プロフィール

大村 健

Author:大村 健
BIG BLUE DIVING 代表
ガイド会 所属
タイの持つ二つの海を舞台に、年がら年中潜り続ける。趣味は水中写真で、愛する我が海を、美しく撮ってあげたい。

タイトルについて:
ニルバーナとは、涅槃(ねはん)や至福の境地という意味。水中での~んびりするってこと。何も考えずに、水中カメラのファインダーを覗いている時とても幸せなのです。

Takeshi Omura


takeshi_bigblueをフォローしましょう

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハシナガチョウチョウウオ

スズキ目/チョウチョウウオ科/ハシナガチョウチョウウオ属
学名:Chelmon rostrarus
英名:Beaked butterflyfish

ハシナガチョウチョウウオ
全長:20cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

クチバシが長いから、ハシナガ。

特徴的な、細長く突き出た吻(口のこと)は、
珊瑚礁の起伏のある場所で底生の小動物を食べるため、
ついばむのに適するように進化してきたと考えられる。

タオ島の海ではレギュラー選手だが、他の海ではあまり見ないそう。
図鑑では、やや透明度の悪い海を好むとあるが、
タオ島では、割と透明度の良いコンディションでも見られる。

形が面白く、色も綺麗なので、タオ島に潜りに来た時は、
是非、押さえておきたい種のひとつだ。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

スポンサーサイト

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

ヤスジチョチョウウオ

スズキ目/チョウチョウウオ科/チョウチョウウオ属
学名:Chaetodon octofasciatus
英名:Eight-banded butterflyfish

ヤスジチョウチョウウオ
全長:5cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

吉野雄輔さんが『ハンディ図鑑 日本の海水魚』を出された。
ダイバーの使い易さを重視するというコンセプトで作られ、
持ち運びやすい大きさで、普通の海で見られる魚を紹介している。
よくぞまあと感心するほど、沢山の綺麗な写真で幅広く網羅されている。

瀬能宏先生が監修していて、分布域をはじめ、最新の情報をもとに、
解説も充実しているので、われわれ現地ガイド陣も重宝する一冊だ。
なので、自分の海で見られる魚種の解説をじっくり読んで、
ブリーフィングやログ付け、ガイディングのヒントとして役立てている。

これによると、ヤスジチョウチョウウオは『やや貴種』ということらしい。
タオ島にはめちゃくちゃいっぱいいるので、もう少し重宝するとしよう。。。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

アンダマンバタフライフィッシュ

スズキ目/チョウチョウウオ科/チョウチョウウオ属
英名:Andaman butterflyfish
学名:Chaetodon andamanensis

アンダマンバタフライフィッシュ
全長:13cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック

アンダマンシリーズ、お次はチョウチョウウオの仲間。
スミツキトノサマダイのインド洋対応種の
アンダマンバタフライフィッシュ。
日本人ダイバーにはアンダマンチョウチョウウオ
とも呼ばれている。

モルジブ、スリランカ、シミラン、西スマトラなど、
東部インド洋で見られる。
カオラックからのダイブサイトではどこでも
そこらじゅうで簡単に見られる普通種だ。

スミツキトノサマダイには体側に墨が付いたように
ブルーの大きな斑点があるのに対し、
アンダマンバタフライフィッシュはその斑点が無い。
ただし、興奮したり、夜寝るときには斑点が浮かび上がる。

最大で15cmほどになり、鮮やかな黄色の体色で
サンゴ礁を彩る美しい魚だ。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

インディアンレッドフィンバタフライフィッシュ

スズキ目/チョウチョウウオ科/チョウチョウウオ属
英名:Indian redfin butterflyfish
学名:Chaetodon trifasciatus

インディアンレッドフィンバタフライフィッシュ
全長:13cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック

ミスジチョウチョウウオのインド洋版。
アクアリストは『インドミスジ』という名前で呼ぶ。
メロンバタフライフィッシュという別名もあるが、
確かに、メロンっぽいと言えばそういう気も・・・

太平洋版と比べ、尾丙部がオレンジ色なのが違いだ。
昔は、同種のカラーバリエーションとされていたが、
同所にいても、互いにペアを組まないことなどから、
別種(姉妹種)扱いされ、それぞれ別の学名を持つ。

