境なのだ。

上の写真は、汽水域で撮ったケショウハゼのオスの婚姻色。
自分がタイでは見たことがない種を見るのも参考になる。
他にも、モエギハゼ、サルハゼ、ホムラハゼsp、クサハゼなど、
普段自分の海で見てない種を、いろんな環境で見せてもらったので、
タイに帰ったらいろいろ探してみよう。

西表ギンガハゼ
撮影者:大村健 撮影地:沖縄、西表島

逆に、普段から、自分の海で見ている種を
まったく他の環境で見るというのも、とっても勉強になる。
実は、西表で見れる魚種とタオ島で見れる魚種と、
被っているものが多く、そういう意味での潜り比べが、
今回の西表ツアーの一番のテーマだったのだ。(特にハゼの)

上の写真は西表のギンガハゼの黄色&黒のペア。
他にも、オイランハゼ、カスリハゼ、シマオリハゼ、ニュウドウダテハゼ、
クロオビハゼ、サツキハゼなど、普段タオ島で見まくっている種だが、
なるほどね、こんな環境にいるんや!って、
ちょっと意外だったり、納得だったり。

そんなこんなで、西表では、マニアックなポイントばかりリクエストして、
あまり写真は撮らずに、キョロキョロ、ウロチョロして、砂質を調べたり、
環境チェックばかりしている変態ダイバーだったのだ。

ラティークさんの公民館を改造したショップハウスも寛げて良かったし、
夕食後の夜9時からの飲みながらのログ付けも、いい意味での
未開発な西表、しかも白浜という環境にはマッチしてると思った。
要さん始め、スタッフのホスピタリティーは抜群!
また行きたくなる海とショップだった。

西表でダイビングするならダイブラティーク!

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

スポンサーサイト

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

石垣の海

沖縄ツアー第2弾は、石垣島。

今回は、石垣島には1日しか滞在していなくて、
たった2本しか潜っていないので、多くは語れない。

1本目は、有名な『マンタスクランブル』というポイントで潜ったが、
まんまとマンタを外してしまった・・・

自分の海でもマンタは見れるので、別に見れなくても良かった・・・
(↑負け惜しみ)

見たいものを見れないゲストの気持ちを勉強できて良かった・・・
(↑負け惜しみ)

でも、こればっかりは、本当~に、仕方ないこと。
自然相手なので思うように行かないこともある。

石垣オオモンカエルアンコウ
撮影者:大村健 撮影地:石垣島

2本目、『米原』というポイントは珊瑚がとても綺麗だった。
ガイドさんが色鮮やかなオオモンカエルアンコウを見せてくれた。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

本部の海

沖縄ツアーの第3弾は、沖縄本島の本部の海だ!
お世話になったのは、これまたガイド会繋がりでお世話になっている、
高野肇さん率いるファイブオーシャン
沖縄本島の北部にある本部からは、瀬底島、水納島、伊江島など
全部で5つの全然環境が異なるダイビングバリエーションを楽しめる。
だからファイブオーシャン
うーん、納得。。。

本部オホバの縦穴
撮影者:大村健 撮影地:沖縄本島、本部

何を隠そう、僕は伊江島でオープンウォーターライセンスを取ったのだ。
17年も前のことなので、おぼろげな記憶しか残っていないが、
潜ってみたら・・・、そうや、この穴をくぐった記憶がある!
水深5mから一気に25mまで抜ける縦穴。
伊江島のポイントは地形がダイナミックで面白い。

本部ナカモトイロワケハゼ&卵
撮影者:大村健 撮影地:沖縄本島、本部

一方、水納島や瀬底島周辺のポイントは、
美しい白砂で、ハゼなどのマクロが面白い。

あるポイントで、ナカモトイロワケハゼが付いていて、
ちょうど卵を育てているというので撮りに行った。
可愛い・・・、可愛い過ぎる!

本部ヤシャハゼ
撮影者:大村健 撮影地:沖縄本島、本部

上の写真はヤシャハゼだが、タイでは見られないので
今回の沖縄で見たかった魚種のひとつだった。
何でタイには、ヒレナガネジリンボウはいるのに
ヤシャハゼはいないのだろう?
いいなぁ、綺麗やなぁ。。。

ちなみに、このときは、よくここに潜りに来ると言う
水中写真家の吉野雄輔さんと一緒だったので、
このヤシャハゼを始め、いろいろと教えてもらった。

吉野雄輔さんのホームページ

本部ピグミーシーホース
撮影者:大村健 撮影地:沖縄本島、本部

他にも、写真のピグミーシーホース(体長1cm足らず!)や、
キンチャクガニ、フリソデエビ、トウアカクマノミなどなどマクロの宝庫!

