プロフィール

大村 健

Author:大村 健
BIG BLUE DIVING 代表
ガイド会 所属
タイの持つ二つの海を舞台に、年がら年中潜り続ける。趣味は水中写真で、愛する我が海を、美しく撮ってあげたい。

タイトルについて:
ニルバーナとは、涅槃(ねはん)や至福の境地という意味。水中での~んびりするってこと。何も考えずに、水中カメラのファインダーを覗いている時とても幸せなのです。

Takeshi Omura


takeshi_bigblueをフォローしましょう

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マッコスカーズフラッシャーラス

スズキ目/ベラ科/モチノウオ亜科/クジャクベラ属
学名:Paracheilinus mccoskeri
英名:McCosker's flasher-wrasse

マッコスカーズフラッシャーラス
全長:8cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック、シミラン諸島 水深:25m

※以前に書いた記事ですが、アンダマン海のシーズン到来なので再登場させます

インド洋の固有種で、日本のクジャクベラに対応する種。

写真はオスの個体だが、普段からこういう風に
鰭が全開になっているわけではなく、
通常、鰭が閉じている時は、至って地味な存在で、
見過ごしているダイバーも多い。

成熟したオスが、ハーレム内のメス達にアピールする時や、
オス同士の喧嘩など、自己主張するタイミングのみ鰭が開く。
その時、ビカビカっと光っているように見えるので、
英名では、『フラッシャー』と命名されている。

ただし、鰭が開くのはわずか3秒くらい・・・
しかも、泳ぐの早すぎ・・・

まさに、カメラダイバー泣かせの魚で、
撮影は、ほとんどシューティングゲーム状態。
素早く動く的に狙いを定め、鰭が開いた一瞬を見逃さず・・・
シャッターというトリガーを引くのだ!

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

スポンサーサイト

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

<< アンダマンダムゼル | ホーム | タイガーテールシーホース >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。