プロフィール

大村 健

Author:大村 健
BIG BLUE DIVING 代表
ガイド会 所属
タイの持つ二つの海を舞台に、年がら年中潜り続ける。趣味は水中写真で、愛する我が海を、美しく撮ってあげたい。

タイトルについて:
ニルバーナとは、涅槃(ねはん)や至福の境地という意味。水中での~んびりするってこと。何も考えずに、水中カメラのファインダーを覗いている時とても幸せなのです。

Takeshi Omura


takeshi_bigblueをフォローしましょう

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミナミハコフグの幼魚

フグ目/ハコフグ科/ハコフグ属
英名:Yellow boxfish
学名:Ostracion cubicus

ミナミハコフグ幼魚
全長:2cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック

こんなに可愛い生き物が他にいるだろうか!?
と、思ってしまうほど、愛嬌たっぷりのミナミハコフグのちび。

ほとんど一頭身で、顔にしっぽが付いているように見える。
真ん丸い体型に、黄色地に黒い水玉模様の体色もキュート。

そして何より、挙動が面白い。

臆病なので、ダイバーの視線に気づくと逃げようとするのだが、
泳ぎが得意ではないので、全速力でもかなりスロー。
背後は見えないようで、ひとしきり真っ直ぐ泳いだら、
上手く振り切れたかな~?と、恐る恐るこっちを振り向くんだけど、
そのときの、『げっ、まだいてるやん・・・』という顔がめちゃ可愛い。

ただ今、リチェリューロックに大量発生中!
可愛いからといって、あまり追い掛け回さないであげてね。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

スポンサーサイト

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

フリソデエビ

十脚目/フリソデエビ科/フリソデエビ属
英名:HarlequinShrimp
学名:Hymenocera picta

フリソデエビ7
全長:4cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック

フリソデエビ/振袖海老

鋏(はさみ)が着物の振袖(ふりそで)みたいだから命名。
珍しくて、面白い形で、色が綺麗で、超~人気モノだ!

ヒトデを食べるのだが、食べるヒトデの色で、
体色が青っぽくなったり、赤っぽくなったりするという。

この写真は、リチェリューロックのフリソデ君。
どこぞのダイブショップの人たちが、
この海域の、水中生物ノータッチルールを破って、
餌となるヒトデの足を切って持ってきていていた。

赤いヒトデ(写真右下)と青いヒトデ(写真左上)があるのだが、
このように2色ある場合、どういう体色になっていくのかなぁ?

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。