プロフィール

大村 健

Author:大村 健
BIG BLUE DIVING 代表
ガイド会 所属
タイの持つ二つの海を舞台に、年がら年中潜り続ける。趣味は水中写真で、愛する我が海を、美しく撮ってあげたい。

タイトルについて:
ニルバーナとは、涅槃(ねはん)や至福の境地という意味。水中での~んびりするってこと。何も考えずに、水中カメラのファインダーを覗いている時とても幸せなのです。

Takeshi Omura


takeshi_bigblueをフォローしましょう

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピックハンドルバラクーダ

スズキ目/サバ亜目/カマス科/カマス属
学名:Sphyraena jello
英名:Pickhandle barracuda

ピックハンドルバラクーダ
全長:120cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島 水深:20m

タオ島で見れるバラクーダの仲間は4種類。
その中で、2番目にでっかいのがこれ。

体側に上部が斜めで下部が垂直になっている
黒色横帯が20本ほど入っていることと、
大きな黄色い尾鰭が目印だ。

群れる種では一番でかくて体長は軽く1mを超え、
それが何百匹と群れる姿は圧巻だ。
でも、頭の向きが揃わず隙間の多い群れを作り、
しかも近づいた分だけ遠くへ離れていくので、
写真ではイマイチ美しく撮れない・・・。
なかなかカメラダイバー泣かせの魚だ。

上手く撮るコツは、向こうから近づいてくる
シチュエーションに持っていくこと。

先頭の何匹かが、群れの方向を決めている場合が多いので、
むやみに追いかけず、よーく先頭集団の動向を観察し、
もうすぐ来る場所を見極め、気配を殺して待つ!

あと、他のダイバーが近づいた時もチャンス。
そのダイバーから逃げるように泳ぐので、
その先でこっそりカメラを構えて待つ!

一度試してみてね。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

スポンサーサイト

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

<< ブラックコーラル | ホーム | シマオリハゼ >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。