プロフィール

大村 健

Author:大村 健
BIG BLUE DIVING 代表
ガイド会 所属
タイの持つ二つの海を舞台に、年がら年中潜り続ける。趣味は水中写真で、愛する我が海を、美しく撮ってあげたい。

タイトルについて:
ニルバーナとは、涅槃(ねはん)や至福の境地という意味。水中での~んびりするってこと。何も考えずに、水中カメラのファインダーを覗いている時とても幸せなのです。

Takeshi Omura


takeshi_bigblueをフォローしましょう

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トマトアネモネフィッシュ

スズキ目/スズメダイ科/クマノミ亜科/クマノミ属
学名:Amphiprion ephippium
英名:Tomato anemonefish

※以前に書いた記事ですが、アンダマン海のシーズン到来なので再登場させます

タイにはマレー半島を挟んで東西に二つの海がある。
半島の西側はインド洋となり、マレー半島とアンダマン諸島、
ニコバル諸島との間の海を特にアンダマン海と呼ぶ。
日本人ダイバーにとっては馴染みの薄い魚も少なくなく、
インド洋の固有種や、アンダマン海の固有種が沢山見られる。

トマトアネモネフィッシュ
幼魚 全長:4cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック、シミラン諸島

アンダマン海の固有種の代表選手がトマトアネモネフィッシュだ。
ハマクマノミのインド洋対応種で、インドトマトとも呼ばれる。
幼魚の時はハマクマノミに似て、鮮やかなオレンジ色の体に、
頭部を覆うように白いバンドがくっきりと入っている。

共生しているイソギンチャクの色も、
種類や健康状態などの条件により様々なので、
綺麗な写真を撮るための要素として選びたい。
この写真のイソギンチャクはとっても綺麗な緑色をしていて、
トマトのオレンジがくっきり浮かび上がるので気に入っている。

トマトアネモネフィッシュ3
若魚 全長:7cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック、リチェリューロック

成長とともに白いバンドは消えていき、
白いバンドの一部がちょうど眉毛のように残ることがあり、
困った顔のようでとても可愛い。

トマトアネモネフィッシュ2
成魚 全長:10cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック、シミラン諸島

成魚になると、完全に白色横帯は消えて、
オレンジの体側後部に黒斑が現れ、
名前の通り熟したトマトのような色になる。

緑色のイソギンチャクの中にいると、
まさに、トマトサラダのよう!?

アンダマン海に来たら、是非リクエストしたい魚種だ。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

スポンサーサイト

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

<< インディアンミミックサージョンフィッシュ | ホーム | アンダマン海 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。