プロフィール

大村 健

Author:大村 健
BIG BLUE DIVING 代表
ガイド会 所属
タイの持つ二つの海を舞台に、年がら年中潜り続ける。趣味は水中写真で、愛する我が海を、美しく撮ってあげたい。

タイトルについて:
ニルバーナとは、涅槃(ねはん)や至福の境地という意味。水中での~んびりするってこと。何も考えずに、水中カメラのファインダーを覗いている時とても幸せなのです。

Takeshi Omura


takeshi_bigblueをフォローしましょう

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クダゴンベ

スズキ目/ゴンベ科/クダゴンベ属
英名:Longnose hawkfish
学名:Oxycirrhites typus

クダゴンベ
全長:13cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック

変な名前の魚。
漢字で書くと、"管権兵衛"

"クダ"は"管"のことで、細長く伸びている吻(口のこと)が
管のようだから、というのが名前の由来だとか。
でも、実際は、吻は管状にはなっていなくて、
写真の通り、鳥の嘴のようにパカっと上下に開くのでした・・・

"ゴンベ"とは・・・、昔(江戸~大正)の子供の髪型のことで、
ぼんのくぼ(うなじの中央の窪み)の産髪だけ剃り残す髪風俗で、
ゴンベ科の魚の背鰭の第1軟条が、長く糸状にのびて、
権兵衛の髪型みたいというのが命名の由来で、
"権兵衛"→"ゴンベイ"→"ゴンベ"となったとか。

チェック柄の模様は、生息環境に上手く身を隠すためと考えられ、
こういうのを"隠蔽擬態"と言う。(対して"攻撃擬態"というのもある)
この美しい色・模様と、愛嬌のある表情で、
フィッシュウォッチング派や水中写真派に絶大な人気がある。

希種とされるが、カオラックの海では、割と良く見かける。
潮通しの良いソフトコーラル類が発達した環境に生息するが、
そういう場所がいっぱいあるからだろう。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

スポンサーサイト

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。