プロフィール

大村 健

Author:大村 健
BIG BLUE DIVING 代表
ガイド会 所属
タイの持つ二つの海を舞台に、年がら年中潜り続ける。趣味は水中写真で、愛する我が海を、美しく撮ってあげたい。

タイトルについて:
ニルバーナとは、涅槃(ねはん)や至福の境地という意味。水中での~んびりするってこと。何も考えずに、水中カメラのファインダーを覗いている時とても幸せなのです。

Takeshi Omura


takeshi_bigblueをフォローしましょう

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンダマンバタフライフィッシュ

スズキ目/チョウチョウウオ科/チョウチョウウオ属
英名:Andaman butterflyfish
学名:Chaetodon andamanensis

アンダマンバタフライフィッシュ
全長:13cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック

アンダマンシリーズ、お次はチョウチョウウオの仲間。
スミツキトノサマダイのインド洋対応種の
アンダマンバタフライフィッシュ。
日本人ダイバーにはアンダマンチョウチョウウオ
とも呼ばれている。

モルジブ、スリランカ、シミラン、西スマトラなど、
東部インド洋で見られる。
カオラックからのダイブサイトではどこでも
そこらじゅうで簡単に見られる普通種だ。

スミツキトノサマダイには体側に墨が付いたように
ブルーの大きな斑点があるのに対し、
アンダマンバタフライフィッシュはその斑点が無い。
ただし、興奮したり、夜寝るときには斑点が浮かび上がる。

最大で15cmほどになり、鮮やかな黄色の体色で
サンゴ礁を彩る美しい魚だ。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

スポンサーサイト

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

<< アンダマンミミックファイルフィッシュ | ホーム | アンダマンウバウオ >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。