プロフィール

大村 健

Author:大村 健
BIG BLUE DIVING 代表
ガイド会 所属
タイの持つ二つの海を舞台に、年がら年中潜り続ける。趣味は水中写真で、愛する我が海を、美しく撮ってあげたい。

タイトルについて:
ニルバーナとは、涅槃(ねはん)や至福の境地という意味。水中での~んびりするってこと。何も考えずに、水中カメラのファインダーを覗いている時とても幸せなのです。

Takeshi Omura


takeshi_bigblueをフォローしましょう

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンダマンウバウオ

スズキ目/ウバウオ科
英名: ?
学名:

アンダマンウバウオ2
全長:3cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック

ウバウオ・フェチという人がいるらしい!?
曰く、腰のひねり具合がたまらないとか・・・
よく見ると、表情も可愛いらしく、吻部(つまり口のこと)が
突出していてアヒルの嘴のようになっていて愛嬌がある。

この写真はアンダマンウバウオと呼ばれている種で、
アンダマン海の固有種と言われている。

謎の多い種で、どの図鑑に載っていないし、
調べても学名など詳しい情報が出てこない・・・
僕自身、リチェリューロック以外では見たことが無いし、
他の海での目撃例も聞かない。

きっと、めちゃめちゃレアものなのだろう。
アンダマン海、リチェリューロックで潜る時には、
是非とも、一目見ていって欲しい。

いつもウニの近くで身を守っているので、
写真に撮るとき針が邪魔になって難しいのだが、
(この写真の縦に走るぼやっとした黒い影はウニの針)
体が鮮やかなピンク色で、アンダマン海ならではの
カラフルな背景の中で絵になる被写体だ。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

アンダマンフォックスフェイス

スズキ目/アイゴ科/アイゴ属
学名:Siganus magnificus
英名:Andaman Foxface

アンダマンフォックスフェイス
全長:5cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック

これまた、アンダマン海の固有種だ。

アイゴ科の仲間は英語で『~ラビットフィッシュ』という名前が多い。
顔がウサギみたいだからとか。

でも、ヒフキアイゴ Siganus unimaculatus のことを英語で
『フォックスフェイス』 つまり、キツネみたいな顔と言う。

で、ヒフキアイゴの体側に黒斑点がないものを別種として、
『フォックスフェイスラビットフィッシュ』 Siganus vulpinus と言う。
キツネ顔のウサギ魚・・・、ややこしいなぁ・・・

で、で、我らがアンダマン海バージョンの種が、
『アンダマンフォックスフェイス』なのだ。

よく、成魚(体長20cm強)がペアで泳いでいることが多いが、
この写真の個体は幼魚で体長は5cmほど。
単体で泳いでいた。

個体数はそれほど多くはない。
シミラン諸島のいくつかのポイントで確認しているが、
活動範囲が広いようで、いつも同じ場所にいるわけではなく、
リクエストされても、必ず見せられるとは限らない・・・
レアものと言えるだろう。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

アンダマンジョーフィッシュ

スズキ目/アゴアマダイ科
学名:Opistognathus sp.
英名:Andaman Jawfish

アンダマンジョーフィッシュ3
全長:15cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック

アンダマン・シリーズということで、
今回もアンダマン海ならではのお魚をご紹介。
その名も、アンダマンジョーフィッシュ。

通常は、巣穴からほんのちょっとだけ顔を出し、
大きな目できょろきょろ辺りを窺っている。

その仕草、表情が愛くるしくて人気なのだが、
潮が流れ出すと、流れてくる餌を食べようと、
めったにお目にかかれない全身を披露してくれる。

アンダマンジョーフィッシュ4
全長:15cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック

アゴアマダイ科は、世界各地にいろんな種類が生息するが、
研究が進んでおらず、名前がはっきりしないものが多い。
この写真の種は、シミラン諸島でよく見かける種だが、
とある図鑑では、学名は『Opstongnathus sp.』としつつも、
英名として『Andaman jawfish』と紹介されており、
生息場所は、スマトラ島沖の東アンダマン海、
マレーシア、タイとなっている。
アンダマン海で潜るときには是非とも見ておきたい種だ。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

