プロフィール

大村 健

Author:大村 健
BIG BLUE DIVING 代表
ガイド会 所属
タイの持つ二つの海を舞台に、年がら年中潜り続ける。趣味は水中写真で、愛する我が海を、美しく撮ってあげたい。

タイトルについて:
ニルバーナとは、涅槃(ねはん)や至福の境地という意味。水中での~んびりするってこと。何も考えずに、水中カメラのファインダーを覗いている時とても幸せなのです。

Takeshi Omura


takeshi_bigblueをフォローしましょう

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オニアジ

スズキ目/アジ科/オニアジ属
学名:Megalaspis cordyla
英名:Finny scad

オニアジ
全長:30cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

タイでは、アンダマン海のリチェリューロックや、
シャム湾のチュンポンピナクルなどでごくごく普通に見られるが、
実は、割と珍しい種らしく、図鑑にもあまり載っていなくて、
ネットで調べてたら"珍魚"なんて言われていたりする。

そんな珍魚も、チュンポンピナクルでは、千・万単位でで群れていて、
透明度の続く限り延々と連なり泳ぎ流れていく様は圧巻だ。
この写真でも、それぞれが少し上を向いたり下を向いたりしているが、
泳ぎ方に特徴があり、ジグザグ上下運動しながら進んでいく。

美味だが、日本では漁獲高が低くて滅多に食べられないという。
火を通すよりも刺身で食べたほうが美味しいらしいが、
タイの暖かい水温の海では、きっと絞まりの無い味なんやろうね。

味のことはともかく、タイに潜りに来たら、要チェックの魚種のひとつだ。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

スポンサーサイト

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

ギンガメアジ

スズキ目/アジ科/ギンガメアジ属
学名:Caranx sexfasciatus
英名:Big-eye Trevally

ギンガメアジ2
全長:30cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

タイの海は魚影がとても濃い。
それは魚の餌となるプランクトンが豊富だから。
その分、透明度は落ちるけれど、
それでもやっぱり、魚がいっぱいいる海がいい。

その魚影の濃さを表現するのはこれが一番。
セイルロックのギンガメアジ!

沸いて出てくるように視界を埋め尽くす魚群の壁。
群れの向こうの海の青色が見えないくらい圧倒的な数。

360度、魚に巻かれる感動・・・
是非、体験して欲しい。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

カスミアジ

スズキ目/アジ科/ギンガメアジ属
英名:Blue-fin Trevally
学名:Caranx melampygus

カスミアジ
全長:35cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック

アンダマン海でよく見るアジといえばこれ。
図鑑では40cmくらいになると記載されているが、
コ・タチャイでは、まるでロウニンアジかと思うほど巨大な
実際70cm程もあるだろう個体も見れる。

英名はブルーフィントリバリーといって、
その名の通り、とても綺麗な青いヒレを持つ美しい魚。
編隊を組んで中層を徘徊する姿は勇壮だ。

この写真は、サンゴの根に大量についている
スカシテンジクダイを捕食するカスミアジの図。
集団で襲うことによって、被捕食者をかく乱し
凄いスピードで食い散らかす姿は圧巻!

そのシーンを、臨場感あふれるイメージで切り取ろうと
パシャパシャ撮っていたら、カメラの前に3枚並んで
とてもスピード感の無い写真になった。(笑)

魚屋か!

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

クロアジモドキ(幼魚)

スズキ目/アジ科/クロアジモドキ属
英名:?
学名:Parastromateus niger

クロアジモドキ
全長:5cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

ダイビング中にクラゲを見つけたら、
まずは毒のある触手に注意すべきなんだけど、
安全な距離を保った状態で、じっくり観察してみて欲しい。
すると、小さな魚やカニが引っ付いていることがある。
これは、クラゲは触手に毒がある種類がいるので、
そのクラゲと一緒にいると、他の捕食者から身を守れるからだ。

ところでこの魚、タイの海でもめったに見かけないが、
初めて見たとき、いったい何科の魚なのだろう?と戸惑った。
マナガツオに似ているが違うなぁ。
アジの仲間かと調べても図鑑には載っていない。
クラゲによくついている、エボシダイやハナビラウオの仲間とも違う。
体型は似ているどの魚と比べても違う・・・

結局、苦労してクロアジモドキだと判明したのだが、
それもそのはず、分類学者さんの間でも議論されているらしく、
イボダイ科(マナガツオ科)とアジ科の中間性を帯びていて、
その位置づけのためにイボダイ科に新しい属を設け、
その後、他の学者がクロアジモドキ科を設立し、
結局今は、アジ科クロアジモドキ属に落ち着いた・・・
といういわくつきの魚なのだ。

ま、そんなややこしい話はともかくとして、
この魚、刺身で食うと、めっちゃくちゃ美味しいらしい。(笑)

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。