プロフィール

大村 健

Author:大村 健
BIG BLUE DIVING 代表
ガイド会 所属
タイの持つ二つの海を舞台に、年がら年中潜り続ける。趣味は水中写真で、愛する我が海を、美しく撮ってあげたい。

タイトルについて:
ニルバーナとは、涅槃(ねはん)や至福の境地という意味。水中での~んびりするってこと。何も考えずに、水中カメラのファインダーを覗いている時とても幸せなのです。

Takeshi Omura


takeshi_bigblueをフォローしましょう

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラックコーラル

刺胞動物門・花虫(なはむし)綱・ツノサンゴ目・ウミカラマツ科
学名:Antipathes dichotoma (もしくはその仲間)
英名:Black coral

ブラックコーラル
撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島 水深:22m

通称ブラックコーラルと呼ばれている樹状の六放サンゴの仲間。
こいつの仲間が『黒珊瑚』として加工され装飾品となるらしい。

タオ島の海は、一風変わった海だと言われるが、魚だけでなく、
甲殻類はもちろん、サンゴやイソギンチャクに至るまで、
独特の生態系が育まれており、このブラックコーラルも、
他の海ではあまり見かけない種だが、タオ島近海では、
ポイントによっては一大群生地帯を作っている。

同じ仲間であるにも関わらず、黄、緑、ピンク、白などなど、
様々なカラーバリエーションが混在しながら茂っていて、
晴れた日に水中にも太陽の光が燦々と降り注ぐととても美しい。

しかし、綺麗だな~と思って写真を撮ると、
イメージとは全然違う色に写ったりする。
それは、水が色や光を吸収する性質を持っているから。
肉眼で見ているのは吸収されたあとの色で、
ストロボで照らして撮った場合には、
吸収される前の本来の色に近い状態で写るから。

僕が個人的に好きなのは白いブラックコーラル。
あまり水の影響を受けずに見たまんま綺麗に写るから。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

スポンサーサイト

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

<< ウミエラカニダマシ | ホーム | ピックハンドルバラクーダ >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。