本部はポイントが近くて、1本ごとにショップに戻れて、
フォト派ダイバーにはとても優しい環境だった。
カメラマンやフォト派ダイバーが集まる理由が分かった。

沖縄本部でダイビングするならファイブオーシャン!

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

久米の海

沖縄ツアー、第4弾は、久米島の海!
ショップは、ガイド会の会長、川本剛志さんが率いる
沖縄の強豪、久米島のエスティバンだ。

久米ギンガメアジ渦
撮影者:大村健 撮影地:沖縄、久米島

港から5分のポイントでギンガメアジがトルネードを作り(上写真)、
そこにホソカマスの群れが突っ込んできて、
深度を落とせばスジクロユリハゼなどのレア物も簡単に見れ、
根の上では無数のキンギョハナダイが舞い群れる・・・。

外海になる離れ小島(トンバラ)では、イソマグロの編隊や、
ギンガメアジやホソカマスの群れ、マダラトビエイやホワイトチップ、
ウミガメなどなど、ワイドの魅力がぎっしり詰まっていた。

数あるドロップオフのポイントでは、いとも簡単に深度を落とせ、
深場はもちろん、壁沿いも、浅場の棚上も見所がてんこ盛り!
可愛いピグミーシーホースのペアや、美しいフチドリハナダイや
スミレナガハナダイの求愛行動、ハナゴンベが群れ?ていたり、
愛くるしい表情のモンツキカエルウオが卵を守っていたり・・・。
しかも地形も面白くて、巨大な亀裂や縦穴がいっぱい。

やるなぁ~。
離島で3番目の大きさを誇る久米島の底力を見た。

久米フリソデエビ
撮影者:大村健 撮影地:沖縄、久米島

ガイドとしての演出が凄く、コース取りの気配りで、
気付くと、ゲストの目の前は魚の群れ・群れ・群れ!
もちろん、マクロ、レア物も次々登場。

写真は、フリソデエビ。
タイで見るのに比べて、この写真の個体は色が淡いような気がする。
食べるヒトデの色の違いかな!?

ブリーフィングで生態観察や撮影のコツを話しておいてくれるので、
ゲストも見所をきっちり押さえられる。

久米バサラカクレエビ
撮影者:大村健 撮影地:沖縄、久米島

川本さんといえば、著書であるエビカニガイドブック2。
その表紙を飾るバサラカクレエビの写真は有名だ。

その川本さんが見せてくれたバサラカクレエビ。
今回は、ちょっとした事情があり・・・(笑)、慌てて撮ったので、
写真としての完成度は低いけど、思い出の作品として紹介。

久米島でダイビングするならエスティバン!

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

美ら海

美ら海

沖縄に行ってきた。

毎年6月~7月、ゴールデンウィークの後、夏本番までの間、
タイの海がカレンダー的に暇になるのでスタッフ交代で休みを回す。
今年は、西表島、沖縄本島の本部、久米島、慶良間の渡嘉敷島と、
ガイド会仲間のいる海を潜り歩いてきた。

西表島は要さんのダイブ・ラティーク
馴染みのスタッフの暖かい受け入れが心地よい。
日本最強のサンゴ礁に魅せられた。
タイはソフトコーラルには自信があるが、ハードコーラルは敵わないなぁ。

本部は高野さんのファイブオーシャン
本部はポイントのバリエーションが豊富で毎ダイブ違う楽しみがある。
コンディションも良く、本部らしいまったりしたカメラダイブを楽しんだ。
ちょうど知人のカメラマンも取材に来ていて夜も楽しかった。

久米島は川本さんのエスティバン
昼は濃い~ダイビング、夜は濃い~久米泉・・・(笑)
特に、スミレナガハナダイの集団求愛~産卵シーンは圧巻だった。
去年に続き、やっぱり熱い久米島を満喫した。

渡嘉敷島は番ちゃんのビブジョー
透き通るブルーの海、白砂に珊瑚の根、これぞイメージする、ザ・沖縄!
ワイドはもちろん、地形からマクロ、レアものまでいろいろあるんやなぁ。
番ちゃんと二人でカメラを持ってやりたい放題潜ってきた。

それぞれの海にはそれぞれの長所短所があり、
どっちが優れているとか、勝ち負けじゃない。
その海を本気で潜っているガイドと潜れば、
唯一無二のその海の魅力を堪能できる。

こうして他の海をしかるべきガイドさんと潜ることで、
我がタイの海を見直すことができ、魅力を再発見できる。

写真は・・・、今回あまり熱心に撮っていないので、
ここでは美ら海水族館のジンベエザメを。。。

美ら海の大水槽を見ていて、タイの海を思い出した。
ジンベエだって出るし、魚影の濃さは負けず劣らずだ。
ガラス越しに見ている人に、是非、生で一緒に泳いで欲しいと思った。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。