プロフィール

大村 健

Author:大村 健
BIG BLUE DIVING 代表
ガイド会 所属
タイの持つ二つの海を舞台に、年がら年中潜り続ける。趣味は水中写真で、愛する我が海を、美しく撮ってあげたい。

タイトルについて:
ニルバーナとは、涅槃(ねはん)や至福の境地という意味。水中での~んびりするってこと。何も考えずに、水中カメラのファインダーを覗いている時とても幸せなのです。

Takeshi Omura


takeshi_bigblueをフォローしましょう

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トウアカクマノミ

スズキ目/スズメダイ科/クマノミ亜科/クマノミ属
学名:Amphiprion polymnus
英名:Saddleback anemonefish

タイ、シャム湾に浮かぶタオ島は、
偏った生態系の海と表現される通り、

潔く・・・!?

たったの2種類のクマノミしか見られないが、
それぞれの生息数は半端なく多い。

ビッグブルーが位置する『サイリービーチ』には、
ショップ前だけで、軽く50コロニーに
200匹くらいのトウアカが確認されているが、
我々が調査しきれないその他の広大なエリアに、
いったいどのくらい生息しているのかは見当もつかない。

トウアカクマノミ
全長:7cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

トウアカクマノミの写真でよく見かけるのは、
触手の短いイボハタゴイソギンチャクとの共生だが、
触手の長いマバラシライトイソギンチャクとの共生も見られる。

個人的に長い触手の方が絵になるので好きだ。
この写真では、丁度うしろにカラフルなソフトコーラルがあり、
背景に美しい色を添えてくれた。

トウアカクマノミ2
全長:10cm、12cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

頭が赤いから『頭赤(とうあか)』というわけだが、
個体によって性格や顔の模様が違うので、
模様が綺麗でおとなしいのを選ぶといい。

トウアカクマノミ3
全長:12cm、10cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

でも、中には、赤い部分が極端に狭い、
口の周りだけが泥棒ヒゲのように赤い『口赤』の個体もいる。
これはこれで笑えるので、人気の被写体となっている。

この写真の2匹は、卵の世話をしているところ。
ヒレで煽いで新鮮な海水を卵に送ったり、
口を使ってゴミを取り除いたりしている。

高水温で安定したタオ島の海では、
通年、産卵と孵化(ハッチアウト)を繰り返している。
コロニーごとに割とバラバラの周期で繁殖行動をとるので、
くるりと一回りするだけで、卵を産み付けているところ、
産まれてたて、数日目、孵化直前などと、
様々なステージの卵を見比べることができる。

トウアカクマノミのハッチアウト
全長:0.7cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島、サイリービーチ

目星をつけたコロニーへ、ナイトダイブで出かけると、
孵化の瞬間(ハッチアウト)に立ち会える。

静まり返った夜の海、一心不乱に
胸鰭や口を使い卵に刺激を与える親クマノミ。

やがて、その瞬間はやってくる。
卵がプルプルっと震えたかと思うと、
透明な殻を破って稚魚が外界へ飛び出す。

まさに生命の神秘、感動的なシーンだ。

螺旋状に泳ぎながら水面に向かい旅立つチビっ子たち。
1000個ほどの卵が孵化しても、無事に生き延びて、
新天地のイソギンチャクにたどり着けるのはほんの一握り。。。
思わずガンバレって応援してしまう。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

スポンサーサイト

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

オイランハゼ

スズキ目/ハゼ科/ハゼ亜科/イトヒキハゼ属
学名:Cryptocentrus singapurensis
英名:Singapore prawn-goby

オイランハゼの求愛ディスプレイ

全長:12cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島 水深1m

生態系に偏りのあるタオ島の海は、
ある種の生き物にとってはとっても棲み良い場所のようだ。

砂地に巣穴を掘って暮らすテッポウエビと共生するハゼにとって、
砂地が多くて、天敵が少なく、餌が豊富なタオ島の海は、
まさに楽園と言っていいだろう。
中でも、ギンガハゼやレッドマージンシュリンプゴビーと並び、
足の踏み場もないくらい大群生しているのがオイランハゼだ。

