プロフィール

大村 健

Author:大村 健
BIG BLUE DIVING 代表
ガイド会 所属
タイの持つ二つの海を舞台に、年がら年中潜り続ける。趣味は水中写真で、愛する我が海を、美しく撮ってあげたい。

タイトルについて:
ニルバーナとは、涅槃(ねはん)や至福の境地という意味。水中での~んびりするってこと。何も考えずに、水中カメラのファインダーを覗いている時とても幸せなのです。

Takeshi Omura


takeshi_bigblueをフォローしましょう

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スズメダイモドキ

スズキ目/スズメダイ科/スズメダイモドキ属
学名:Hemiglyphidodon plagiometopon
英名:Sweetlip Damsel

スズメダイモドキ幼魚
幼魚 全長:2cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島 水深:6m

スズメダイの仲間は、幼魚の時は可愛くて、
成魚になると不細工になるパターンが多い(と思う)が、
成魚の見た目のイケてなさと、幼魚の可愛さのギャップで言えば、
このスズメダイモドキがブッチギリのナンバー1だ。

スズメダイにしては異様にデカくて、縄張りに侵入してくる
ダイバーにアタックしてくるので、評判はすこぶる悪い。

幼魚の時はめちゃくちゃ可愛いく、成魚と異なる模様を持つ。
体側後部の眼状斑は、捕食者に対するフェイントで、
捕食者の思惑とは反対の方向へ逃げるためといわれる。

スズメダイモドキ若魚
若魚 全長:10cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島 水深:6m

少し成長すると、青い部分が無くなり、
全体的に黄色っぽくなってきて、眼状斑も消えてくる。

どうしてこんなに体色が変わるのか?

縄張り意識の強い種ほど、成長過程で体色が変わる傾向がある。
同じ模様でうろちょろしていると、大きな魚にシメられてしまうのだ。

スズメダイモドキ成魚
成魚 全長:15cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島 水深:7m

そして、ついに成魚らしい模様になれた!
それにしても、不細工やな~(笑)。
英名の『スウィートリップ』とはいったいどういうこと?

でもね、こんな不細工で憎たらしい奴でも、
その生態を知ると、微笑ましい目で見守ってあげらるようになる。

この種のスズメダイは、縄張りにある珊瑚のポリプをついばんで、
そこに藻類が発生するようにして、その藻類を餌として食べている。
まさに自給自足で、海のお百姓さんと呼ばれている。

苦労して耕した我が畑に怪しい進入者が入ってきたら
追い出そうとするのもうなずけるでしょ?

たまに、アイゴやブダイの集団に畑を荒らされて
途方にくれている姿を見かけると、ちょっと感情移入してしまう。。。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

スポンサーサイト

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

<< フタホシタカノハハゼ 黄変個体 | ホーム | うみ掃除 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。