プロフィール

大村 健

Author:大村 健
BIG BLUE DIVING 代表
ガイド会 所属
タイの持つ二つの海を舞台に、年がら年中潜り続ける。趣味は水中写真で、愛する我が海を、美しく撮ってあげたい。

タイトルについて:
ニルバーナとは、涅槃(ねはん)や至福の境地という意味。水中での~んびりするってこと。何も考えずに、水中カメラのファインダーを覗いている時とても幸せなのです。

Takeshi Omura


takeshi_bigblueをフォローしましょう

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西表の海

しばらくこのブログをアップデートしてなかったが、実はこの間、
2週間で沖縄の4つの島を潜り比べるという強行軍を行なっていたのだ。

果たして、日本が誇る沖縄の海の実力とは!?

西表サンゴ礁
撮影者:大村健 撮影地:沖縄、西表島

まず、始めに行ったのは、日本のガラパゴスと称される西表島!
僕自身、学生時代に潜りに行ったっきり、15年以上ぶりだ。

ショップは、日頃からガイド会でお世話になっている佐々木要さんの
ダイブラティークで潜ってきた。

沖縄県では沖縄本島に次いで2番目に大きい島で、
ここが日本とは信じられないくらい、半端無い大自然が残っている。

エルニーニョの影響もあったというけれど、ポイントによっては、
隙間無くびっしりといろんな種類の珊瑚が大群生していて、
成長過程と思われる小さな珊瑚も多いが、
写真に撮るには、いろんな種類の、いろんな色の珊瑚を
ぎゅぎゅっと集めたように撮れるので面白い。

珊瑚が一番綺麗なポイントのとき、マクロレンズを付けていた。
上の写真は、二番目に綺麗だったポイントで撮ったもの。
しかも、太陽が翳っている時に撮ったものなので、
西表の珊瑚は、本当はもっともっと綺麗だと思って欲しい。

西表ケショウハゼ
撮影者:大村健 撮影地:沖縄、西表島

西表は、水中環境のバリエーションも豊富で、外洋ポイントだけじゃなく、
島の豊富な水源のおかげで河川や汽水域のダイブサイトも多く、
海でのダイビングでは見られない珍しい生態系も楽しめる環境なのだ。

上の写真は、汽水域で撮ったケショウハゼのオスの婚姻色。
自分がタイでは見たことがない種を見るのも参考になる。
他にも、モエギハゼ、サルハゼ、ホムラハゼsp、クサハゼなど、
普段自分の海で見てない種を、いろんな環境で見せてもらったので、
タイに帰ったらいろいろ探してみよう。

西表ギンガハゼ
撮影者:大村健 撮影地:沖縄、西表島

逆に、普段から、自分の海で見ている種を
まったく他の環境で見るというのも、とっても勉強になる。
実は、西表で見れる魚種とタオ島で見れる魚種と、
被っているものが多く、そういう意味での潜り比べが、
今回の西表ツアーの一番のテーマだったのだ。(特にハゼの)

上の写真は西表のギンガハゼの黄色&黒のペア。
他にも、オイランハゼ、カスリハゼ、シマオリハゼ、ニュウドウダテハゼ、
クロオビハゼ、サツキハゼなど、普段タオ島で見まくっている種だが、
なるほどね、こんな環境にいるんや!って、
ちょっと意外だったり、納得だったり。

そんなこんなで、西表では、マニアックなポイントばかりリクエストして、
あまり写真は撮らずに、キョロキョロ、ウロチョロして、砂質を調べたり、
環境チェックばかりしている変態ダイバーだったのだ。

ラティークさんの公民館を改造したショップハウスも寛げて良かったし、
夕食後の夜9時からの飲みながらのログ付けも、いい意味での
未開発な西表、しかも白浜という環境にはマッチしてると思った。
要さん始め、スタッフのホスピタリティーは抜群!
また行きたくなる海とショップだった。

西表でダイビングするならダイブラティーク!

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

スポンサーサイト

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

<< 石垣の海 | ホーム | チョウチョウコショウダイ(幼魚) >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。