通常、一つの穴に単体で住んでいる。
『花魁』という名前に相応しくとても派手やかな模様を持ち、
オスがメスに求愛をするときや、喧嘩の時には、
更に体色が濃くなり、見惚れてしまうほどに美しい。
メスは小さくて体色が地味で白っぽい。

オイランハゼの求愛ディスプレイ2

全長:奥9cm、手前12cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島、サイリービーチ、水深1m

見所は、オスがメスに求愛のディスプレイをするシーンで、
巣穴から10cmほど中層へ飛び出してホバリングをしながら、
ヒレを全開にして、己の魅力を最大限にアピールする。
その間、たったの3秒ほど。
繁殖のために身の危険を冒してまでの、生命の輝く一瞬だ。

以前、水中写真家の大方洋二さんと一緒に見ていたら、
何度かオスがディスプレイした後に、近くにいたメスが
巣穴に吸い込まれるように一緒に入っていった。

上の写真は、オス(手前の体色が濃い個体)が
メス(奥の体色が薄い個体)にアピールしているところ。
メスの反応も、まんざらではなさそうだ。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

ヒゲハギ

フグ目/モンガラカワハギ亜目/カワハギ科/ヒゲハギ属
学名:Chaetodermis penicilligera
英名:Weedy filefish

ヒゲハギ
全長:18cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島 水深:8m

レアものとしてマニアの間で人気の高い種。
名前のとおり、体表にもじゃもじゃの皮弁が多数あり、
これは海藻類などへの擬態と考えられる。

色目が地味といって通り過ぎないで、じっくり観察してみよう。
興奮すると体側に縦に走るラインが電飾のように
ブルーにビカビカと光り輝き、とっても美しい。

岩礁域や砂泥底に生息し、小型の甲殻類や、
ゴカイ類、貝類などを食べている。

タイでは、タオ島のサイリービーチにたまに登場する。
体高が高いので、砂地で目線を低くして泳いでいると、
背の低い藻類などにじっと隠れているところを見つけられる。

あまり泳ぐのが得意ではないので、写真に撮るのも簡単だ。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

フィッシングネット

フィッシュネット
撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

今日は嫁の誕生日、そして結婚一周年記念日でもあります。
というわけで、お休みをもらい、嫁と一緒に朝からファンダイブ。
そして、昼からのんびり島で遊ぼうと。
そういう計画でした。

で、朝からチュンポンピナクルに潜りに行ってきました。
このブログに載せるために、あれが撮りたいこれが撮りたいと、
いろいろ企んでいましたが、潜ってビックリ、
それどころではありませんでした。

なんと、巨大なフィッシングネットが
根を覆いかぶすように絡まっていたのです!

予定変更、一生懸命にネットの回収作業をしていました。

最小限の被害で収めるためには、
できるだけ早くネットを取り除かなければいけません。
我らビッグブルーダイバーたちは、午前の2ダイブを使って、
ネットの回収作業をし、無事、全てのネットを回収できました。

この写真のハナビラクマノミ&センジュイソギンチャクも
今は元気にやっているはずです。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

シマオリハゼ

スズキ目/ハゼ科/ハゼ亜科/ヤツシハゼ属
学名:Vanderhorstia ambanoro
英名:Twin-spotted shirinpgoby

シマオリハゼ
全長9cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島 水深7m

一見、めちゃくちゃ地味な魚。
砂地でテッポウエビの掘った巣穴の上にホバリングしてるが、
ついつい見落としてしまうくらい、白い砂底に同化している。
ほとんどのダイバーが歯牙にもかけず、
あまり知られていない種かも。。。

がしかし、光を当てると、まるで炙り出しのように
美しいメタリックブルーの模様が浮き上がってくる。

一番の自慢は腹鰭のオーロラ模様。
見るぞ~、というはやる気持ちを抑えて待っていると、
心を開くように、腹鰭を開いてくれる。

通好みの燻し銀の世界。僕は好きだが。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

ピックハンドルバラクーダ

スズキ目/サバ亜目/カマス科/カマス属
学名:Sphyraena jello
英名:Pickhandle barracuda

ピックハンドルバラクーダ
全長:120cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島 水深:20m

