プロフィール

大村 健

Author:大村 健
BIG BLUE DIVING 代表
ガイド会 所属
タイの持つ二つの海を舞台に、年がら年中潜り続ける。趣味は水中写真で、愛する我が海を、美しく撮ってあげたい。

タイトルについて:
ニルバーナとは、涅槃(ねはん)や至福の境地という意味。水中での~んびりするってこと。何も考えずに、水中カメラのファインダーを覗いている時とても幸せなのです。

Takeshi Omura


takeshi_bigblueをフォローしましょう

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イバラカンザシ

環形動物門/多毛綱/ケヤリムシ目/カンザシゴカイ科/イバラカンザシ属
学名:Spirobranchus giganteus
英名:Christmas tree worm

イバラカンザシ
撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック、シミラン諸島 水深:6m

海のなかでは変な生き物を沢山見ることができる。
岩のようなサンゴの上に、青、赤、黄色、など様々な色をした
小さなクリスマスツリーのような生き物が群生している。

そぉっと近づき手をかざすと、ピュッっと引っ込んでしまう。
しばらくすると、じわじわ~と出てきて、また元の状体に戻る。

これ、実はゴカイの仲間。
本体はサンゴの中の棲管という管を形成してそこに隠れている。
らせん状の鰓冠と呼ばれる触手だけを表面に出し、
繊毛で水流を起こして呼吸や摂餌をしている。
この鰓冠が、とてもカラフルで、まるでクリスマスツリーのような
形をしているので、クリスマスツリーワームと呼ばれている。

タイの海は、イバラカンザシが異常に多くて、大きさに定評がある。

水中で写真を撮る時、イバラカンザシを絡めて撮ると、
作品に色を添えてくれるので重宝している。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

スポンサーサイト

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

ハープコーラル

刺胞動物門/花虫(はなむし)綱/ヤギ目
学名:Ctenocella pectinata
英名:Red whip coral

ハープコーラル
撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島 水深:20m

一風変わった生態系の海と言われるタオ島の海。
その風景を表現するひとつがこれ。
八放サンゴの仲間で、シルエットがハープ(竪琴)に似ている。

流れの速い岩壁に群生し、タオ島では、島の東側のポイント、
特にヒンウォンピナクルやシャークアイランドに多く見られる。

水中で見ると、ものすごく地味な存在。
その理由は、水の光と色を吸収する性質により、
赤から順番に吸収されるため、全体的に茶色っぽく見えるから。

だが、本当は、めちゃくちゃ鮮やかな赤い色彩をしている。
写真に撮る時は、しっかりとストロボの光を当てよう。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

ロクセンヤッコ

スズキ目/キンチャクダイ科/サザナミヤッコ属
学名:Pomacanthus sexstriatus
英名:Six-banded angelfish

ロクセンヤッコ
全長:45cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島 水深:20m

タオ島の魚は何でもデカいと定評があるが、
特にキンチャクダイの仲間はデカい!

このロクセンヤッコも、図鑑でMAXで45cmとあるが、
タオ島ではそのサイズがゴロゴロいる。
例えるなら、A3用紙サイズの奴がいっぱいいるということ。

しかも綺麗なので絵になる!

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

ヒメダテハゼ

スズキ目/ハゼ科/ダテハゼ属
学名:Amblyeleotris steinitzi
英名:Steinitz's Shrimp-goby

ヒメダテハゼ
全長:7cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島 水深:10m

ヒメダテハゼの自慢は大きなヒレ。
そのヒレが全開のところを撮ってあげよう。

普段はテッポウエビの掘った穴に下半身を1/3ほど隠して、
ヒレは閉じてダラリとしている。

喧嘩や求愛など、何か自己主張したいときには
穴から出てきてヒレを全開にする。
あと、欠伸やのびをするように、訳もなく開く時もある。

そんなに気長に待ってられないと思うので、
ガイドに、ヒレが開きそうな個体を教えてもらうといい。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

セスジミノウミウシ

頭楯目/ミノウミウシ亜目/サキシマミノウミウシ科/Flabellina属
学名:Flavellina rubrolineata
英名:Red-Lined Flabellina

セスジミノウミウシ
全長:2.5cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島 水深:23m

タオ島周辺の海は、やたらめったらイボ系のウミウシが多い。
いたるところイボだらけ・・・

その中で、ひときわ華があるのが、美しいミノウミウシの仲間で、
このセスジミノウミウシは、時期によって大量発生し人気を呼ぶ。

ちょっと小技を使って撮ると、この質感というか透明感を表現できる。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

マツカサウオ

キンメダイ目/マツカサウオ科/マツカサウオ属
学名:Monocentris japonica
英名:Pinecone fish

マツカサウオ
左 全長:6cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック 水深:14m

岩の隙間にいるマツカサウオの幼魚(左)を撮っていたら、
ミナミハコフグの幼魚(右)がピコピコ泳いでやって来た。

で、かわいい2匹のちびっ子対面。

ちっちゃくて、泳ぎが苦手で、いつも隠れているマツカサウオ幼魚も、
もっと小さいハコフグ幼魚には、強気なご様子。
でも、将来的には、ハコフグのほうが断然大きくなるからね。

マツカサウオは、硬い大きなウロコでおおわれた体が、
松かさ(Pinecone)に似ていることから命名された。

下あごの先に発光バクテリアを共生させて発光することが
水族館が停電になった時に発覚したとか。

同種間のコミュニケーションのため?
暗闇で餌をおびき寄せるため?
諸説があるが、何のための発光なのだろう?