アンダマンスウィートリップス

スズキ目/イサキ科/コショウダイ属
英名:Andaman Sweetlips
学名:Plectorhinchus macrospilus

アンダマンコショウダイ
全長:25cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック

アンダマンシリーズの第2弾は、アンダマンスウィートリップス。
その名のとおり、アンダマン海の固有種だ。

コショウダイの仲間を英語でスウィートリップスという。
別名、アンダマンコショウダイとも言われている。

"スウィートリップス"って"愛らしいくちびる"ってとこかな。
せっかくいい名前をつけてもらっているので、
その口元を強調して撮れないかなと思っていたら、
鰭を全開にして大きな口をニュ~っと突き出したのでパシャリ!

シミラン~リチェリューでも、個体数はそんなに多くない。
たいてい定位置に隠れているので、
場所を押さえているガイドにリクエストしたらいいよ。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

アンダマンダムゼル

スズキ目/スズメダイ科/ソラスズメダイ属
英名:Andaman Damsel
学名:Pomacentrus alleni

アンダマンダムゼル3
全長:5cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック

「アンダマン○○」という名前のついた生物がいるので、
カオラックのシーズン中には、そういう奴らも紹介していきたい。

写真はアンダマンダムゼル。
東部インド洋、アンダマン海で見られる固有種だ。

アンダマン海で潜っている時、ふと視界に入ってくるのがコイツ。
とってもギラついたブルーの体色が目立ちまくっている。
この写真も、ストロボの光が反射しているわけじゃなくて、
肉眼で見てもこんな感じにテカっているのだ。

ドバーっと群れてたら、一面ギラギラ輝いてさぞ綺麗だろうに、
たいてい単体か少数のグループで地味なガレ場に生息している。

ところで、そもそも何でこんなにギラついているのだろう???

突き出た口、派手な体色、縞模様、目玉模様、
細長い体系、もじゃもじゃの皮弁、吸盤状の鰭などなど、
様々な特徴を持つ生き物たちも、それぞれに進化してきた
過程には必ず何らかの理由があるはずなのだ。

アンダマンダムゼルの世界では、
ギラついていることがステータスなのだろうか。
モテる条件、繁殖能力の高さをアピールできるとか!?
縄張り争奪戦に有利だとか!?
あまり目立っていると、捕食者にも見つかりやすいだろうに・・・
だから、臆病ですぐに巣穴に隠れる性質も進化したのかな?

こんなことを想像しならお魚ウォッチングをするのも面白い。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

マッコスカーズフラッシャーラス

スズキ目/ベラ科/モチノウオ亜科/クジャクベラ属
学名:Paracheilinus mccoskeri
英名:McCosker's flasher-wrasse

マッコスカーズフラッシャーラス
全長:8cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック、シミラン諸島 水深:25m

※以前に書いた記事ですが、アンダマン海のシーズン到来なので再登場させます

インド洋の固有種で、日本のクジャクベラに対応する種。

写真はオスの個体だが、普段からこういう風に
鰭が全開になっているわけではなく、
通常、鰭が閉じている時は、至って地味な存在で、
見過ごしているダイバーも多い。

成熟したオスが、ハーレム内のメス達にアピールする時や、
オス同士の喧嘩など、自己主張するタイミングのみ鰭が開く。
その時、ビカビカっと光っているように見えるので、
英名では、『フラッシャー』と命名されている。

ただし、鰭が開くのはわずか3秒くらい・・・
しかも、泳ぐの早すぎ・・・

まさに、カメラダイバー泣かせの魚で、
撮影は、ほとんどシューティングゲーム状態。
素早く動く的に狙いを定め、鰭が開いた一瞬を見逃さず・・・
シャッターというトリガーを引くのだ!