タオ島で見れるバラクーダの仲間は4種類。
その中で、2番目にでっかいのがこれ。

体側に上部が斜めで下部が垂直になっている
黒色横帯が20本ほど入っていることと、
大きな黄色い尾鰭が目印だ。

群れる種では一番でかくて体長は軽く1mを超え、
それが何百匹と群れる姿は圧巻だ。
でも、頭の向きが揃わず隙間の多い群れを作り、
しかも近づいた分だけ遠くへ離れていくので、
写真ではイマイチ美しく撮れない・・・。
なかなかカメラダイバー泣かせの魚だ。

上手く撮るコツは、向こうから近づいてくる
シチュエーションに持っていくこと。

先頭の何匹かが、群れの方向を決めている場合が多いので、
むやみに追いかけず、よーく先頭集団の動向を観察し、
もうすぐ来る場所を見極め、気配を殺して待つ!

あと、他のダイバーが近づいた時もチャンス。
そのダイバーから逃げるように泳ぐので、
その先でこっそりカメラを構えて待つ!

一度試してみてね。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

ブラックコーラル

刺胞動物門・花虫(なはむし)綱・ツノサンゴ目・ウミカラマツ科
学名:Antipathes dichotoma (もしくはその仲間)
英名:Black coral

ブラックコーラル
撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島 水深:22m

通称ブラックコーラルと呼ばれている樹状の六放サンゴの仲間。
こいつの仲間が『黒珊瑚』として加工され装飾品となるらしい。

タオ島の海は、一風変わった海だと言われるが、魚だけでなく、
甲殻類はもちろん、サンゴやイソギンチャクに至るまで、
独特の生態系が育まれており、このブラックコーラルも、
他の海ではあまり見かけない種だが、タオ島近海では、
ポイントによっては一大群生地帯を作っている。

同じ仲間であるにも関わらず、黄、緑、ピンク、白などなど、
様々なカラーバリエーションが混在しながら茂っていて、
晴れた日に水中にも太陽の光が燦々と降り注ぐととても美しい。

しかし、綺麗だな~と思って写真を撮ると、
イメージとは全然違う色に写ったりする。
それは、水が色や光を吸収する性質を持っているから。
肉眼で見ているのは吸収されたあとの色で、
ストロボで照らして撮った場合には、
吸収される前の本来の色に近い状態で写るから。

僕が個人的に好きなのは白いブラックコーラル。
あまり水の影響を受けずに見たまんま綺麗に写るから。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

ウミエラカニダマシ

十脚目/異尾下目/カニダマシ科/ウミエラカニダマシ属
学名:Porcellanella triloba

ウミエラカニダマシ
甲長:1cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島 水深:10m

名前の通りウミエラをホストにし、葉状体の間に住んでいる。

カニダマシ属は、カニに似ているが、
ヤドカリなどの仲間(異尾類)に分類され、
腹部が頭胸甲下面に折りたたまれている。

ウミエラ
ホストになるウミエラ 全長:15cm 撮影者:大村健

タオ島で見るウミエラカニダマシは、
他の海に比べて、模様の紫色が濃いのが自慢で、
白地に紫の水玉模様はまるでカルピスの包装紙のよう。

ウミエラ自体が夜の方が元気なので、
ナイトダイブの方が簡単に見つけ、じっくり観察できる。

ここでは図鑑写真っぽくパキっと撮っているが、
絞りを開けてほんわりしたイメージで撮っても絵になる。
フォト派ダイバーに人気の被写体だ。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

うみ掃除

ごみ拾い
撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

今日は、水中のゴミ拾いダイビングをしてきました。
島を挙げての活動の一環で、それぞれのショップで、
担当エリアを決めて、ビーチや水中のゴミ拾いをするのです。

我がビッグブルーの担当は、島の南にあるロッキーベイ。
遠浅の入り江で、綺麗で静かなビーチがあり、
スノーケリングでブラックチップシャークが見れたりするので、
遊びに来る人が多い分、ゴミも落ちているのです。

