プロフィール

大村 健

Author:大村 健
BIG BLUE DIVING 代表
ガイド会 所属
タイの持つ二つの海を舞台に、年がら年中潜り続ける。趣味は水中写真で、愛する我が海を、美しく撮ってあげたい。

タイトルについて:
ニルバーナとは、涅槃(ねはん)や至福の境地という意味。水中での~んびりするってこと。何も考えずに、水中カメラのファインダーを覗いている時とても幸せなのです。

Takeshi Omura


takeshi_bigblueをフォローしましょう

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オイランハゼ

スズキ目/ハゼ科/ハゼ亜科/イトヒキハゼ属
学名:Cryptocentrus singapurensis
英名:Singapore prawn-goby

オイランハゼの求愛ディスプレイ

全長:12cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島 水深1m

生態系に偏りのあるタオ島の海は、
ある種の生き物にとってはとっても棲み良い場所のようだ。

砂地に巣穴を掘って暮らすテッポウエビと共生するハゼにとって、
砂地が多くて、天敵が少なく、餌が豊富なタオ島の海は、
まさに楽園と言っていいだろう。
中でも、ギンガハゼやレッドマージンシュリンプゴビーと並び、
足の踏み場もないくらい大群生しているのがオイランハゼだ。

通常、一つの穴に単体で住んでいる。
『花魁』という名前に相応しくとても派手やかな模様を持ち、
オスがメスに求愛をするときや、喧嘩の時には、
更に体色が濃くなり、見惚れてしまうほどに美しい。
メスは小さくて体色が地味で白っぽい。

オイランハゼの求愛ディスプレイ2

全長:奥9cm、手前12cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島、サイリービーチ、水深1m

見所は、オスがメスに求愛のディスプレイをするシーンで、
巣穴から10cmほど中層へ飛び出してホバリングをしながら、
ヒレを全開にして、己の魅力を最大限にアピールする。
その間、たったの3秒ほど。
繁殖のために身の危険を冒してまでの、生命の輝く一瞬だ。

以前、水中写真家の大方洋二さんと一緒に見ていたら、
何度かオスがディスプレイした後に、近くにいたメスが
巣穴に吸い込まれるように一緒に入っていった。

上の写真は、オス(手前の体色が濃い個体)が
メス(奥の体色が薄い個体)にアピールしているところ。
メスの反応も、まんざらではなさそうだ。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

スポンサーサイト

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

<< ヒゲハギ | ホーム | トウアカクマノミ >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。