ちなみに、この魚、とても美味しいらしい・・・

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

タテジマヘビギンポ

スズキ目/ヘビギンポ科/クロマスク属
学名:Helcogramma striata
英名:Striped Threefin

タテジマヘビギンポ
全長:3cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島 水深:7m

ごくごくありふれた種かも知れないが、
被写体としてはとても人気がある。
理由は、決まった場所にじっとしているので撮りやすいから。

撮影のコツは・・・

1.周囲に綺麗な色がある個体を選ぶ (イバラカンザシなど)
2.撮りやすい個体を選ぶ (自分が安定した姿勢で撮れる)
3.どこかに行ってもまた戻ってくるので、目移りしないで粘る

ってところかな。

ちなみに、この写真は夜に撮ったわけではない。
露出(シャッタースピードと絞りの関係)の調整で、
水の色を青くしたり、黒くしたりできる。
この場合は、奥のイバラカンザシが青色なので、
色が被らないように、わざと黒く落としている。

それにしても、このイバラカンザシは根性がある。
乗っかられて、よくもまあ、引っ込まないものだ・・・

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

ヨロイウオ

トゲウオ目/ヘコアユ科/ヨロイウオ属
学名:Centriscus scutatus
英名:Rigid Shrimpfish

ヨロイウオ
全長:15cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島 水深:15m

いつも頭を下にして泳いでいる変な習性の魚。
この写真では、一番下が口、一番上が背鰭、
向かって左が背中、右がお腹。

サンゴなど縦に茂った障害物に紛れる擬態上手。
ダイバーが近づくと、お腹側をこちらに向け、
身体の幅が薄っぺらいので、さらに見つけにくくなる。
ただし、本気で逃げる時は横になる。

そっくりのヘコアユとの見分け方は、
『背鰭第一棘に関節が無くて動かず・・・』
と図鑑にあるが、自然環境で見分けることは難しい。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

フィラメンタスブレニー

スズキ目/イソギンポ科/タテガミカエルウオ属
学名:Cirripectes filamentosus
英名:Filamentous blenny

フィラメンタスブレニー3
全長:7cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島 水深:6m

こいつの正式名称がなかなか出てこなかった。
似てるが、ベニツケタテガミカエルウオともちょっと違う。

よくよく調べた結果、おそらくこれが正解・・・

・身体の色は濃い茶色がベース
・ほっぺに赤い小さな斑点がある
・鼻の辺の模様は赤い線になっている
・虹彩(アイリス)は金色
・目の周りに赤いリング状の模様
・首のあたりのふさふさ

などなどの条件がぴったり一致・・・
さては、君はフィラメンタスブレニーだな!

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

ニュウドウダテハゼ

スズキ目/ハゼ科/ダテハゼ属
学名:Amblyeleotris fontanesii
英名:Giant prawn-goby

ニュウドウダテハゼ
全長:17cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島 水深:26m

『入道』という言葉を調べてみたら・・・

・仏道に入って修行する人
・在家のままで出家の相をなす人
・坊主頭の妖怪

たぶん、最後のが、このハゼの名前の由来なんやろう。
英名も『ジャイアント』やからね。
とにかく、めちゃくちゃデカく、全長は20cmに達する。

見よ!この美しい臀鰭を!
小さくて可愛いだけがハゼの魅力ではないのだ!

生息環境は、内湾性の砂泥底ということで、
タオ島周辺には沢山いる。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

チョウチョウコショウダイ(幼魚)

スズキ目/イサキ科/コショウダイ属
学名:Plectorhinchus chaetodonoides
英名:Clown Sweerlips

チョウチョウコショウダイ幼魚
全長:1cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島 水深:4m

幼魚マニアに絶大なる人気を誇るアイドル。
頭を下にして、クネクネと踊るように泳いでいる姿がキュート。
ま、例に違わず、成魚になると不細工になるが・・・

何でまた、こんな変な行動をしているかというと、
一説では、毒のあるヒラムシに擬態しているとか。
つまり、捕食者の目を欺き、食べられないよう進化してきたと。

ものすごい回転数でクネクネ踊りしているのだけれど、
静止画では表現しづらいなぁ。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。