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

タイガーテールシーホース

トゲウオ目/ヨウジウオ亜目/ヨウジウオ科/タツノオトシゴ属
学名:Hippocampus comes
英名:Tigertail seahorse

タイガーテールシーホース
全長:15cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック

※以前に書いた記事ですが、アンダマン海のシーズン到来なので再登場させます

インド洋、アンダマン海で見れるタツノオトシゴといえばこれ。
タイガーテールという名前の通り、尾部に虎の尻尾のような
黄と黒の横縞の模様が入っている。

結構大きくて、最大では16cmほどにもなるが、
毎年、3cmくらいの赤ちゃんをはじめ、
いろんな大きさの個体が見られる。

黒(というか濃い茶色)バージョンもいて、
たまに黄色個体と一緒にいることがあり、
もし見かけたら、シャッターチャンスだ。

珍しくて、色もきれい、そして面白い特徴(虎の尾)、
さらに、色の綺麗なウチワやソフトコーラルに
付いているので、とても絵になる大人気の被写体だ。

カオラックに来たら、是非、押さえておきたい種のひとつ。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

アケボノハゼ

スズキ目/ハゼ科/クロユリハゼ亜科/ハタタテハゼ属
学名:Nemateleotris decora
英名:Purple fire-goby

アケボノハゼ
全長:8cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック、シミラン諸島 水深:20m

※以前に書いた記事ですが、アンダマン海のシーズン到来なので再登場させます

人気のあるハゼ界でも、エース級の存在だ。

英名では『紫炎』という名前が付いている。
和名の『曙』のほうは、ハゼの研究をしていた
昭和天皇が命名したという逸話がある。
う~ん、見た目も名前もエレガント!
(英名でエレガントファイアーフィッシュというのもある)

通常、深場に生息しており、水深30mオーバーは当たり前で、
わざわざ50mまで見に行ったりする人もいるほど。

タイでは、インド洋側のアンダマン海で見られるが、
アンダマン海のは、通常より、黄色が濃いのが特徴。

2008年度のシーズンは、このアケボノハゼが大量発生して、
ゲストの撮った1枚の写真に8匹も写っていたり、
浅いところでは、なんと16mで見られたりで大騒ぎ。
我々ガイド陣にとっては、超ありがたい存在だった。

来シーズンもヨロシクね!

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

インディアンミミックサージョンフィッシュ

スズキ目/ニザダイ科/クロハギ属
学名:Acanthurus tristis
英名:Indian-Ocean mimic surgeonfish

インディアンミミックサージョンフィッシュ
全長:5cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック、シミラン諸島 水深:15m

※以前に書いた記事ですが、アンダマン海のシーズン到来なので再登場させます

同じ種類の魚が2匹仲良く泳いでいるように見えるけど・・・

左 エイブルズエンゼルフィッシュ (キンチャクダイの仲間)
右 インディアンミミックサージョンフィッシュ (ニザダイの仲間)

実は、この2匹は、全く違う種類の魚!
よ~く見ると、顔の形が微妙に違う。

名前に付いて『ミミック』とは『擬態』のこと。
幼魚の時だけ、エイブルズエンゼルフィッシュそっくりに擬態して
群れに混じって生活している。

わざわざ擬態する以上、何かのメリットがあるはず。

一説には、キンチャクダイの中でもエイブルズが属している
ケントロピーゲ属の魚は、動きが素早く
大型魚に捕食されにくいからだと言われている。

それにしても、見れば見るほどそっくり!

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

トマトアネモネフィッシュ

スズキ目/スズメダイ科/クマノミ亜科/クマノミ属
学名:Amphiprion ephippium
英名:Tomato anemonefish

※以前に書いた記事ですが、アンダマン海のシーズン到来なので再登場させます

タイにはマレー半島を挟んで東西に二つの海がある。
半島の西側はインド洋となり、マレー半島とアンダマン諸島、
ニコバル諸島との間の海を特にアンダマン海と呼ぶ。
日本人ダイバーにとっては馴染みの薄い魚も少なくなく、
インド洋の固有種や、アンダマン海の固有種が沢山見られる。

トマトアネモネフィッシュ
幼魚 全長:4cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック、シミラン諸島

アンダマン海の固有種の代表選手がトマトアネモネフィッシュだ。
ハマクマノミのインド洋対応種で、インドトマトとも呼ばれる。
幼魚の時はハマクマノミに似て、鮮やかなオレンジ色の体に、
頭部を覆うように白いバンドがくっきりと入っている。

共生しているイソギンチャクの色も、
種類や健康状態などの条件により様々なので、
綺麗な写真を撮るための要素として選びたい。
この写真のイソギンチャクはとっても綺麗な緑色をしていて、
トマトのオレンジがくっきり浮かび上がるので気に入っている。

トマトアネモネフィッシュ3
若魚 全長:7cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック、リチェリューロック

成長とともに白いバンドは消えていき、
白いバンドの一部がちょうど眉毛のように残ることがあり、
困った顔のようでとても可愛い。

トマトアネモネフィッシュ2
成魚 全長:10cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック、シミラン諸島

成魚になると、完全に白色横帯は消えて、
オレンジの体側後部に黒斑が現れ、
名前の通り熟したトマトのような色になる。

緑色のイソギンチャクの中にいると、
まさに、トマトサラダのよう!?

