プロフィール

大村 健

Author:大村 健
BIG BLUE DIVING 代表
ガイド会 所属
タイの持つ二つの海を舞台に、年がら年中潜り続ける。趣味は水中写真で、愛する我が海を、美しく撮ってあげたい。

タイトルについて:
ニルバーナとは、涅槃(ねはん)や至福の境地という意味。水中での~んびりするってこと。何も考えずに、水中カメラのファインダーを覗いている時とても幸せなのです。

Takeshi Omura


takeshi_bigblueをフォローしましょう

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンダマンミミックファイルフィッシュ

フグ目/カワハギ科/ノコギリハギ属
英名:Andaman mimic filefish
学名:Paraluteres arquat

アンダマンミミックファイルフィッシュ
全長:5cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック

まだまだ続く、アンダマン・シリーズ。
今回は、アンダマンミミックファイルフィッシュをご紹介。

名前の『mimic』とは『擬態』のこと。
『File』とは『鑢(やすり)』のことで、
カワハギ科の魚で体表がギザギザしているから。

同属にノコギリハギがいて、こいつは、
猛毒を持っているシマキンチャクフグに
擬態していることで有名だが、
このアンダマンミミックファイルフィッシュは、
模様からすると、同じように毒を持つ
キタマクラの仲間に擬態していると考えられる。

写真をよーく見ると頭頂部に第一背鰭が確認できるが、
体背部との間が鰭膜(きまく)で結合していて
成魚はほとん第一背鰭を立てることはないので、
体のシルエットまでがキタマクラと似ている。

リチェリューロックなどでは、周辺にカラフルな
ソフトコーラルやカイメンが付いているので、
タイミングよくシャッターを切れば、
美しい背景に納めることも可能だ。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

スポンサーサイト

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

<< アンダマンドティーバック | ホーム | アンダマンバタフライフィッシュ >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。