プロフィール

大村 健

Author:大村 健
BIG BLUE DIVING 代表
ガイド会 所属
タイの持つ二つの海を舞台に、年がら年中潜り続ける。趣味は水中写真で、愛する我が海を、美しく撮ってあげたい。

タイトルについて:
ニルバーナとは、涅槃(ねはん)や至福の境地という意味。水中での~んびりするってこと。何も考えずに、水中カメラのファインダーを覗いている時とても幸せなのです。

Takeshi Omura


takeshi_bigblueをフォローしましょう

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンダマンダムゼル

スズキ目/スズメダイ科/ソラスズメダイ属
英名:Andaman Damsel
学名:Pomacentrus alleni

アンダマンダムゼル3
全長:5cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック

「アンダマン○○」という名前のついた生物がいるので、
カオラックのシーズン中には、そういう奴らも紹介していきたい。

写真はアンダマンダムゼル。
東部インド洋、アンダマン海で見られる固有種だ。

アンダマン海で潜っている時、ふと視界に入ってくるのがコイツ。
とってもギラついたブルーの体色が目立ちまくっている。
この写真も、ストロボの光が反射しているわけじゃなくて、
肉眼で見てもこんな感じにテカっているのだ。

ドバーっと群れてたら、一面ギラギラ輝いてさぞ綺麗だろうに、
たいてい単体か少数のグループで地味なガレ場に生息している。

ところで、そもそも何でこんなにギラついているのだろう???

突き出た口、派手な体色、縞模様、目玉模様、
細長い体系、もじゃもじゃの皮弁、吸盤状の鰭などなど、
様々な特徴を持つ生き物たちも、それぞれに進化してきた
過程には必ず何らかの理由があるはずなのだ。

アンダマンダムゼルの世界では、
ギラついていることがステータスなのだろうか。
モテる条件、繁殖能力の高さをアピールできるとか!?
縄張り争奪戦に有利だとか!?
あまり目立っていると、捕食者にも見つかりやすいだろうに・・・
だから、臆病ですぐに巣穴に隠れる性質も進化したのかな?

こんなことを想像しならお魚ウォッチングをするのも面白い。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

スポンサーサイト

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

<< アンダマンスウィートリップス | ホーム | マッコスカーズフラッシャーラス >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。