プロフィール

大村 健

Author:大村 健
BIG BLUE DIVING 代表
ガイド会 所属
タイの持つ二つの海を舞台に、年がら年中潜り続ける。趣味は水中写真で、愛する我が海を、美しく撮ってあげたい。

タイトルについて:
ニルバーナとは、涅槃(ねはん)や至福の境地という意味。水中での~んびりするってこと。何も考えずに、水中カメラのファインダーを覗いている時とても幸せなのです。

Takeshi Omura


takeshi_bigblueをフォローしましょう

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハナビラクマノミ

スズキ目/スズメダイ科/クマノミ亜科/クマノミ属
英名:Pink anemonefish
学名:Amphiprion perideraion

ハナビラ
全長:3cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

閉鎖海域シャム湾・タオ島の海は生態系が偏っている。
クマノミ類はたったの2種しかいないという潔さ。(笑)
しかし、その2種がとてつもない数で生息している。
トウアカクマノミとハナビラクマノミだ。

魚だけでなく、水底に生息する珊瑚やイソギンチャクにも
生息の偏りが見られ、チュンポンピナクルなど隠れ根の上は、
絨毯を敷きつめたような一面のセンジュイソギンチャク畑。
そこに、ハナビラクマノミが千単位の数で大群生している。
世界の海を舞台に活躍するプロの水中カメラマンさん等も、
こんな風景は他では見たことがないと言う。
タオ島のハイライトの一つと言える風景だ。

本当はその大群生の迫力を写真で表現したいのだけど、
カメラを構えて近づくと密集したイソギンチャクに隠れてしまい、
沢山のハナビラクマノミが舞い群れる様子を撮ることは難しい。
もっと早いタイミングでこのブログにも紹介するつもり
だったのだが、なかなか納得のいく絵が撮れていないため、
ついつい先送りになっていたのだった。

ところが、今年の異常気象で、4月から6月にかけて、
長い間高水温が続いたために、タオ島の海のサンゴや
イソギンチャクが白化し始めた時、白化の過程の
あるタイミングでセンジュイソギンチャクがとても
美しい色彩になり、ハナビラクマノミの可愛さを
引き立ててくれることに気付いた。

白化現象に対して不謹慎とか言うのではなく、
その生き物を美しく写真に残してあげたいという思いで
このイソギンチャク&ハナビラに向かい合った。

死に逝くものが持つ幽玄な美しさとでも言おうか、
健康な状態でもなく、白化して死滅してしまうのでもなく、
ちょうど微妙な色の抜け具合の時のみ、
この紫~白のグラデーションが出る。

ハナビラクマノミの名前の由来は、水槽で飼っていたとき
ヒラヒラと花弁が散るように死んでいったから、と言うが、
白化したイソギンチャクとの組み合わせには哀愁漂うものがある。

7月現在、水温は通常並み(30度)に戻り、
日に日にサンゴに色が戻っていくのが分かる。
白化が始まりつつも残っている多くのサンゴ、イソギンチャクは
このピンチを切り抜けることができそうだ。

今度はワイド構図で元気なイソギンチャク畑の上を
沢山のハナビラが舞い泳ぐ姿を紹介したい。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!
スポンサーサイト

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

<< ヒブサミノウミウシ | ホーム | アカオビハナダイ >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。