アンダマン海に来たら、是非リクエストしたい魚種だ。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

アンダマン海

ソフトコーラル4
撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック

ずいぶんと長らくブログの更新をお休みしていた。

この間、タオ島からカオラックへ移動してきて、
シーズン立ち上げの準備ということで、
新造船の最終仕上げから進水式、
ショップのちょっとした改装工事、
そして調査ダイブなどなどで忙しくしていた。

忙しさにかまけ、ブログの更新が滞りはじめ、
そろそろ更新いないと、と思っていた矢先・・・
なんと!バンコクの国際空港で大規模なデモが始まり、
突如、空港は閉鎖に追い込まれ、
予約のゲストが来れないのはもちろんのこと、
今いるゲストがタイから出られないというとんでもない事態に!
対応に追われ、とても、のんきに
ブログを更新してる場合じゃなかったのだ・・・

そんなトラブルもようやくおさまり、平和な日々が戻ってきた。
お陰様で!?ダイバーが少なくダイブサイトは貸切状態。
サンゴ満開のシミラン諸島から、レアモノ満載のリチェリューロック、
魚影の濃~いタチャイ&コボンまで、アンダマン海は絶好調!

今はゲストが少ないけど、カオラックのシーズンはこれからが本番!
仕切りなおしてブログもアップしまくります。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

トラフザメ

テンジクザメ目/トラフザメ科
学名:Stegostoma fasciatum
英名:Leopard shark

トラフザメ
全長:2m 撮影者:大村健 撮影地:タイ、カオラック

アンダマン海のサメ、といえばコイツ。

しなやかな長い尾びれの流線型のボディーには
ヒョウ柄模様が入り、優雅に泳ぐ姿はまさにセレブリティー。

でも、いつも泳いでいるわけではなく、
ドテっと砂地に転がっていることが多く、
近くからよくよく見てみると豚みたいな顔をしているのだ・・・

実際、かなり近づける。
どのくらいって、まあ、個体差もあるけど、
数十センチは当たり前かな。
なので、広角のレンズで狙ったほうがいいよ。

珍しいサメなのだが、アンダマン海ではポイントによっては
かなり高確率で見れるので、カオラックに来た時には要チェック。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

ベニサシコバンハゼ

スズキ目/ハゼ科/コバンハゼ属
学名:Gobiodon histrio
英名:Broad-barred goby

ブロードバードゴビー
全長:3cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

タオ島の海の浅瀬のサンゴを覗くといっぱいいるのがコイツ。

アカテンコバンハゼに似ているが、点が繋がって線になっている感じ。
また、シュオビコバンハゼってのがいて、これまた似ているというか、
ほとんど区別がつかないくらいで、シュオビ~はベニサシ~の
シノニム(幼魚の異種同名)という説もあるらしい。

↓マメ知識

コバンハゼ属の魚は、性転換をする性質が知られている。
なんと、自分たちの都合で、オスからメスにも、
メスからオスへも変われるのだ!(これを双方向性転換という)

枝状のサンゴの中という、非常に狭い世界に住んでいる以上、
同じサンゴ内に住んでいるもの同士で性交する必要があるので、
もし、同性同士のペアの場合は、どちらかが性転換をすることにより、
互いの子孫を後世に残せるという離れ業をもつのだ。

人間も、おっさん二人を無人島においておいたらそのうち・・・

有り得ないけど、想像したら気持ち悪る~!