ビッグブルーからは有志ダイバーが25人集まり、
6グループに別れ、それぞれ水中に落ちている
ゴミを沢山拾ってきました。

ルールは、比較的新しいゴミを拾い、
古いゴミは拾うかどうか判断するということ。

永らく水中に落ちていると、環境の一部となり、
生き物がそれを住処にするようになるのです。

写真は、菜穂美が空き瓶を拾うところ。
中も表面も何もいないことを確かめてから拾っています。

空きビン、空き缶、魚網、タイヤなどなど、
大きな籠に2杯くらい回収しました。

できるだけ、水中環境に悪影響を与えないよう
ダイビングを続けていきたいものです。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

スズメダイモドキ

スズキ目/スズメダイ科/スズメダイモドキ属
学名:Hemiglyphidodon plagiometopon
英名:Sweetlip Damsel

スズメダイモドキ幼魚
幼魚 全長:2cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島 水深:6m

スズメダイの仲間は、幼魚の時は可愛くて、
成魚になると不細工になるパターンが多い(と思う)が、
成魚の見た目のイケてなさと、幼魚の可愛さのギャップで言えば、
このスズメダイモドキがブッチギリのナンバー1だ。

スズメダイにしては異様にデカくて、縄張りに侵入してくる
ダイバーにアタックしてくるので、評判はすこぶる悪い。

幼魚の時はめちゃくちゃ可愛いく、成魚と異なる模様を持つ。
体側後部の眼状斑は、捕食者に対するフェイントで、
捕食者の思惑とは反対の方向へ逃げるためといわれる。

スズメダイモドキ若魚
若魚 全長:10cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島 水深:6m

少し成長すると、青い部分が無くなり、
全体的に黄色っぽくなってきて、眼状斑も消えてくる。

どうしてこんなに体色が変わるのか?

縄張り意識の強い種ほど、成長過程で体色が変わる傾向がある。
同じ模様でうろちょろしていると、大きな魚にシメられてしまうのだ。

スズメダイモドキ成魚
成魚 全長:15cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島 水深:7m

そして、ついに成魚らしい模様になれた!
それにしても、不細工やな~(笑)。
英名の『スウィートリップ』とはいったいどういうこと?

でもね、こんな不細工で憎たらしい奴でも、
その生態を知ると、微笑ましい目で見守ってあげらるようになる。

この種のスズメダイは、縄張りにある珊瑚のポリプをついばんで、
そこに藻類が発生するようにして、その藻類を餌として食べている。
まさに自給自足で、海のお百姓さんと呼ばれている。

苦労して耕した我が畑に怪しい進入者が入ってきたら
追い出そうとするのもうなずけるでしょ?

たまに、アイゴやブダイの集団に畑を荒らされて
途方にくれている姿を見かけると、ちょっと感情移入してしまう。。。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

フタホシタカノハハゼ 黄変個体

スズキ目/ハゼ科/イトヒキハゼ属
学名:Cryptocentrus sp
英名:Ventral-barred shrimpgoby

フタホシタカノハハゼ黄
全長:10cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島 水深:15m

テッポウエビの掘った穴に間借りさせてもらう代わりに、
入り口で見張り役を担当するので、共生ハゼと呼ばれる。

上の写真はフタホシタカノハハゼの黄変個体で、
色目の綺麗なコシジロテッポウエビと共生している。
両方にピントを合わせる為に、ちょうど、
ハゼの目とエビの目が並ぶタイミングでシャッターを切った。

テッポウエビは鋏をブルドーザーのようにして砂を運ぶので、
出てくる時に撮ると砂で綺麗な鋏が隠れてしまうので、
引っ込むタイミングを狙うのが撮るのがコツだ。

このハゼは気性が荒く、このブログの表紙の画像のように、
口や鰭が全開の写真も狙いやすい。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。