プロフィール

大村 健

Author:大村 健
BIG BLUE DIVING 代表
ガイド会 所属
タイの持つ二つの海を舞台に、年がら年中潜り続ける。趣味は水中写真で、愛する我が海を、美しく撮ってあげたい。

タイトルについて:
ニルバーナとは、涅槃(ねはん)や至福の境地という意味。水中での~んびりするってこと。何も考えずに、水中カメラのファインダーを覗いている時とても幸せなのです。

Takeshi Omura


takeshi_bigblueをフォローしましょう

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フタホシタカノハハゼ 黄変個体

スズキ目/ハゼ科/イトヒキハゼ属
学名:Cryptocentrus sp
英名:Ventral-barred shrimpgoby

フタホシタカノハハゼ黄
全長:10cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島 水深:15m

テッポウエビの掘った穴に間借りさせてもらう代わりに、
入り口で見張り役を担当するので、共生ハゼと呼ばれる。

上の写真はフタホシタカノハハゼの黄変個体で、
色目の綺麗なコシジロテッポウエビと共生している。
両方にピントを合わせる為に、ちょうど、
ハゼの目とエビの目が並ぶタイミングでシャッターを切った。

テッポウエビは鋏をブルドーザーのようにして砂を運ぶので、
出てくる時に撮ると砂で綺麗な鋏が隠れてしまうので、
引っ込むタイミングを狙うのが撮るのがコツだ。

このハゼは気性が荒く、このブログの表紙の画像のように、
口や鰭が全開の写真も狙いやすい。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

スポンサーサイト

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

<< イバラカンザシ | ホーム | スズメダイモドキ >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。