プロフィール

大村 健

Author:大村 健
BIG BLUE DIVING 代表
ガイド会 所属
タイの持つ二つの海を舞台に、年がら年中潜り続ける。趣味は水中写真で、愛する我が海を、美しく撮ってあげたい。

タイトルについて:
ニルバーナとは、涅槃(ねはん)や至福の境地という意味。水中での~んびりするってこと。何も考えずに、水中カメラのファインダーを覗いている時とても幸せなのです。

Takeshi Omura


takeshi_bigblueをフォローしましょう

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コバンザメ

スズキ目/コバンザメ科/コバンザメ属
学名:Echeneis naucrates
英名:Sharksucker

コバンザメ2
全長:30cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

大きな生き物にくっ付いて、身の安全を確保しつつ、
おこぼれ(食べるもの)まで頂戴するというお調子者。
人間でもいるよね、こういうタイプ・・・

名前の由来は、第一背鰭が変化して、
小判のような形をした吸盤になっているから。(上写真)

この吸盤が、めちゃくちゃ吸引力が強くて、
海ガメ漁で、紐をつけたコバンザメを泳がせ、
カメにくっ付かせると、そのまま引き上げられるとか!

たまに、ダイバーにもくっ付こうとするが、
ウェットスーツ越しならいいけど、
素肌に吸い付かれると結構痛いんすよ、これが。

コバンザメ1
撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

この写真は、ジンベエザメを下から撮ったもの。

お腹に張り付いているのがコバンザメで、
ちょっと離れた、回りを泳いでいるのは、
よく似ているけど、『スギ』という別種の魚。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

スポンサーサイト

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

ミジンベニハゼ

スズキ目/ハゼ科/ミジンベニハゼ属
学名:Lubricogobius exiguus
英名:Yellow pygmy-goby

ミジンベニハゼ
全長:2.5cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

カワイィ~!

・・・と、女性ダイバーに人気のミジンベニハゼ。
実際、この写真を撮っていた時、
背後で荒い鼻息・・・、いや、呼気の音がするので、
振り返ってみると、興奮気味のうちの女性スタッフがいた・・・

この写真のミジンベニハゼのペアは、
『M-150』という、タイの『リポビタンD』
みたいなのの空き瓶に住みついている。

海に落ちている瓶や缶というと、もともとはゴミ。
そもそも、海に捨てないのが一番いいのだけど、
それらがしばらく海の底に沈んでいると、
いろんな生物が住みつき始める。

こうなると、もう、ゴミというより、
生物の棲家ということになり、
ここに隠れて身を守ったり、繁殖行動をしたり、
自然環境の一部となってしまう。

なので、ゴミ拾いする時には要注意。
そのままにしておいてあげたほうがいい場合もある。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

オビイシヨウジ

トゲウオ目/ヨウジウオ科/イシヨウジ属
学名:Corythoichthys amplexus
英名:Brown-banded pipefish

オビイシヨウジ
全長:8cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

小さな顔に大きな目、尖がった口を持ち、
ひょっとこみたいな顔で愛嬌いっぱいのヨウジウオの仲間。

岩の隙間で、単体、もしくは小さなばらけたグループで、
岩の表面をチョロチョロと這い回っている。

この種も、タツノオトシゴの仲間のように、
雄が卵を育てる習性がある。

~育児嚢の皮しゅうの発達程度が低く産着卵塊の大部分は露出~
(図鑑『日本の海水魚』より抜粋)

するので、肉眼でも、卵を抱えているところを見ることができるよ。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

ベニツケサツキハゼ

スズキ目/クロユリハゼ科/サツキハゼ属
学名:Parioglossus philippinus
英名:Philippine dartfish

ベニツケサツキハゼ
全長:4cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

『摩訶不思議』と称される、シャム湾、タオ島の海。
それを体現している魚のひとつがこれ。

そもそも、サツキハゼ属の種は、
河川汽水域や内湾の岩礁性海岸などに生息し、
マングローブ帯の水深1mあるかないかという、
あまり一般ダイバーが潜らないエリアに生息している。

しかし、ここ、タオ島の海では、
ジンベエザメや、バラクーダやアジの大群が見られる
沖合いの隠れ根で、サツキハゼの仲間が群れている。

ログブックの同じページに、
『ジンベエザメ』と、『ベニツケサツキハゼ』とを、
一緒に書けるのは、タオ島ならではなのでは!?

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

ローミングダムゼル (オキスズメダイ)

スズキ目/スズメダイ科/オキスズメダイ属
学名:Pristotis obtusirostris
英名:Roaming Damsel

ローミングダムゼル
全長:12cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

前に、下記の記事を書いていたら、本当に増えてきて、
そこらじゅうで見れるようになって来たので、
加筆&写真も美しい成魚のものに差し替えまーす。

↓以下、過去の記事

閉鎖海域のシャム湾は、とても偏った生態系を育んでいる。
ある種は爆発的に多いが、ある種は全くいない。
そんな海で永らく潜っていると、あれっ!?こんな魚は見たこと無いぞ、
というのがたまに出てきて、そういう魚が突然増えだすこともある。

このスズメダイの仲間は、僕自身、タオ島で何千本と潜ってきて、
たったの2回しか見ていない。(2個体×2回のトータル4個体)