個体数は多く、シミラン諸島のサンゴ礁ポイントでは
割と簡単に見つけられる普通種だ。

ペアで縄張りを持ち、他のペアと出会うと、
逆立ちをしてから、側面を向け合い、
互いにクルクルとダンスを踊るように回るが、
これはテイルアップディスプレイと呼ばれる
縄張り争いの喧嘩をしているのだ。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

インディアンティアドロップバタフライフィッシュ

スズキ目/チョウチョウウオ科/チョウチョウウオ属
英名:Indian teardrop butterflyfish
学名:Chaetodon interruptus

インディアンティアドロップバタフライフィッシュ
全長:4cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック

イッテンチョウチョウウオのインド洋版。
写真は幼魚だが、成魚は20cm近くになる。

違いは、太平洋版が背から腹にかけて
薄い黄から白のグラデーションなのに対し、
インド洋版は、全身が濃い黄色なことと、
背鰭後部から尻鰭後部に走る横帯が、
インド洋版の方が細いことなど。

『ティアドロップ』とは、『涙の一しずく』という意味。
体側にある黒い斑点のことを言っているのだけど、
なかなか洒落た名前やねぇ。。。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

インディアンダブルサドルバタフライフィッシュ

スズキ目/チョウチョウウオ科/チョウチョウウオ属
英名:Indian double-saddle butterflyfish
学名:Chaetodon falcula

インディアンダブルサドルバタフライフィッシュ
全長:18cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック

スダレチョウチョウウオ(Pacific double-saddle bataflyfish)に
似ているが、Indian~のほうは、後背部が黄色いのと、
『saddle』つまり背中にある馬の鞍のような黒い模様が
Pacific~の方は楕円なのに対して、
Indian~は逆三角形に尖っているという違いがある。

アクアリストには『インドスダレ』という名前で呼ばれる。

大型のチョウチョウウオで、最大20cmほどになる。
ペアで泳いでいると結構な迫力があり、
色目も鮮やかなので、マクロはもちろんだが、
ワイド写真のワンポイントにもなってくれる。

アンダマン海はカラフルなソフトコーラルや、
立派なハードコーラルがそこかしこにあるので、
ワイドの時は、綺麗なサンゴの風景に
こういう綺麗な魚が入ってくるのを待つといいよ。

って、口で言うほど簡単ではないけどね。。。(笑)

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

ツキチョウチョウウオ

スズキ目/チョウチョウウオ科/カエトドン属
学名:Chaetodon wiebeli
英名:Panda Butterflyfish, Hongkong Butterflyfish

ツキチョウチョウウオ
全長:16cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

図鑑では"非常に稀"といわれるツキチョウチョウウオ。
日本でも本州中部の太平洋側で見られると記録されているが、
観測例は極端に少なく、たまに単体で見られるだけという。

このレアものが、タオ島では群れで登場するからスゴイ!

通常はペアで行動している。
ペア同士が出会うと、互いを意識し合い、
ディスプレイ合戦のような行動をとりはじめる。
すると、周りにいたペアが乱入しはじめ、

2匹 + 2匹 + 2匹 + 2匹 + たまに1匹(笑)・・・

あれよあれよという間に大きな群れへと膨らんでいく。
なかには、どうして知ったのか、かなり遠くからはるばる
駆けつけるペアもいるので、そういう急いで泳いでいる
ペアを見つけたらついて行くと群れに出くわすこともある。

魚の生態に詳しい写真家の大方洋ニ氏と一緒に観察したことがある。
氏曰く、繁殖行動の一環ではないかとおっしゃる。
群れることにより、ペアの交換が行われている可能性があるという。
ひとしきり群れた後、ペアごとに泳ぎ去るのだが、
あれだけごちゃ混ぜになった後、同じペア同士とは考えにくい。

交配相手をしょっちゅう変えることにより、子孫の中に、
より強い個体が生まれ自分のDNAを確実に未来に運んでくれる・・・
のんきに生きているような魚たちも、意外とちゃっかりしているのだ。

ただし、群れ方にも二種類あって、
最初は繁殖目的で群れていたと思われる一団が、
途中から食欲に走り、他の魚の縄張りを荒らす集団強盗になる。
そうなると、多勢に無勢、縄張りを守るスズメダイたちもお手上げだ。

性欲と食欲と・・・
どっちが大事なのだろうか?

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。