プロフィール

大村 健

Author:大村 健
BIG BLUE DIVING 代表
ガイド会 所属
タイの持つ二つの海を舞台に、年がら年中潜り続ける。趣味は水中写真で、愛する我が海を、美しく撮ってあげたい。

タイトルについて:
ニルバーナとは、涅槃(ねはん)や至福の境地という意味。水中での~んびりするってこと。何も考えずに、水中カメラのファインダーを覗いている時とても幸せなのです。

Takeshi Omura


takeshi_bigblueをフォローしましょう

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カスミアジ

スズキ目/アジ科/ギンガメアジ属
英名:Blue-fin Trevally
学名:Caranx melampygus

カスミアジ
全長:35cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック

アンダマン海でよく見るアジといえばこれ。
図鑑では40cmくらいになると記載されているが、
コ・タチャイでは、まるでロウニンアジかと思うほど巨大な
実際70cm程もあるだろう個体も見れる。

英名はブルーフィントリバリーといって、
その名の通り、とても綺麗な青いヒレを持つ美しい魚。
編隊を組んで中層を徘徊する姿は勇壮だ。

この写真は、サンゴの根に大量についている
スカシテンジクダイを捕食するカスミアジの図。
集団で襲うことによって、被捕食者をかく乱し
凄いスピードで食い散らかす姿は圧巻!

そのシーンを、臨場感あふれるイメージで切り取ろうと
パシャパシャ撮っていたら、カメラの前に3枚並んで
とてもスピード感の無い写真になった。(笑)

魚屋か!

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

スポンサーサイト

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

ハナダイギンポ

スズキ目/イソギンポ科/ニラミギンポ属
英名:Midas blenny
学名:Ecsenius midas

ハナダイギンポ5
全長:13cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック

可愛い表情で人気のハナダイギンポちゃん。
口がいつも半開きで、まるで笑っているように見える。

名前のとおり、サイズ、体色がハナダイに似ている。
ギンポなのにハナダイに混じって泳ぎ回っている。
でもそこはやっぱりギンポなので、
ダイバーが近づくと巣穴に隠れてしまう。

でも、あ~あ、隠れちゃった、と残念がる必要はない。
巣穴から顔を出してこちらの様子を窺っている。
その姿こそが、とても可愛いのだ。
顔から下が隠れているので安心しているのだろう、
かなり近づいてじっくり観察したり撮影したりできる。

アンダマン海にはそこらじゅうにいっぱいいるし、
背景もカラフルなカイメンやソフトコーラルが付いていて、
なかなか絵になるのだ。
カオラックに来たら、是非、狙ってみてね。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

イヤースポットブレニー

スズキ目/イソギンポ科/タテガミカエルウオ属
英名:Ear-spot blenny
学名:Crripectes auritus

イヤースポットブレニー5
全長:8cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック

可愛いカエルウオの仲間。
耳(イヤー)っぽい黒斑点(スポット)があるから
"イヤースポットブレニー"
インド洋~西部太平洋に分布するが、日本では見られない。

性格は臆病でチョロチョロと逃げ回るが、
じっくり時間をかけてアプローチすると、
最終的には心を許してくれるタイプだ。(笑)

この写真は、"ギンポ山"という場所で撮ったもの。
元気に群生するソフトコーラルの中に住んでいるので、
カラフルで美しい色の背景にのせて撮ることができた。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

クダゴンベ

スズキ目/ゴンベ科/クダゴンベ属
英名:Longnose hawkfish
学名:Oxycirrhites typus

クダゴンベ
全長:13cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック

変な名前の魚。
漢字で書くと、"管権兵衛"

"クダ"は"管"のことで、細長く伸びている吻(口のこと)が
管のようだから、というのが名前の由来だとか。
でも、実際は、吻は管状にはなっていなくて、
写真の通り、鳥の嘴のようにパカっと上下に開くのでした・・・

"ゴンベ"とは・・・、昔(江戸~大正)の子供の髪型のことで、
ぼんのくぼ(うなじの中央の窪み)の産髪だけ剃り残す髪風俗で、
ゴンベ科の魚の背鰭の第1軟条が、長く糸状にのびて、
権兵衛の髪型みたいというのが命名の由来で、
"権兵衛"→"ゴンベイ"→"ゴンベ"となったとか。

チェック柄の模様は、生息環境に上手く身を隠すためと考えられ、
こういうのを"隠蔽擬態"と言う。(対して"攻撃擬態"というのもある)
この美しい色・模様と、愛嬌のある表情で、
フィッシュウォッチング派や水中写真派に絶大な人気がある。

希種とされるが、カオラックの海では、割と良く見かける。
潮通しの良いソフトコーラル類が発達した環境に生息するが、
そういう場所がいっぱいあるからだろう。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。