プロフィール

大村 健

Author:大村 健
BIG BLUE DIVING 代表
ガイド会 所属
タイの持つ二つの海を舞台に、年がら年中潜り続ける。趣味は水中写真で、愛する我が海を、美しく撮ってあげたい。

タイトルについて:
ニルバーナとは、涅槃(ねはん)や至福の境地という意味。水中での~んびりするってこと。何も考えずに、水中カメラのファインダーを覗いている時とても幸せなのです。

Takeshi Omura


takeshi_bigblueをフォローしましょう

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハープコーラル

刺胞動物門/花虫(はなむし)綱/ヤギ目
学名:Ctenocella pectinata
英名:Red whip coral

ハープコーラル
撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島 水深:20m

一風変わった生態系の海と言われるタオ島の海。
その風景を表現するひとつがこれ。
八放サンゴの仲間で、シルエットがハープ(竪琴)に似ている。

流れの速い岩壁に群生し、タオ島では、島の東側のポイント、
特にヒンウォンピナクルやシャークアイランドに多く見られる。

水中で見ると、ものすごく地味な存在。
その理由は、水の光と色を吸収する性質により、
赤から順番に吸収されるため、全体的に茶色っぽく見えるから。

だが、本当は、めちゃくちゃ鮮やかな赤い色彩をしている。
写真に撮る時は、しっかりとストロボの光を当てよう。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

スポンサーサイト

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

<< ロクセンヤッコ | ホーム | イバラカンザシ >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。