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

ガンガゼ

ウニ綱・ガンガゼ目・ガンガゼ科
学名:Diadema setosum
英名:Longspine black urchin

ガンガゼ
全長:棘20cm、殻10cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

タイ、シャム湾、パタヤにはガンガゼが死ぬほどいるので、
中性浮力の練習にもってこいだとか。(笑)

同じシャム湾に位置するタオ島にも結構たくさんいる。

殻の頂上にあるオレンジ色の袋上のが肛門で、
見てると、たまにウンコがぽろぽろ出てくる。
餌を食べる口は、海底に面した体の下に位置している。
肛門の周辺にある5つの白いは目にあたる部分。
光を感知して、身を守るために針(棘)を動かす。
たしかに、手をかざし動かすと、それにあわせてわさわさ動く。

この写真は、わざとピントをずらして撮ってみた写真。
一見地味な被写体も、視点を変えると以外に面白いかも。

でも、写真を撮るときは、針に毒があるので要注意。。。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

パンダダルマハゼ

スズキ目/ハゼ科/ダルマハゼ属
学名:Paragobiodon lacunicolus
英名:Blackfin coral goby

パンダダルマハゼ
全長:2cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

僕の中で、可愛いさかなランキングNo.1のパンダちゃん。

顔はオレンジ色だが、まっ白いボディーに
真っ黒な鰭という色彩パターンがパンダっぽい。

表情が愛らしい人気のダルマハゼ属の中でも、
その模様と絶妙のネーミングから、
マクロ派の絶大なる人気を誇っている。

ハナヤサイサンゴの奥深くに隠れて生息しているので、
観察&撮影はめちゃくちゃ難しいけれど、
通常、浅いところにいることが多いので、
安全停止中の時間つぶしにはもってこいだ。

この2匹はカップルで、ちょうどこの時は卵を産んで、
二匹で協力して育てているところ。

いっぱい産まれて、もっと増えればいいのになぁ。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

ヤスジチョチョウウオ

スズキ目/チョウチョウウオ科/チョウチョウウオ属
学名:Chaetodon octofasciatus
英名:Eight-banded butterflyfish

ヤスジチョウチョウウオ
全長:5cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

吉野雄輔さんが『ハンディ図鑑 日本の海水魚』を出された。
ダイバーの使い易さを重視するというコンセプトで作られ、
持ち運びやすい大きさで、普通の海で見られる魚を紹介している。
よくぞまあと感心するほど、沢山の綺麗な写真で幅広く網羅されている。

瀬能宏先生が監修していて、分布域をはじめ、最新の情報をもとに、
解説も充実しているので、われわれ現地ガイド陣も重宝する一冊だ。
なので、自分の海で見られる魚種の解説をじっくり読んで、
ブリーフィングやログ付け、ガイディングのヒントとして役立てている。

これによると、ヤスジチョウチョウウオは『やや貴種』ということらしい。
タオ島にはめちゃくちゃいっぱいいるので、もう少し重宝するとしよう。。。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

ギンガメアジ

スズキ目/アジ科/ギンガメアジ属
学名:Caranx sexfasciatus
英名:Big-eye Trevally

ギンガメアジ2
全長:30cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

タイの海は魚影がとても濃い。
それは魚の餌となるプランクトンが豊富だから。
その分、透明度は落ちるけれど、
それでもやっぱり、魚がいっぱいいる海がいい。

その魚影の濃さを表現するのはこれが一番。
セイルロックのギンガメアジ!

沸いて出てくるように視界を埋め尽くす魚群の壁。
群れの向こうの海の青色が見えないくらい圧倒的な数。

360度、魚に巻かれる感動・・・
是非、体験して欲しい。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

ヤイトハタ

スズキ目/ハタ科/マハタ属
学名:Epinephelus malabaricus
英名:Malabar Grouper

ヤイトハタ
全長:120cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

岩が動いた~っ!?
と、ビックリしたら、それは巨大なヤイトハタだった。

チュンポンピナクルの根には、大きなハタがたくさん居ついていて、
岩の上のクリーニングステーションにでんっと陣取っている。
口や鰓を全開にして、ホンソメワケベラに体をつつかせている姿は
まさに大物の威厳たっぷり。。。

