プロフィール

大村 健

Author:大村 健
BIG BLUE DIVING 代表
ガイド会 所属
タイの持つ二つの海を舞台に、年がら年中潜り続ける。趣味は水中写真で、愛する我が海を、美しく撮ってあげたい。

タイトルについて:
ニルバーナとは、涅槃(ねはん)や至福の境地という意味。水中での~んびりするってこと。何も考えずに、水中カメラのファインダーを覗いている時とても幸せなのです。

Takeshi Omura


takeshi_bigblueをフォローしましょう

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤイトハタ

スズキ目/ハタ科/マハタ属
学名:Epinephelus malabaricus
英名:Malabar Grouper

ヤイトハタ
全長:120cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

岩が動いた~っ!?
と、ビックリしたら、それは巨大なヤイトハタだった。

チュンポンピナクルの根には、大きなハタがたくさん居ついていて、
岩の上のクリーニングステーションにでんっと陣取っている。
口や鰓を全開にして、ホンソメワケベラに体をつつかせている姿は
まさに大物の威厳たっぷり。。。

でも、そんなヤイトハタ君も、
もっと大きなジンベエザメが出た時は大変だ。

普段はちやほやしてくれるダイバーたちが、
みんなジンベエの方へ行ってしまうことにジェラシーなのか!?
中層まで上がって来て、ダイバーの周りをうろつくのだ!
俺だって大きいんだゾ!と、対抗心を燃やしているように見える。
(↑実話)

そんなお茶目な一面もある。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

スポンサーサイト

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

<< ギンガメアジ | ホーム | タンザクハゼ >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。