プロフィール

大村 健

Author:大村 健
BIG BLUE DIVING 代表
ガイド会 所属
タイの持つ二つの海を舞台に、年がら年中潜り続ける。趣味は水中写真で、愛する我が海を、美しく撮ってあげたい。

タイトルについて:
ニルバーナとは、涅槃(ねはん)や至福の境地という意味。水中での~んびりするってこと。何も考えずに、水中カメラのファインダーを覗いている時とても幸せなのです。

Takeshi Omura


takeshi_bigblueをフォローしましょう

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オニアジ

スズキ目/アジ科/オニアジ属
学名:Megalaspis cordyla
英名:Finny scad

オニアジ
全長:30cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

タイでは、アンダマン海のリチェリューロックや、
シャム湾のチュンポンピナクルなどでごくごく普通に見られるが、
実は、割と珍しい種らしく、図鑑にもあまり載っていなくて、
ネットで調べてたら"珍魚"なんて言われていたりする。

そんな珍魚も、チュンポンピナクルでは、千・万単位でで群れていて、
透明度の続く限り延々と連なり泳ぎ流れていく様は圧巻だ。
この写真でも、それぞれが少し上を向いたり下を向いたりしているが、
泳ぎ方に特徴があり、ジグザグ上下運動しながら進んでいく。

美味だが、日本では漁獲高が低くて滅多に食べられないという。
火を通すよりも刺身で食べたほうが美味しいらしいが、
タイの暖かい水温の海では、きっと絞まりの無い味なんやろうね。

味のことはともかく、タイに潜りに来たら、要チェックの魚種のひとつだ。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

スポンサーサイト

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

<< ウケクチノホソミオナガノオキナハギ | ホーム | キモガニ >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。