でも、そんなヤイトハタ君も、
もっと大きなジンベエザメが出た時は大変だ。

普段はちやほやしてくれるダイバーたちが、
みんなジンベエの方へ行ってしまうことにジェラシーなのか!?
中層まで上がって来て、ダイバーの周りをうろつくのだ!
俺だって大きいんだゾ!と、対抗心を燃やしているように見える。
(↑実話)

そんなお茶目な一面もある。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

タンザクハゼ

スズキ目/クロユリハゼ科/タンザクハゼ属
学名:Oxymetopon compressus
英名:Robust ribbon-goby

リボンゴビー
全長:10cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

普通のポイントで見かけない種は発見が遅れがちで、
この海にはいないのではないか!?と思われがちだが、
飽くなき調査ダイブで、いくらでも未記録種が出てくる。

このタンザクハゼ(英名:リボンゴビー)の仲間、
不思議な体型と、怪しげに光る美しい体色で、
通なダイバーにはとても人気があり、
前々から、是非、うちの海にも欲しいと思っていたけど、
なかなか見つけられなかった種類のひとつだ。
いざ見つけてみると、実はいっぱいいる。

発表していない掘り出し物もいろいろ見つけてるので、
今後の展開をお楽しみに!

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

オレンジリーフゴビー

スズキ目/ハゼ科/イレズミハゼ属
学名:Priolepis nuchifasciata
英名:Orange reef-goby

イレズミハゼ属の1種
全長:2cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

美しいオレンジ色の体色に風変わりな模様を持つ
かわいいイレズミハゼの仲間。

イレズミハゼ属の仲間は、同属他種と互いに似通っていて、
小さいこともあり、肉眼で判別するのは難しい。

写真を撮ってよ~く見てみると、
第一背鰭の第二棘だけ伸長しており、
アミメベンケイハゼのような網目模様が体側にあり、
体背側から伸びる数本の横帯は途中で不明瞭になる、
などの特徴を持つ。

多分、Priolepis nuchifasciataで正しいと思われる。

巣穴に隠れることもあるが、
割と度胸の据わっているところがあり、
観察したり、写真に撮るのは簡単だ。

ちっちゃくて可愛いのが好きな人はリクエストしよう。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

ゴルゴニアンシュリンプ

十脚目/モエビ科/トガリモエビ属
学名:Tozeuma armatum
英名:Gorgonian shrimp

ゴルゴニアンシュリンプ
全長:7cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

珍しくて、形が面白く、色も綺麗と、3拍子揃った人気者。

レアものだが、タイのタオ島の海では、時期により大量発生し、
適当に泳いでいるだけで、10匹くらい見つけることもある。

ゴルゴニアンという変わった名前は、ヤギ類の英名総称で、
このエビが住処としている生物(ホスト)から由来している。

隠れんぼが上手で、細長いヤギ類に、頭を下にして付いているが、
ダイバーが近づいてくるのを察知すると、クルっと反対側に隠れる。

こういう、細長い生物は、写真の構図に収めるのが難しい。
いろいろ工夫を凝らすが、どうしても隙間が多くできてしまうから。

タオ島の砂地には、ゴルゴニアンシュリンプの付くヤギ類と、
カラフルなトサカ類が同じエリアに生息する場所がある。
トサカの黄色いポリプの色が、上手く背景を埋めてくれた。

その海を良く知っているガイドさんに、
背景選びのアドバイスしてもらうといいよ。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

ウケクチノホソミオナガノオキナハギ

フグ目/カワハギ科/Anaconthas属
学名:Anacanthus barbatus
英名:Bearded leatherjacket

ウケクチノホソミオナガノオキナハギ
全長:25cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

ウケクチノ ホソミオナガノ オキナハギ (17文字)

長い名前の魚の日本チャンピオンだ。

訳すと、受け口で、体が細長くて尾が長く、
(髭があって)翁のようなハギってこと。
五・七・五調になっているところが渋い。

命名した学者さんが、酒の席で思いついた名前で、
本当は続き(下の句?)もあったが、
いくらなんでもやり過ぎということで削除したらしい。

それでも、元日本一長い名前の、
ミツクリ エナガ チョウチン アンコウ (16文字)
を一文字抜いた。

ロープなどに寄り添って隠れている(つもりだがバレバレ)。

超レアもので、タイの海でも滅多に出没しなく、
たまに見るときは、大抵いつも僕自身がガイド中・・・
今回、やっと撮影することができた。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

