プロフィール

大村 健

Author:大村 健
BIG BLUE DIVING 代表
ガイド会 所属
タイの持つ二つの海を舞台に、年がら年中潜り続ける。趣味は水中写真で、愛する我が海を、美しく撮ってあげたい。

タイトルについて:
ニルバーナとは、涅槃(ねはん)や至福の境地という意味。水中での~んびりするってこと。何も考えずに、水中カメラのファインダーを覗いている時とても幸せなのです。

Takeshi Omura


takeshi_bigblueをフォローしましょう

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウミエラカニダマシ

十脚目/異尾下目/カニダマシ科/ウミエラカニダマシ属
学名:Porcellanella triloba

ウミエラカニダマシ
甲長:1cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島 水深:10m

名前の通りウミエラをホストにし、葉状体の間に住んでいる。

カニダマシ属は、カニに似ているが、
ヤドカリなどの仲間(異尾類)に分類され、
腹部が頭胸甲下面に折りたたまれている。

ウミエラ
ホストになるウミエラ 全長:15cm 撮影者:大村健

タオ島で見るウミエラカニダマシは、
他の海に比べて、模様の紫色が濃いのが自慢で、
白地に紫の水玉模様はまるでカルピスの包装紙のよう。

ウミエラ自体が夜の方が元気なので、
ナイトダイブの方が簡単に見つけ、じっくり観察できる。

ここでは図鑑写真っぽくパキっと撮っているが、
絞りを開けてほんわりしたイメージで撮っても絵になる。
フォト派ダイバーに人気の被写体だ。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

スポンサーサイト

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

<< うみ掃除 | ホーム | ブラックコーラル >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。