プロフィール

大村 健

Author:大村 健
BIG BLUE DIVING 代表
ガイド会 所属
タイの持つ二つの海を舞台に、年がら年中潜り続ける。趣味は水中写真で、愛する我が海を、美しく撮ってあげたい。

タイトルについて:
ニルバーナとは、涅槃(ねはん)や至福の境地という意味。水中での~んびりするってこと。何も考えずに、水中カメラのファインダーを覗いている時とても幸せなのです。

Takeshi Omura


takeshi_bigblueをフォローしましょう

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギンガハゼ

スズキ目/ハゼ科/イトヒキハゼ属
学名:Cryptocentrus cinctus
英名:Yellow shrimp goby

ギンガハゼ
全長:10cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

タオ島は共生ハゼ(テッポウエビと住んでるヤツ)がめちゃくちゃ面白い。
 ・いっぱいいて
 ・逃げないから
 ・じっくり観察でき
 ・簡単に撮れる

何故、タオ島のハゼはこんななんだろう?

実際のところは、ハゼに聞いてみないと分からないが、
僕が考えるに、タオ島の周辺の海は・・・、
 ・生息環境(砂地)に恵まれている
 ・餌が豊富

そして、閉鎖海域で生態系が極端に偏っているため、
 ・仲間(繁殖相手やテッポウエビ)がいっぱいいる
 ・天敵が少ない

こういった諸条件が揃ったからこそ、
驚愕の"ハゼ楽園"が存在するのではないだろうか?
のん気に暮らしながらDNAを引き継いできたタオ島のハゼは、
水中カメラを持ったダイバーどこきではビビらないのだ。

ところで、ギンガハゼ。
名前の由来は、銀河宇宙のように星を散りばめたような模様からで、
この名前は、皇后美智子様が命名されたという逸話がある。

昔は黒は"ギンガハゼ"で、黄は"コガネハゼ"と言われていたが、
研究が進み、実は全く同じ種だと判明したというわけ。
同じ魚だから写真のように黒&黄のペアも見つけることができる。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!
スポンサーサイト

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

<< ムラサメハゼ | ホーム | ツキチョウチョウウオ >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。