プロフィール

大村 健

Author:大村 健
BIG BLUE DIVING 代表
ガイド会 所属
タイの持つ二つの海を舞台に、年がら年中潜り続ける。趣味は水中写真で、愛する我が海を、美しく撮ってあげたい。

タイトルについて:
ニルバーナとは、涅槃(ねはん)や至福の境地という意味。水中での~んびりするってこと。何も考えずに、水中カメラのファインダーを覗いている時とても幸せなのです。

Takeshi Omura


takeshi_bigblueをフォローしましょう

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴルゴニアンシュリンプ

十脚目/モエビ科/トガリモエビ属
学名:Tozeuma armatum
英名:Gorgonian shrimp

ゴルゴニアンシュリンプ
全長:7cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

珍しくて、形が面白く、色も綺麗と、3拍子揃った人気者。

レアものだが、タイのタオ島の海では、時期により大量発生し、
適当に泳いでいるだけで、10匹くらい見つけることもある。

ゴルゴニアンという変わった名前は、ヤギ類の英名総称で、
このエビが住処としている生物(ホスト)から由来している。

隠れんぼが上手で、細長いヤギ類に、頭を下にして付いているが、
ダイバーが近づいてくるのを察知すると、クルっと反対側に隠れる。

こういう、細長い生物は、写真の構図に収めるのが難しい。
いろいろ工夫を凝らすが、どうしても隙間が多くできてしまうから。

タオ島の砂地には、ゴルゴニアンシュリンプの付くヤギ類と、
カラフルなトサカ類が同じエリアに生息する場所がある。
トサカの黄色いポリプの色が、上手く背景を埋めてくれた。

その海を良く知っているガイドさんに、
背景選びのアドバイスしてもらうといいよ。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

スポンサーサイト

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

オレンジリーフゴビー

スズキ目/ハゼ科/イレズミハゼ属
学名:Priolepis nuchifasciata
英名:Orange reef-goby

イレズミハゼ属の1種
全長:2cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

美しいオレンジ色の体色に風変わりな模様を持つ
かわいいイレズミハゼの仲間。

イレズミハゼ属の仲間は、同属他種と互いに似通っていて、
小さいこともあり、肉眼で判別するのは難しい。

写真を撮ってよ~く見てみると、
第一背鰭の第二棘だけ伸長しており、
アミメベンケイハゼのような網目模様が体側にあり、
体背側から伸びる数本の横帯は途中で不明瞭になる、
などの特徴を持つ。

多分、Priolepis nuchifasciataで正しいと思われる。

巣穴に隠れることもあるが、
割と度胸の据わっているところがあり、
観察したり、写真に撮るのは簡単だ。

ちっちゃくて可愛いのが好きな人はリクエストしよう。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

タンザクハゼ

スズキ目/クロユリハゼ科/タンザクハゼ属
学名:Oxymetopon compressus
英名:Robust ribbon-goby

リボンゴビー
全長:10cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

普通のポイントで見かけない種は発見が遅れがちで、
この海にはいないのではないか!?と思われがちだが、
飽くなき調査ダイブで、いくらでも未記録種が出てくる。

このタンザクハゼ(英名:リボンゴビー)の仲間、
不思議な体型と、怪しげに光る美しい体色で、
通なダイバーにはとても人気があり、
前々から、是非、うちの海にも欲しいと思っていたけど、
なかなか見つけられなかった種類のひとつだ。
いざ見つけてみると、実はいっぱいいる。

発表していない掘り出し物もいろいろ見つけてるので、
今後の展開をお楽しみに!

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。