プロフィール

大村 健

Author:大村 健
BIG BLUE DIVING 代表
ガイド会 所属
タイの持つ二つの海を舞台に、年がら年中潜り続ける。趣味は水中写真で、愛する我が海を、美しく撮ってあげたい。

タイトルについて:
ニルバーナとは、涅槃(ねはん)や至福の境地という意味。水中での~んびりするってこと。何も考えずに、水中カメラのファインダーを覗いている時とても幸せなのです。

Takeshi Omura


takeshi_bigblueをフォローしましょう

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒゲハギ

フグ目/モンガラカワハギ亜目/カワハギ科/ヒゲハギ属
学名:Chaetodermis penicilligera
英名:Weedy filefish

ヒゲハギ
全長:18cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島 水深:8m

レアものとしてマニアの間で人気の高い種。
名前のとおり、体表にもじゃもじゃの皮弁が多数あり、
これは海藻類などへの擬態と考えられる。

色目が地味といって通り過ぎないで、じっくり観察してみよう。
興奮すると体側に縦に走るラインが電飾のように
ブルーにビカビカと光り輝き、とっても美しい。

岩礁域や砂泥底に生息し、小型の甲殻類や、
ゴカイ類、貝類などを食べている。

タイでは、タオ島のサイリービーチにたまに登場する。
体高が高いので、砂地で目線を低くして泳いでいると、
背の低い藻類などにじっと隠れているところを見つけられる。

あまり泳ぐのが得意ではないので、写真に撮るのも簡単だ。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

スポンサーサイト

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

コクテンハギ

フグ目/カワハギ科/コクテンハギ属
学名:Pseudomonacanthus macrurus
英名:Spotted filefish, Strap weed filefish

スポッテドファイルフィッシュ
全長:20cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

砂地を探索しに行くと、たま~に見かける変な魚。
ペアでいることが多く、一匹見つけると、
たいがい近くにもう一匹見つかる。

体表に皮弁が生えているが、
ヒゲハギほど長く多くはない。

近づいてじろじろ見ていると、興奮するのか、
周囲の環境に擬態しようとするのか、
ころころ体色が変わるのが面白い。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

ウケクチノホソミオナガノオキナハギ

フグ目/カワハギ科/Anaconthas属
学名:Anacanthus barbatus
英名:Bearded leatherjacket

ウケクチノホソミオナガノオキナハギ
全長:25cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

ウケクチノ ホソミオナガノ オキナハギ (17文字)

長い名前の魚の日本チャンピオンだ。

訳すと、受け口で、体が細長くて尾が長く、
(髭があって)翁のようなハギってこと。
五・七・五調になっているところが渋い。

命名した学者さんが、酒の席で思いついた名前で、
本当は続き(下の句?)もあったが、
いくらなんでもやり過ぎということで削除したらしい。

それでも、元日本一長い名前の、
ミツクリ エナガ チョウチン アンコウ (16文字)
を一文字抜いた。

ロープなどに寄り添って隠れている(つもりだがバレバレ)。

超レアもので、タイの海でも滅多に出没しなく、
たまに見るときは、大抵いつも僕自身がガイド中・・・
今回、やっと撮影することができた。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

アンダマンミミックファイルフィッシュ

フグ目/カワハギ科/ノコギリハギ属
英名:Andaman mimic filefish
学名:Paraluteres arquat

アンダマンミミックファイルフィッシュ
全長:5cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック

まだまだ続く、アンダマン・シリーズ。
今回は、アンダマンミミックファイルフィッシュをご紹介。

名前の『mimic』とは『擬態』のこと。
『File』とは『鑢(やすり)』のことで、
カワハギ科の魚で体表がギザギザしているから。

同属にノコギリハギがいて、こいつは、
猛毒を持っているシマキンチャクフグに
擬態していることで有名だが、
このアンダマンミミックファイルフィッシュは、
模様からすると、同じように毒を持つ
キタマクラの仲間に擬態していると考えられる。

写真をよーく見ると頭頂部に第一背鰭が確認できるが、
体背部との間が鰭膜(きまく)で結合していて
成魚はほとん第一背鰭を立てることはないので、
体のシルエットまでがキタマクラと似ている。

リチェリューロックなどでは、周辺にカラフルな
ソフトコーラルやカイメンが付いているので、
タイミングよくシャッターを切れば、
美しい背景に納めることも可能だ。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。