オニアジ

スズキ目/アジ科/オニアジ属
学名:Megalaspis cordyla
英名:Finny scad

オニアジ
全長:30cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

タイでは、アンダマン海のリチェリューロックや、
シャム湾のチュンポンピナクルなどでごくごく普通に見られるが、
実は、割と珍しい種らしく、図鑑にもあまり載っていなくて、
ネットで調べてたら"珍魚"なんて言われていたりする。

そんな珍魚も、チュンポンピナクルでは、千・万単位でで群れていて、
透明度の続く限り延々と連なり泳ぎ流れていく様は圧巻だ。
この写真でも、それぞれが少し上を向いたり下を向いたりしているが、
泳ぎ方に特徴があり、ジグザグ上下運動しながら進んでいく。

美味だが、日本では漁獲高が低くて滅多に食べられないという。
火を通すよりも刺身で食べたほうが美味しいらしいが、
タイの暖かい水温の海では、きっと絞まりの無い味なんやろうね。

味のことはともかく、タイに潜りに来たら、要チェックの魚種のひとつだ。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

キモガニ

オウギガニ科/キモガニ属
学名:Cymo melanodactylus
英名:?

キモガニ
甲長:2cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

『実物を見てみたい、変わった名前の生物ランキング』
http://ranking.goo.ne.jp/ranking/082/funnyname_life/
というのがあり、キモガニが第15位にランクインされていた。

ちなみに、堂々の一位は"オジサン"(ヒメジの仲間)で、
他にも海の生物としては、"ネジリンボウ"や"ハクションクラゲ"、
"テズルモズル"、"スベスベマンジュウガニ"などランクイン。

最初、黄(色の)藻蟹かと思ったら、キモ(イ)蟹だった。
可哀想な名前を付けられた動物の筆頭と言えるだろう。

う~ん、アップで見ると確かにキモイ・・・
ゲゲゲの鬼太郎に出てくる妖怪みたい・・・

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

アデヤカミノウミウシ

裸鰓目/ミノウミウシ亜目/サキシマミノウミウシ科/サキシマミノウミウシ属
学名:Flavellina exoptata
英名:Much-Desired Flabellina

アデヤカミノウミウシ
全長:2.5cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

ウミウシ・・・

貝の仲間で、貝殻が縮小したり消滅した生き物。

一対の触覚があり、牛の角のようなので"海牛(ウミウシ)"
ちなみに、マナティーやジュゴンは"海牛(カイギュウ)"

ミノウミウシの仲間は、背面に"蓑"のようなフサフサを持っていて、
毒のある刺胞動物を食べて、毒素を、その突起部に貯めるという
面白い生態を持っている。(盗刺胞という)

この写真は、"アデヤカミノウミウシ"
名前の通りとっても艶やかで、僕の一番好きなウミウシだ。
こいつの派手な体色も、毒をもっている警戒色と考えられる。
確かに美味しそうではない・・・

形が面白くて、色が綺麗で、さらに動きがゆっくりなので、
観察や撮影にもってこいの海の宝石。
今度、じっくりゆっくりウミウシウォッチングをしてみたら?

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

コクテンハギ

フグ目/カワハギ科/コクテンハギ属
学名:Pseudomonacanthus macrurus
英名:Spotted filefish, Strap weed filefish

スポッテドファイルフィッシュ
全長:20cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

砂地を探索しに行くと、たま~に見かける変な魚。
ペアでいることが多く、一匹見つけると、
たいがい近くにもう一匹見つかる。

体表に皮弁が生えているが、
ヒゲハギほど長く多くはない。

近づいてじろじろ見ていると、興奮するのか、
周囲の環境に擬態しようとするのか、
ころころ体色が変わるのが面白い。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

ローミングダムゼル (オキスズメダイ)

スズキ目/スズメダイ科/オキスズメダイ属
学名:Pristotis obtusirostris
英名:Roaming Damsel

ローミングダムゼル
全長:12cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

前に、下記の記事を書いていたら、本当に増えてきて、
そこらじゅうで見れるようになって来たので、
加筆&写真も美しい成魚のものに差し替えまーす。

↓以下、過去の記事

閉鎖海域のシャム湾は、とても偏った生態系を育んでいる。
ある種は爆発的に多いが、ある種は全くいない。
そんな海で永らく潜っていると、あれっ!?こんな魚は見たこと無いぞ、
というのがたまに出てきて、そういう魚が突然増えだすこともある。

