プロフィール

大村 健

Author:大村 健
BIG BLUE DIVING 代表
ガイド会 所属
タイの持つ二つの海を舞台に、年がら年中潜り続ける。趣味は水中写真で、愛する我が海を、美しく撮ってあげたい。

タイトルについて:
ニルバーナとは、涅槃(ねはん)や至福の境地という意味。水中での~んびりするってこと。何も考えずに、水中カメラのファインダーを覗いている時とても幸せなのです。

Takeshi Omura


takeshi_bigblueをフォローしましょう

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イバラカンザシ

環形動物門/多毛綱/ケヤリムシ目/カンザシゴカイ科/イバラカンザシ属
学名:Spirobranchus giganteus
英名:Christmas tree worm

イバラカンザシ
撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック、シミラン諸島 水深:6m

海のなかでは変な生き物を沢山見ることができる。
岩のようなサンゴの上に、青、赤、黄色、など様々な色をした
小さなクリスマスツリーのような生き物が群生している。

そぉっと近づき手をかざすと、ピュッっと引っ込んでしまう。
しばらくすると、じわじわ~と出てきて、また元の状体に戻る。

これ、実はゴカイの仲間。
本体はサンゴの中の棲管という管を形成してそこに隠れている。
らせん状の鰓冠と呼ばれる触手だけを表面に出し、
繊毛で水流を起こして呼吸や摂餌をしている。
この鰓冠が、とてもカラフルで、まるでクリスマスツリーのような
形をしているので、クリスマスツリーワームと呼ばれている。

タイの海は、イバラカンザシが異常に多くて、大きさに定評がある。

水中で写真を撮る時、イバラカンザシを絡めて撮ると、
作品に色を添えてくれるので重宝している。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

スポンサーサイト

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

<< ハープコーラル | ホーム | フタホシタカノハハゼ 黄変個体 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。