プロフィール

大村 健

Author:大村 健
BIG BLUE DIVING 代表
ガイド会 所属
タイの持つ二つの海を舞台に、年がら年中潜り続ける。趣味は水中写真で、愛する我が海を、美しく撮ってあげたい。

タイトルについて:
ニルバーナとは、涅槃(ねはん)や至福の境地という意味。水中での~んびりするってこと。何も考えずに、水中カメラのファインダーを覗いている時とても幸せなのです。

Takeshi Omura


takeshi_bigblueをフォローしましょう

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンダマンドティーバック

スズキ目/メギス科/ニセスズメ属
英名:Andaman dottyback
学名:Pseudochromis andamanensis

アンダマンドティーバック2
全長:7cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック

今回は、アンダマンドティーバックをご紹介。

『ドティーバック』って、ちょっと変わった名前だけと、
『dotty・back』は点々がある背中ということで、
メギス科ニセスズメ属の英名だ。

和名の『ニセスズメ』って、学名の直訳だが、
『Pseudo(偽の)・chromis(スズメダイ)』
見た目、スズメダイとは似てないと思うけどなぁ・・・

東部インド洋、アンダマン海に生息。
生息数は多いので、慣れると簡単に見つけられる。

黄色&紫のグラデーションが鮮やかな体色を持ち、
固有種ということもあるので、ついつい写真に撮りたくなる。

でも、性格が臆病で、チョロチョロと動き回り、
すぐに岩やサンゴの隙間や穴に隠れるので、
写真に撮るのは結構難しいよ。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

スポンサーサイト

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。