このスズメダイの仲間は、僕自身、タオ島で何千本と潜ってきて、
たったの2回しか見ていない。(2個体×2回のトータル4個体)

果たして、これから増え始めるか・・・、それともすぐいなくなるか・・・
同じ海でも少しずつ変わっていくのが面白い。

ところで、この魚には、和名としてオキスズメダイというのがあるが、

オキスズメダイ
学名:Pristotis jerdoni (1873年記載)は、

ローミングダムゼル
学名:Pristotis obtusirostris (1862年記載)の

幼魚のシノニム(異名同種)とされているらしい。

jerdoniよりもobtusirostrisの方が早く記載されているので、
先取権の原則により後者の学名が採用されており、
ここでも、ローミングダムゼルという名前を採用している。

※この件につきまして、魚鑑定の権威である瀬能先生をはじめ、
魚の生態に詳しい水中写真家の大方先生、ガイド会仲間のガルーダ氏に
アドバイスいただきましたこと、この場をかりてお礼申し上げます。


タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

ベニツケサツキハゼ

スズキ目/クロユリハゼ科/サツキハゼ属
学名:Parioglossus philippinus
英名:Philippine dartfish

ベニツケサツキハゼ
全長:4cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

『摩訶不思議』と称される、シャム湾、タオ島の海。
それを体現している魚のひとつがこれ。

そもそも、サツキハゼ属の種は、
河川汽水域や内湾の岩礁性海岸などに生息し、
マングローブ帯の水深1mあるかないかという、
あまり一般ダイバーが潜らないエリアに生息している。

しかし、ここ、タオ島の海では、
ジンベエザメや、バラクーダやアジの大群が見られる
沖合いの隠れ根で、サツキハゼの仲間が群れている。

ログブックの同じページに、
『ジンベエザメ』と、『ベニツケサツキハゼ』とを、
一緒に書けるのは、タオ島ならではなのでは!?

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

オビイシヨウジ

トゲウオ目/ヨウジウオ科/イシヨウジ属
学名:Corythoichthys amplexus
英名:Brown-banded pipefish

オビイシヨウジ
全長:8cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

小さな顔に大きな目、尖がった口を持ち、
ひょっとこみたいな顔で愛嬌いっぱいのヨウジウオの仲間。

岩の隙間で、単体、もしくは小さなばらけたグループで、
岩の表面をチョロチョロと這い回っている。

この種も、タツノオトシゴの仲間のように、
雄が卵を育てる習性がある。

~育児嚢の皮しゅうの発達程度が低く産着卵塊の大部分は露出~
(図鑑『日本の海水魚』より抜粋)

するので、肉眼でも、卵を抱えているところを見ることができるよ。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

ミジンベニハゼ

スズキ目/ハゼ科/ミジンベニハゼ属
学名:Lubricogobius exiguus
英名:Yellow pygmy-goby

ミジンベニハゼ
全長:2.5cm 撮影者:大村健 撮影地:タイ、タオ島

カワイィ~!

・・・と、女性ダイバーに人気のミジンベニハゼ。
実際、この写真を撮っていた時、
背後で荒い鼻息・・・、いや、呼気の音がするので、
振り返ってみると、興奮気味のうちの女性スタッフがいた・・・

この写真のミジンベニハゼのペアは、
『M-150』という、タイの『リポビタンD』
みたいなのの空き瓶に住みついている。

海に落ちている瓶や缶というと、もともとはゴミ。
そもそも、海に捨てないのが一番いいのだけど、
それらがしばらく海の底に沈んでいると、
いろんな生物が住みつき始める。

こうなると、もう、ゴミというより、
生物の棲家ということになり、
ここに隠れて身を守ったり、繁殖行動をしたり、
自然環境の一部となってしまう。

なので、ゴミ拾いする時には要注意。
そのままにしておいてあげたほうがいい場合もある。

タイでダイビングするならビッグブルーダイビング!

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

| ホーム |


PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。