果たして、これから増え始めるか・・・、それともすぐいなくなるか・・・
同じ海でも少しずつ変わっていくのが面白い。

ところで、この魚には、和名としてオキスズメダイというのがあるが、

オキスズメダイ
学名:Pristotis jerdoni (1873年記載)は、

ローミングダムゼル
学名:Pristotis obtusirostris (1862年記載)の

幼魚のシノニム(異名同種)とされているらしい。

jerdoniよりもobtusirostrisの方が早く記載されているので、
先取権の原則により後者の学名が採用されており、
ここでも、ローミングダムゼルという名前を採用している。

※この件につきまして、魚鑑定の権威である瀬能先生をはじめ、
魚の生態に詳しい水中写真家の大方先生、ガイド会仲間のガルーダ氏に
アドバイスいただきましたこと、この場をかりてお礼申し上げます。


タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

コクテンハギ

フグ目/カワハギ科/コクテンハギ属
学名:Pseudomonacanthus macrurus
英名:Spotted filefish, Strap weed filefish

スポッテドファイルフィッシュ
全長:20cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

砂地を探索しに行くと、たま~に見かける変な魚。
ペアでいることが多く、一匹見つけると、
たいがい近くにもう一匹見つかる。

体表に皮弁が生えているが、
ヒゲハギほど長く多くはない。

近づいてじろじろ見ていると、興奮するのか、
周囲の環境に擬態しようとするのか、
ころころ体色が変わるのが面白い。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

アデヤカミノウミウシ

裸鰓目/ミノウミウシ亜目/サキシマミノウミウシ科/サキシマミノウミウシ属
学名:Flavellina exoptata
英名:Much-Desired Flabellina

アデヤカミノウミウシ
全長:2.5cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

ウミウシ・・・

貝の仲間で、貝殻が縮小したり消滅した生き物。

一対の触覚があり、牛の角のようなので"海牛(ウミウシ)"
ちなみに、マナティーやジュゴンは"海牛(カイギュウ)"

ミノウミウシの仲間は、背面に"蓑"のようなフサフサを持っていて、
毒のある刺胞動物を食べて、毒素を、その突起部に貯めるという
面白い生態を持っている。(盗刺胞という)

この写真は、"アデヤカミノウミウシ"
名前の通りとっても艶やかで、僕の一番好きなウミウシだ。
こいつの派手な体色も、毒をもっている警戒色と考えられる。
確かに美味しそうではない・・・

形が面白くて、色が綺麗で、さらに動きがゆっくりなので、
観察や撮影にもってこいの海の宝石。
今度、じっくりゆっくりウミウシウォッチングをしてみたら?

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

キモガニ

オウギガニ科/キモガニ属
学名:Cymo melanodactylus
英名:?

キモガニ
甲長:2cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

『実物を見てみたい、変わった名前の生物ランキング』
http://ranking.goo.ne.jp/ranking/082/funnyname_life/
というのがあり、キモガニが第15位にランクインされていた。

ちなみに、堂々の一位は"オジサン"(ヒメジの仲間)で、
他にも海の生物としては、"ネジリンボウ"や"ハクションクラゲ"、
"テズルモズル"、"スベスベマンジュウガニ"などランクイン。

最初、黄(色の)藻蟹かと思ったら、キモ(イ)蟹だった。
可哀想な名前を付けられた動物の筆頭と言えるだろう。

う~ん、アップで見ると確かにキモイ・・・
ゲゲゲの鬼太郎に出てくる妖怪みたい・・・

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

オニアジ

スズキ目/アジ科/オニアジ属
学名:Megalaspis cordyla
英名:Finny scad

オニアジ
全長:30cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

タイでは、アンダマン海のリチェリューロックや、
シャム湾のチュンポンピナクルなどでごくごく普通に見られるが、
実は、割と珍しい種らしく、図鑑にもあまり載っていなくて、
ネットで調べてたら"珍魚"なんて言われていたりする。

そんな珍魚も、チュンポンピナクルでは、千・万単位でで群れていて、
透明度の続く限り延々と連なり泳ぎ流れていく様は圧巻だ。
この写真でも、それぞれが少し上を向いたり下を向いたりしているが、
泳ぎ方に特徴があり、ジグザグ上下運動しながら進んでいく。

美味だが、日本では漁獲高が低くて滅多に食べられないという。
火を通すよりも刺身で食べたほうが美味しいらしいが、
タイの暖かい水温の海では、きっと絞まりの無い味なんやろうね。

味のことはともかく、タイに潜りに来たら、要チェックの魚種のひとつだ。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

ウケクチノホソミオナガノオキナハギ

フグ目/カワハギ科/Anaconthas属
学名:Anacanthus barbatus
英名:Bearded leatherjacket

ウケクチノホソミオナガノオキナハギ
全長:25cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

ウケクチノ ホソミオナガノ オキナハギ (17文字)

長い名前の魚の日本チャンピオンだ。

訳すと、受け口で、体が細長くて尾が長く、
(髭があって)翁のようなハギってこと。
五・七・五調になっているところが渋い。

命名した学者さんが、酒の席で思いついた名前で、
本当は続き(下の句?)もあったが、
いくらなんでもやり過ぎということで削除したらしい。

それでも、元日本一長い名前の、
ミツクリ エナガ チョウチン アンコウ (16文字)
を一文字抜いた。

ロープなどに寄り添って隠れている(つもりだがバレバレ)。

超レアもので、タイの海でも滅多に出没しなく、
たまに見るときは、大抵いつも僕自身がガイド中・・・
今回、やっと撮影することができた。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。