プロフィール

大村 健

Author:大村 健
BIG BLUE DIVING 代表
ガイド会 所属
タイの持つ二つの海を舞台に、年がら年中潜り続ける。趣味は水中写真で、愛する我が海を、美しく撮ってあげたい。

タイトルについて:
ニルバーナとは、涅槃(ねはん)や至福の境地という意味。水中での~んびりするってこと。何も考えずに、水中カメラのファインダーを覗いている時とても幸せなのです。

Takeshi Omura


takeshi_bigblueをフォローしましょう

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベニツケサツキハゼ

スズキ目/クロユリハゼ科/サツキハゼ属
学名:Parioglossus philippinus
英名:Philippine dartfish

ベニツケサツキハゼ
全長:4cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

『摩訶不思議』と称される、シャム湾、タオ島の海。
それを体現している魚のひとつがこれ。

そもそも、サツキハゼ属の種は、
河川汽水域や内湾の岩礁性海岸などに生息し、
マングローブ帯の水深1mあるかないかという、
あまり一般ダイバーが潜らないエリアに生息している。

しかし、ここ、タオ島の海では、
ジンベエザメや、バラクーダやアジの大群が見られる
沖合いの隠れ根で、サツキハゼの仲間が群れている。

ログブックの同じページに、
『ジンベエザメ』と、『ベニツケサツキハゼ』とを、
一緒に書けるのは、タオ島ならではなのでは!?

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

スポンサーサイト

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

<< ローミングダムゼル (オキスズメダイ) | ホーム | オビイシヨウジ >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。