プロフィール

大村 健

Author:大村 健
BIG BLUE DIVING 代表
ガイド会 所属
タイの持つ二つの海を舞台に、年がら年中潜り続ける。趣味は水中写真で、愛する我が海を、美しく撮ってあげたい。

タイトルについて:
ニルバーナとは、涅槃(ねはん)や至福の境地という意味。水中での~んびりするってこと。何も考えずに、水中カメラのファインダーを覗いている時とても幸せなのです。

Takeshi Omura


takeshi_bigblueをフォローしましょう

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒブサミノウミウシ

裸鰓目/ミノウミウシ亜目/アオミノウミウシ科/Phidiana属
学名:Phidiana indica
英名:Indian Phidiana

ヒブサミノウミウシ
全長:3cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

写真を撮る時にこだわる事のひとつは『背景』だ。

主役を引き立ててくれる美しい背景や、
その生物の棲息する環境を表現する背景など、
意図するところにより求める背景はいろいろ。

この美しいヒブサミノウミウシは
地味な岩に貼り付いている事が多い。
いくらウミウシ自体が綺麗でも、
背景がパッとしないと写真も映えない。

このブログはなかなか更新しない事で定評があるが、
(どんな定評やっ!)
愛する自分の海の生物たちを中途半端な絵で紹介したくない
というこだわりがあるからなのだ。
(言い訳かっ!)

今、とあるポイントで大発生中のヒブサミノウミウシ、
よ~く探すと真っ赤なカイメンの上を移動中の個体を発見!

燃える炎のようなヒブサミノウミウシにふさわしく、
真っ赤な世界を表現できる満足のいく一枚が撮れた!!

ちなみに、触覚の下にある小さな黒い点が目です。
よく見ると間抜けな顔してるよね!?

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!
スポンサーサイト

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

<< ルボックスブレニー | ホーム | ハナビラクマノミ >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。