プロフィール

大村 健

Author:大村 健
BIG BLUE DIVING 代表
ガイド会 所属
タイの持つ二つの海を舞台に、年がら年中潜り続ける。趣味は水中写真で、愛する我が海を、美しく撮ってあげたい。

タイトルについて:
ニルバーナとは、涅槃(ねはん)や至福の境地という意味。水中での~んびりするってこと。何も考えずに、水中カメラのファインダーを覗いている時とても幸せなのです。

Takeshi Omura


takeshi_bigblueをフォローしましょう

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アゴアマダイ科の1種

スズキ目/アゴアマダイ科
学名:Opistognathus sp.
英名:Jawfish

ジョーフィッシュ
全長:1.5cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

愛くるしい表情で人気のアゴアマダイの仲間。
ジョーフィッシュという呼び名のほうが聞き慣れているかな。

砂地に垂直の穴を掘り、そこから顔だけ覗かせ、
大きな目でキョロキョロあたりを窺がっている。
餌を食べるために穴から飛び出し、全身を見せることもあるが、
ダイバーが近くにいると警戒するので接写するのは難しい。

アンダマン海、カオラックでは、数種類のバリエーションが見れ、
生息数も多く、サイズも大きくて比較的見やすい。

しかし、シャム湾、タオ島のジョーフィッシュは、
個体数はそこそこ多いが、小さくて、とても臆病なので、
ガイドとしては、ゲストに紹介しにくいのが辛いところだ。

この写真は、タオ島で撮ったものだが、
ラッキーなことに、たまたまジョーフィッシュの赤ちゃんが、
砂地をぴょこぴょこ歩いて(泳いで?)いた。

それにしても・・・、可愛いくない!?

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

スポンサーサイト

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

アンダマンジョーフィッシュ

スズキ目/アゴアマダイ科
学名:Opistognathus sp.
英名:Andaman Jawfish

アンダマンジョーフィッシュ3
全長:15cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック

アンダマン・シリーズということで、
今回もアンダマン海ならではのお魚をご紹介。
その名も、アンダマンジョーフィッシュ。

通常は、巣穴からほんのちょっとだけ顔を出し、
大きな目できょろきょろ辺りを窺っている。

その仕草、表情が愛くるしくて人気なのだが、
潮が流れ出すと、流れてくる餌を食べようと、
めったにお目にかかれない全身を披露してくれる。

アンダマンジョーフィッシュ4
全長:15cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック

アゴアマダイ科は、世界各地にいろんな種類が生息するが、
研究が進んでおらず、名前がはっきりしないものが多い。
この写真の種は、シミラン諸島でよく見かける種だが、
とある図鑑では、学名は『Opstongnathus sp.』としつつも、
英名として『Andaman jawfish』と紹介されており、
生息場所は、スマトラ島沖の東アンダマン海、
マレーシア、タイとなっている。
アンダマン海で潜るときには是非とも見ておきたい種だ。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。