プロフィール

大村 健

Author:大村 健
BIG BLUE DIVING 代表
ガイド会 所属
タイの持つ二つの海を舞台に、年がら年中潜り続ける。趣味は水中写真で、愛する我が海を、美しく撮ってあげたい。

タイトルについて:
ニルバーナとは、涅槃(ねはん)や至福の境地という意味。水中での~んびりするってこと。何も考えずに、水中カメラのファインダーを覗いている時とても幸せなのです。

Takeshi Omura


takeshi_bigblueをフォローしましょう

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤイトハタ

スズキ目/ハタ科/マハタ属
学名:Epinephelus malabaricus
英名:Malabar Grouper

ヤイトハタ
全長:120cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

岩が動いた~っ!?
と、ビックリしたら、それは巨大なヤイトハタだった。

チュンポンピナクルの根には、大きなハタがたくさん居ついていて、
岩の上のクリーニングステーションにでんっと陣取っている。
口や鰓を全開にして、ホンソメワケベラに体をつつかせている姿は
まさに大物の威厳たっぷり。。。

でも、そんなヤイトハタ君も、
もっと大きなジンベエザメが出た時は大変だ。

普段はちやほやしてくれるダイバーたちが、
みんなジンベエの方へ行ってしまうことにジェラシーなのか!?
中層まで上がって来て、ダイバーの周りをうろつくのだ!
俺だって大きいんだゾ!と、対抗心を燃やしているように見える。
(↑実話)

そんなお茶目な一面もある。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

スポンサーサイト

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

ギンガメアジ

スズキ目/アジ科/ギンガメアジ属
学名:Caranx sexfasciatus
英名:Big-eye Trevally

ギンガメアジ2
全長:30cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

タイの海は魚影がとても濃い。
それは魚の餌となるプランクトンが豊富だから。
その分、透明度は落ちるけれど、
それでもやっぱり、魚がいっぱいいる海がいい。

その魚影の濃さを表現するのはこれが一番。
セイルロックのギンガメアジ!

沸いて出てくるように視界を埋め尽くす魚群の壁。
群れの向こうの海の青色が見えないくらい圧倒的な数。

360度、魚に巻かれる感動・・・
是非、体験して欲しい。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

ヤスジチョチョウウオ

スズキ目/チョウチョウウオ科/チョウチョウウオ属
学名:Chaetodon octofasciatus
英名:Eight-banded butterflyfish

ヤスジチョウチョウウオ
全長:5cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

吉野雄輔さんが『ハンディ図鑑 日本の海水魚』を出された。
ダイバーの使い易さを重視するというコンセプトで作られ、
持ち運びやすい大きさで、普通の海で見られる魚を紹介している。
よくぞまあと感心するほど、沢山の綺麗な写真で幅広く網羅されている。

瀬能宏先生が監修していて、分布域をはじめ、最新の情報をもとに、
解説も充実しているので、われわれ現地ガイド陣も重宝する一冊だ。
なので、自分の海で見られる魚種の解説をじっくり読んで、
ブリーフィングやログ付け、ガイディングのヒントとして役立てている。

これによると、ヤスジチョウチョウウオは『やや貴種』ということらしい。
タオ島にはめちゃくちゃいっぱいいるので、もう少し重宝するとしよう。。。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

パンダダルマハゼ

スズキ目/ハゼ科/ダルマハゼ属
学名:Paragobiodon lacunicolus
英名:Blackfin coral goby

パンダダルマハゼ
全長:2cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

僕の中で、可愛いさかなランキングNo.1のパンダちゃん。

顔はオレンジ色だが、まっ白いボディーに
真っ黒な鰭という色彩パターンがパンダっぽい。

表情が愛らしい人気のダルマハゼ属の中でも、
その模様と絶妙のネーミングから、
マクロ派の絶大なる人気を誇っている。

ハナヤサイサンゴの奥深くに隠れて生息しているので、
観察&撮影はめちゃくちゃ難しいけれど、
通常、浅いところにいることが多いので、
安全停止中の時間つぶしにはもってこいだ。

この2匹はカップルで、ちょうどこの時は卵を産んで、
二匹で協力して育てているところ。

いっぱい産まれて、もっと増えればいいのになぁ。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

ガンガゼ

ウニ綱・ガンガゼ目・ガンガゼ科
学名:Diadema setosum
英名:Longspine black urchin

ガンガゼ
全長:棘20cm、殻10cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

タイ、シャム湾、パタヤにはガンガゼが死ぬほどいるので、
中性浮力の練習にもってこいだとか。(笑)

同じシャム湾に位置するタオ島にも結構たくさんいる。

殻の頂上にあるオレンジ色の袋上のが肛門で、
見てると、たまにウンコがぽろぽろ出てくる。
餌を食べる口は、海底に面した体の下に位置している。
肛門の周辺にある5つの白いは目にあたる部分。
光を感知して、身を守るために針(棘)を動かす。
たしかに、手をかざし動かすと、それにあわせてわさわさ動く。

この写真は、わざとピントをずらして撮ってみた写真。
一見地味な被写体も、視点を変えると以外に面白いかも。

でも、写真を撮るときは、針に毒があるので要注意。。。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

ベニサシコバンハゼ

スズキ目/ハゼ科/コバンハゼ属
学名:Gobiodon histrio
英名:Broad-barred goby

ブロードバードゴビー
全長:3cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

タオ島の海の浅瀬のサンゴを覗くといっぱいいるのがコイツ。

アカテンコバンハゼに似ているが、点が繋がって線になっている感じ。
また、シュオビコバンハゼってのがいて、これまた似ているというか、
ほとんど区別がつかないくらいで、シュオビ~はベニサシ~の
シノニム(幼魚の異種同名)という説もあるらしい。

↓マメ知識

コバンハゼ属の魚は、性転換をする性質が知られている。
なんと、自分たちの都合で、オスからメスにも、
メスからオスへも変われるのだ!(これを双方向性転換という)

枝状のサンゴの中という、非常に狭い世界に住んでいる以上、
同じサンゴ内に住んでいるもの同士で性交する必要があるので、
もし、同性同士のペアの場合は、どちらかが性転換をすることにより、
互いの子孫を後世に残せるという離れ業をもつのだ。

人間も、おっさん二人を無人島においておいたらそのうち・・・

有り得ないけど、想像したら気持ち悪る~!

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。