プロフィール

大村 健

Author:大村 健
BIG BLUE DIVING 代表
ガイド会 所属
タイの持つ二つの海を舞台に、年がら年中潜り続ける。趣味は水中写真で、愛する我が海を、美しく撮ってあげたい。

タイトルについて:
ニルバーナとは、涅槃(ねはん)や至福の境地という意味。水中での~んびりするってこと。何も考えずに、水中カメラのファインダーを覗いている時とても幸せなのです。

Takeshi Omura


takeshi_bigblueをフォローしましょう

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツキチョウチョウウオ

スズキ目/チョウチョウウオ科/カエトドン属
学名:Chaetodon wiebeli
英名:Panda Butterflyfish, Hongkong Butterflyfish

ツキチョウチョウウオ
全長:16cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

図鑑では"非常に稀"といわれるツキチョウチョウウオ。
日本でも本州中部の太平洋側で見られると記録されているが、
観測例は極端に少なく、たまに単体で見られるだけという。

このレアものが、タオ島では群れで登場するからスゴイ!

通常はペアで行動している。
ペア同士が出会うと、互いを意識し合い、
ディスプレイ合戦のような行動をとりはじめる。
すると、周りにいたペアが乱入しはじめ、

2匹 + 2匹 + 2匹 + 2匹 + たまに1匹(笑)・・・

あれよあれよという間に大きな群れへと膨らんでいく。
なかには、どうして知ったのか、かなり遠くからはるばる
駆けつけるペアもいるので、そういう急いで泳いでいる
ペアを見つけたらついて行くと群れに出くわすこともある。

魚の生態に詳しい写真家の大方洋ニ氏と一緒に観察したことがある。
氏曰く、繁殖行動の一環ではないかとおっしゃる。
群れることにより、ペアの交換が行われている可能性があるという。
ひとしきり群れた後、ペアごとに泳ぎ去るのだが、
あれだけごちゃ混ぜになった後、同じペア同士とは考えにくい。

交配相手をしょっちゅう変えることにより、子孫の中に、
より強い個体が生まれ自分のDNAを確実に未来に運んでくれる・・・
のんきに生きているような魚たちも、意外とちゃっかりしているのだ。

ただし、群れ方にも二種類あって、
最初は繁殖目的で群れていたと思われる一団が、
途中から食欲に走り、他の魚の縄張りを荒らす集団強盗になる。
そうなると、多勢に無勢、縄張りを守るスズメダイたちもお手上げだ。

性欲と食欲と・・・
どっちが大事なのだろうか?

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!
スポンサーサイト

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

<< ギンガハゼ | ホーム | オニイトマキエイ >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。