プロフィール

大村 健

Author:大村 健
BIG BLUE DIVING 代表
ガイド会 所属
タイの持つ二つの海を舞台に、年がら年中潜り続ける。趣味は水中写真で、愛する我が海を、美しく撮ってあげたい。

タイトルについて:
ニルバーナとは、涅槃(ねはん)や至福の境地という意味。水中での~んびりするってこと。何も考えずに、水中カメラのファインダーを覗いている時とても幸せなのです。

Takeshi Omura


takeshi_bigblueをフォローしましょう

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミジンベニハゼ

スズキ目/ハゼ科/ミジンベニハゼ属
学名:Lubricogobius exiguus
英名:Yellow pygmy-goby

ミジンベニハゼ
全長:2.5cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

カワイィ~!

・・・と、女性ダイバーに人気のミジンベニハゼ。
実際、この写真を撮っていた時、
背後で荒い鼻息・・・、いや、呼気の音がするので、
振り返ってみると、興奮気味のうちの女性スタッフがいた・・・

この写真のミジンベニハゼのペアは、
『M-150』という、タイの『リポビタンD』
みたいなのの空き瓶に住みついている。

海に落ちている瓶や缶というと、もともとはゴミ。
そもそも、海に捨てないのが一番いいのだけど、
それらがしばらく海の底に沈んでいると、
いろんな生物が住みつき始める。

こうなると、もう、ゴミというより、
生物の棲家ということになり、
ここに隠れて身を守ったり、繁殖行動をしたり、
自然環境の一部となってしまう。

なので、ゴミ拾いする時には要注意。
そのままにしておいてあげたほうがいい場合もある。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

スポンサーサイト

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

<< オビイシヨウジ | ホーム | コバンザメ >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。