プロフィール

大村 健

Author:大村 健
BIG BLUE DIVING 代表
ガイド会 所属
タイの持つ二つの海を舞台に、年がら年中潜り続ける。趣味は水中写真で、愛する我が海を、美しく撮ってあげたい。

タイトルについて:
ニルバーナとは、涅槃(ねはん)や至福の境地という意味。水中での~んびりするってこと。何も考えずに、水中カメラのファインダーを覗いている時とても幸せなのです。

Takeshi Omura


takeshi_bigblueをフォローしましょう

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トウアカクマノミ

スズキ目/スズメダイ科/クマノミ亜科/クマノミ属
学名:Amphiprion polymnus
英名:Saddleback anemonefish

タイ、シャム湾に浮かぶタオ島は、
偏った生態系の海と表現される通り、

潔く・・・!?

たったの2種類のクマノミしか見られないが、
それぞれの生息数は半端なく多い。

ビッグブルーが位置する『サイリービーチ』には、
ショップ前だけで、軽く50コロニーに
200匹くらいのトウアカが確認されているが、
我々が調査しきれないその他の広大なエリアに、
いったいどのくらい生息しているのかは見当もつかない。

トウアカクマノミ
全長:7cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

トウアカクマノミの写真でよく見かけるのは、
触手の短いイボハタゴイソギンチャクとの共生だが、
触手の長いマバラシライトイソギンチャクとの共生も見られる。

個人的に長い触手の方が絵になるので好きだ。
この写真では、丁度うしろにカラフルなソフトコーラルがあり、
背景に美しい色を添えてくれた。

トウアカクマノミ2
全長:10cm、12cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

頭が赤いから『頭赤(とうあか)』というわけだが、
個体によって性格や顔の模様が違うので、
模様が綺麗でおとなしいのを選ぶといい。

トウアカクマノミ3
全長:12cm、10cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

でも、中には、赤い部分が極端に狭い、
口の周りだけが泥棒ヒゲのように赤い『口赤』の個体もいる。
これはこれで笑えるので、人気の被写体となっている。

この写真の2匹は、卵の世話をしているところ。
ヒレで煽いで新鮮な海水を卵に送ったり、
口を使ってゴミを取り除いたりしている。

高水温で安定したタオ島の海では、
通年、産卵と孵化(ハッチアウト)を繰り返している。
コロニーごとに割とバラバラの周期で繁殖行動をとるので、
くるりと一回りするだけで、卵を産み付けているところ、
産まれてたて、数日目、孵化直前などと、
様々なステージの卵を見比べることができる。

トウアカクマノミのハッチアウト
全長:0.7cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島、サイリービーチ

目星をつけたコロニーへ、ナイトダイブで出かけると、
孵化の瞬間(ハッチアウト)に立ち会える。

静まり返った夜の海、一心不乱に
胸鰭や口を使い卵に刺激を与える親クマノミ。

やがて、その瞬間はやってくる。
卵がプルプルっと震えたかと思うと、
透明な殻を破って稚魚が外界へ飛び出す。

まさに生命の神秘、感動的なシーンだ。

螺旋状に泳ぎながら水面に向かい旅立つチビっ子たち。
1000個ほどの卵が孵化しても、無事に生き延びて、
新天地のイソギンチャクにたどり着けるのはほんの一握り。。。
思わずガンバレって応援してしまう。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

スポンサーサイト

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

<< オイランハゼ | ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。